ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中華街のあちこちで唐辛子ストラップが売られているのが目立ちますが、このストラップのそもそもの由来や、なぜ中華街で広がったのかを調べて欲しいです。(ときさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

中国では唐辛子に魔除け・厄除けの効果があるという民間信仰が存在するため作られた。手頃な価格とお土産としての魅力が観光客を引き付けている。

ライター:ナリタノゾミ (2013年04月19日)

お土産にしたくなる要素

唐辛子ストラップの唐辛子部分はガラス製で、ひもを通す穴は特に繊細な作りになっている。

「使っているうちに唐辛子の部分が取れてしまうことがあるんだけど、取れてしまったほうが、厄を落としたことになるので、縁起がいいんですよ」と、安田さん。
 


鞄から引っ張りだした拍子に、破損してしまいそうな繊細な作り


唐辛子の色は赤だけではなく、ピンクや緑、黒、青、さまざまだ。また、それぞれのストラップには、唐辛子のほかにサイコロや小銭、ヒョウタン、花など、何かしらのモチーフが組み合わせられていることが多い。
 


ピンクの唐辛子に組み合わせられているサイコロのモチーフ


どうやら、唐辛子ストラップは、冒頭で述べた民間信仰の発端である「赤」にはこだわらず、さまざまな色を取り入れ、お守りとしての効果のほかに、風水的な効果をも有するように趣向が凝らされているようだ。

ストラップを所持する予定の人間のパーソナリティーにあわせて、(1)唐辛子の色、(2)ひもの色、(3)モチーフの種類、3つの組み合わせを導き出し、ピッタリのものを選ぶというシステムになっている。
 


テーマカラーである唐辛子の色と、モチーフの色の組み合わせが一目でわかる早見表
 

色の持つ意味についての説明書き


組み合わせられているモチーフの種類も店舗によってさまざまだ。
サイコロであれば「振り出しに戻って、一からやり直せる」、お金や葉のモチーフであれば、「金運が高まる」、提灯のモチーフであれば、「足下を照らしてくれるから、人生で迷わない」など。持つべき人間が欲しているモチーフを選ぶことになる。
 


他店舗の商品。唐辛子ストラップに小銭やヒョウタンなどのモチーフが付けられている


筆者の場合、生まれ年と生まれ月、それぞれから導き出された色がいずれも赤であった。したがって、赤の唐辛子に、赤のストラップひも、さらに「実り」を意味するという、花のモチーフの組み合わせを選択してみた。
 


「実り」を意味する花のモチーフ。さらにピンクは、人気や幸福を上昇させる色だという


一店舗につき数百種類、中華街全体では数千種類はあると思われるストラップの中から、パーソナリティーにあわせた1本を選択できるという特別感が、お土産としての魅力の一つなのだろう。

さて、唐辛子ストラップが訪れる者を魅了するもう一つの要素は、何といっても手頃な価格だろう。
中華街を歩きまわると、デザイン性の高いものは1000円前後で販売している店舗も一部あったが、おおよその相場は50円前後であった。
 


中華街で発見した限りで最安値と思われる37円。利益は出ているのだろうか・・・


「5年ほど前までは、だいたい300円くらいで販売していました。うちが50円に値下げしたことがきっかけになったのでしょうか・・・。直後から中華街の多くの店舗もどんどん値下げしていきましたね。その頃から、観光客を中心に、急激に人気が出てきたように思います」と、安田さん。

安田さんによると、300円から50円へ大幅に値下げしたのは、「修学旅行生でも気軽にお土産にできるような値段にしたかったから」とのこと。具体的な売上本数の変遷こそ伺うことはできなかったが、値下げ前と比較すると、日に数十倍の本数が売れているそうだ。

「競争により中華街全体における唐辛子ストラップの価格が下がり、そこに観光客が集まったことによってブームが作られたのでは」と分析する。
 


子どもたちにも購入しやすい手軽な価格。
横浜のチャイナタウンならではの光景かもしれない


観光客はもちろん、中国へ帰省する中国人も実家の家族や友人のために購入するのだとか。なんでも、「中国で買うよりも安い」というから驚く。



取材を終えて

今回の取材にあたり、さまざまな文献を開いたところ、唐辛子を魔除けや厄除けに用いる民間信仰が、世界各地に存在していることがわかった。

中国のみならず、アジアでは韓国、台湾、日本の一部地域。そのほか、ウズベキスタン、イタリアでも唐辛子が魔除けとして用いられているという。

ちなみに、イタリアでは、数百年前から「コルノ」と呼ばれる動物の角が、お守りとして用いられていたそうだ。それが、南アメリカからチリペッパー(唐辛子)が輸入された際、その形状が「コルノ」を連想させたことから、それ以来、唐辛子がお守りとして定着した(「世界のお守り大全」より)。
 


イタリアの土産物店で販売されている唐辛子お守り。
形状がやや角をほうふつとさせる(画像提供:Hitch × kakeru*)


中華街における唐辛子のモチーフを用いたストラップは、本来の魔除けの意味をやや離れ、お土産として演出されている部分も否めない。

もっとも、手頃な価格に加えて、一定の時間をかけて、自分や家族、友人などのために、ストラップを選ぶという過程がお土産としての価値を高めていること、さらに、「破損したほうが縁起がいい」というポジティブな設定が、民間信仰うんぬんを抜きにして、観光客を魅了しているのだろう。


-終わり-

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 389 面白くなかった 15

おすすめ記事