検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

江ノ島駅前のすずめ達、誰が衣替えをしているの?

ココがキニナル!

江ノ島駅前の車両進入禁止柵にかわいいすずめがデザインされています。季節ごとに衣替えをしています。いったい誰が衣替えをしているのかが気になります。先日は春バージョンでした。(ふぁ~ふぁさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

江ノ電江ノ島駅の売店に勤めていた近隣の女性が、13年前から月末に月1回、日焼けや雨で汚れることが多い夏は月2回着替えさせている!

  • LINE
  • はてな

ライター:吉岡 まちこ

江ノ電から表彰もされた

そんな石川さんの功績をたたえて、2年前に江ノ島電鉄から「感謝状」と記念品が贈られた。
 


江ノ電全線開通100周年を記念して、石川さんに感謝状が


実はその頃、地元のインターネットサイトやフリーペーパー、新聞の地方版などでよくその話題が取り上げられたので、ご存知のかたも多いかもしれない。

写真はNGだったが、取材の時も「雀が服を着ているのは知っていましたよ!」という人がいた。そうでなくても、たくさんの人が「かわいい~」と声をかけて通り過ぎて行く。
 


なでなでして行く人も多数
 

足を止めて撮影して行く人もいっぱい!


筆者が撮影を終えて去ると、じっと待ち合わせに佇んでいた若い男性も、人の波が途絶えたのを確認しコソッと携帯で撮っていた。雀をめぐる人々の反応を見ていると、そのあたたかい気持ちに癒された。雀に洋服を着せてあげたことで、多くの人の心に一瞬幸せな優しい気持ちが灯るのがわかるような…。

当日、石川さんから大切なアルバムや切り抜きをたくさん貸していただいたので、しばし雀の衣替えギャラリーをご覧ください。
 


当初は「さわらないでね」と書いてしまい後悔したそう
 

踏切カラ―?
 

クリスマスはちょっとドレスアップ!
 

この写真、桜の季節の空気が伝わって来るようだった


石川さんは大のサッカーファンで、「平成14年ワールドカップ」と書かれたアルバムには、こんな斬新な雀たちがいっぱい登場していた。
 


ワールドカップの年は、各国のユニフォーム作りに力が入っていた
 


サッカーファンなのが伝わって来て楽しい


取材は5月だったので、6月分の衣装もそっと見せてくださった。
片瀬目白山にある湘南白百合学園のセーラー服が夏服になるのに合わせ、白に紺色の線が入った衣装と、アジサイをイメージした紫色のものと、2種類が用意されていた。

雀の衣装替えは毎月下旬、夏場は月の半ばにもう1回行なわれる。
6月になったので江ノ島駅に行ってみると…
 


アジサイをイメージした紫色と、あれ?白百合学園の帽子?


しーんと静かな雨の日も、濡れた雀たちが出迎えてくれた。残りの4羽は、紫の衣装に紫色の帽子だった。ということは、6月の後半は白い制服と帽子が揃うんだろうか。江の島に行く機会がある方は、ぜひ新しい服のチェックをしてみては!


取材を終えて



笠地蔵はお地蔵さまから見返りがあったが、寒そうな雀さんたちに服を着せても米俵は届かないだろう。ただただ行き交う観光客や地元の人々をしあわせな気持ちにする、そのためだけに作って着せている。
製作者の石川さんの優しい心に感謝して、これからは雀に会うのも楽しみにしたいと思った。


― 終わり ―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • つい先日に見つけて、その後キニナルワード検索で「スズメ」「雀」で検索し、無かったから投稿していまいました。でも後に「すずめ」で再建策したら調査されていたことが分かったので、恥ずかしながら投稿を削除しました。出来れば、ひらがなカタカナ、大文字小文字は同一ヒット出来るよう緩くしてくれると良いと思います。

  • 江ノ電の写真を撮りに行く際に、必ず雀たちを一枚カメラに収めています。季節ごとに衣装を替えてくださってありがとうございます。雀たちはその時々でいろんなところを向いてます。駅舎の方を向いていたり、スバナ通りを見ていたり。また、衣装を身にまとっていない雀たちは実は結構怖い顔をしてますよ…眼光が鋭いんですよ、これが!雀たちにお会いになる時は、衣装と合わせて、それらもご覧になってみてください。

  • 最近いろいろな商店街にキャラクターの銅像など展示してあるのを イタズラされているというのに このスズメ達は大丈夫なようですね。周囲の方々の優しさなのでしょうね。

もっと見る

おすすめ記事

外人墓地の近くに、「庭に滝がある呉服屋さん」がある!?

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

「江ノ島」「江の島」どっちが正解?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

「なんて書いてあるかよくわからない看板」を掲げる鶴ヶ峰の謎の歯医者さんに突撃!

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

40年ぶりの大幅リニューアルで藤沢駅北口デッキはどう変わる?

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

神奈川区大口病院で点滴に異物混入、男性が死亡した事件とは?

60年前の免震構造!? 山下町のシンボル、シルクセンターの耐震性に迫る

横浜市営バスが無車検で3日間335km走行! なぜこのようなことが起きた?

いまだに取り壊されない横浜~桜木町間旧東横線跡、旧高島町駅周辺に生い茂る謎の植物の正体は?

栄区の荒井市場が閉鎖! 跡地にはなにができるの?

羽沢横浜国大駅開業、相鉄・JR直通運転開始記念イベント「ハザコクフェスタ」をレポート

辻堂の住宅街で養蜂されたハチミツが地元のお店でも使われているってホント?

「なんて書いてあるかよくわからない看板」を掲げる鶴ヶ峰の謎の歯医者さんに突撃!

新着記事