検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

上大岡によく行きますが、「大岡」「上大岡」があるのになぜ「下大岡」がないのか前々からキニナルので、ぜひとも調べてほしいです。(ロイヤルさん/浅田真央子さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

現在の南区大岡のあたりは、かつて「下大岡村」と呼ばれていた。村々の合併や、横浜市への編入を経て消失した。

  • LINE
  • はてな

2013年05月01日

ライター:ナリタノゾミ

下大岡村の人々の暮らしぶり(つづき)

江戸時代の集落分布図を確認すると、下大岡村の人々は、現在の若宮町から大岡1丁目にかけての高台を中心に集落を形成していた。大岡川の氾濫による水害を避けるためであろう。

上大岡村の人々が大岡川の水を利用した水田を中心に生活を営んでいたのに対し、下大岡村の人々は高地に畑を耕す生活を営んでいた。
 


横浜国立大学の敷地裏手には高台が広がっている。
高台の中腹にある吉祥寺(大岡1丁目)


下大岡村の人々は、大岡川から村まで水を引くための小さな用水路をいくつか設けていた。用水路は蒔田村で大岡川本流と繋がる。

かつて、この分水と大岡川本流の間には洲が作られており、中島(なかのしま)と呼ばれた。現在の中島町の名前の由来はここにある。

古地図を参照すると、大岡川沿いから鎌倉街道方面へと伸びる路地が、かつて下大岡村の集落まで引かれていた用水路の跡であったことを確認できる。
 


かつて用水路が走っていたであろう路地(大岡2丁目)
 

用水路は鎌倉街道を横切り、蒔田村方面へと伸びていた(大岡1丁目)
 

住宅街の一角。かつて、この一帯の土地を所有していた一族の墓地が残る(大岡一丁目)


なお、大岡川の氾濫の歴史については、過去の記事を参照してほしい。

下大岡村が頻繁に大岡川の氾濫の被害にあっていたことは、村の鎮守とされていた若宮八幡宮(大岡1丁目)が高台に存在することからもうかがえる。
 


下大岡村の鎮守とされていた若宮八幡宮


創立年代は不明であるが、遠く鎌倉時代、源頼朝が幕府を立ち上げる際、鬼門にあたるこの土地に厄除けの目的で、鶴岡八幡宮の境内社である若宮八幡宮の別宮として創建したものと伝えられている。それがやがて、「下大岡村の鎮守」となった。
 


社殿は急な階段の上に設けられている


純農村ともいえる、田園に囲まれた地域であった下大岡村。
江戸時代には、この地域一帯に住む者は、日用品を入手するため、保土ケ谷宿まで繰り出さなければならなかった。また、換金作物の売買も宿場町を通じて行ったという。
 


鎌倉街道の道標


江戸時代末期まで、そうした自給生活が営まれていた地域であったが、やがて、金沢街道・鎌倉街道を通じて、貨幣経済が徐々に浸透していった。それに伴い、村々の民の生活様式も変化していったのである。

1889(明治22)年、市町村制の施行によって、上大岡村と下大岡村は周辺の村々と合併し、「大岡川村」へと名称を変える。このとき、下大岡村だったエリアは、「大岡川村大字下大岡」と名付けられた。

ところが、1911(明治44)年の横浜市域第二次拡張に伴い、下大岡村だったエリアは、大岡川村から分離して横浜市に編入され、「大岡町」となる。こうして、「下大岡」という名称が完全に地図上から消えることとなった。

なお、1928(昭和3)年に、大岡町の一部が切り離され、大橋町・中島町・通町・若宮町と名付けられた。1974(昭和49)年には大岡町から「町」の字が外され、代わりに「丁」(1~5丁目)が設けられて、現在に至る。



取材を終えて

1つの村として存在した、「上大岡村」と「下大岡村」。
上流にあった上大岡村では平地に集落が形成されたのに対し、氾濫から逃れる必要があった下大岡村では高台を中心に集落が形成された。

花街(現・大久保町)や横浜刑務所(港南)の影響のもとで発展していった上大岡村エリアと、弘明寺商店街の影響のもとで閑静な住宅街が形成されていった下大岡村エリア。もとは双子のような存在であった両エリアの間に、現在も感じられる鮮やかなコントラストには、かつてより田畑に恵みを与え、ときには民を苦しめた大岡川の存在が深くかかわっているのかもしれない。


-終わり-

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 旧字一ノ沢(うろ覚えですが、要は大岡4丁目)の元住民です。この辺の子供会にチロリン子供会がありますが、チロリンという名の由来は、一節には昭和40年代まであった自動車プール(現藤の木中学校か)の俗称(チロリン村?)だとか。

  • 元・下大岡は洪水に悩まされてきたようです、しかし、先人は知恵を働かせ多くの溜池を作ったのです代表的なのが、前田用水沿いにあった前田池です弘明寺商店街中央部から大岡小学校に至る大きなものです。他に大岡地区センター入口近く、蒔田南太田まで何箇所もありました、今は、江戸末期明治から昭和にかけ埋めたれました、又又洪水に悩まされるようになりました、そして大岡川のしゅんせつ工事嵩上工事げ暗渠排水工事とものすごい工事を繰り返してきました。

  • 「上大岡村の人々が大岡川の水を利用した水田を中心に生活を営んでいたのに対し、下大岡村の人々は高地に畑を耕す生活を営んでいた」と書かれていますが、上大岡村は大岡川の水利権がなく利用できませんでした。上大岡村の水は二つの溜め池だけでした。(文政6年 上大岡村地誌取調書上帳 北見家文書参照) 下大岡村は関の下あたりにあった堰から用水路を利用し盛んに水田耕作をおこなっていたのです。畑中心と書かれているのは間違いです。

おすすめ記事

中区花咲町、西区花咲町。なぜ分かれているの?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

磯子区氷取沢町の名前の由来は?

特典あり

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.14 ライター井上が「リレー川柳」で妙蓮寺ニコニコ会への想いを紡いでいただく

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

【編集部厳選】もう見られない! 鉄道にまつわる「幻」特集!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜の歴史の重みが! 野毛にある100年以上のレンガ作りの蔵を改築した隠れ家的なKULAKULADiningとは?

6月1日・2日に行われる開港祭2012の見どころは?

【編集部厳選】お前はいったい何者だ! 横浜の「不思議な像」を巡る旅!

【編集部厳選!】なんでこうなった!? 「道路」に関する謎特集

「闇金」ドラマも撮影! 横浜のロケ地巡り、2016年夏ドラマ編vol.2!

桜の後にも花は咲く! 市内全域で「ガーデンネックレス横浜2018」が開催中

横浜の趣きある茅葺き屋根の古民家がある場所を教えて!

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.14 ライター井上が「リレー川柳」で妙蓮寺ニコニコ会への想いを紡いでいただく

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

女性による女性のためだけの癒しがここに!? 「酵素浴えん横浜店」で極上のひとときを

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング