検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

そごう横浜店の屋上に岡本太郎作、大阪万博の「太陽の塔」の一部だけがあるってホント?

ココがキニナル!

横浜駅東口にあるそごう横浜店その屋上に大阪の万博の時作られた「太陽の塔」の頭の部分だけがあります。説明は「岡本太郎 太陽」だけ。なんであそこにあるのか?キニナル(ツバメ°さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

そごう横浜店にあるのは、大阪万博の「太陽の塔」とは別の、「太陽」というオリジナル作品。オープンに合わせて横浜店が岡本太郎氏に制作を依頼したもの

  • LINE
  • はてな

ライター:ムカイカツヲ

設置の経緯



周囲をぐるりと回った後、キニナルで触れられていたことについてお話を伺った。

まず、有名な万博の「太陽の塔」との関係について。これに関しては、そごうの屋上にある作品「太陽」は、オリジナルの作品であるとのこと。

つまり、岡本太郎氏がそごう横浜店のために新規にデザインしたものであり、万博のモニュメントである「太陽の塔」との直接的な関係はないそうだ。そごう横浜店の屋上にあるのは、万博の「太陽の塔」の一部ではないのだ。
 


こちらは万博の「太陽の塔」の黄金部分。未来の象徴とされている


そごうの「太陽」の設置はそごう横浜店がオープンした1985(昭和60)年9月。ちなみに、同時期の岡本太郎氏の作品として有名なものには、青山の「子供の城」に常設されている「こどもの樹」がある。こちらは、万博の「太陽の塔」と似ている気もする。
 


こどもの樹


それでは、なぜそごう横浜店の屋上のモニュメントとして、岡本太郎氏の作品「太陽」が選択されたのだろう。

この点に関しては、横浜店オープン当時のそごうのオーナーと岡本太郎氏との間に「親交」があったことから、岡本太郎氏に、人と場のふれあいが持てる空間に相応しい、新しい横浜のシンボルとして制作を依頼したとのことだ。
 


そごう横浜店を見つめ続けてきた顔


おそらく、当時の岡本太郎氏は通常の創作活動に加えテレビなどへの露出も多かったはずだ。

多忙なスケジュールの中でこの作品を完成させた裏には、氏が神奈川県川崎市出身でもあったことも関係があるのかもしれない。
 


取材を終えて



そごう横浜店の中には人々が集う「広場」が複数存在し、この屋上の広場は「太陽の広場」と呼ばれている。ここには、小さな丘や、ミニサッカーコートなども設置されており、多目的に利用されている。

取材時にも、ShunsukeParkのサッカースクールの生徒さん親子や、ひなたぼっこをするお年寄りたちが、「太陽」の周りでそれぞれの時間を過ごしている姿が見受けられた。
 


子供たちを見守る「太陽」


取材の終わり、そごうに来ると必ず屋上にあがるという老夫婦に「太陽」について伺ってみると、「当然のようにここに在るので、芸術作品として意識したことなんかないよね」と笑いながら答えてくれた。
 


泣いてませんよね?


きっと、訪れる人々に親しまれ、屋上の環境にあまりにも溶け込んでしまっているからだろう。世界的に有名な芸術家の作品でありながら、あまり意識されていないようにも感じる「太陽」。ここは、贅沢な空間なのだ。

振り返ると、その顔が心なしか寂しそうに見えた。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 最後のまとめ方が面白い。岡本氏の作品の顔は、確かにさみしそうに見える時がある!(笑)

  • wikipediaより、って堂々と書ける神経に驚きました。まさかプロのライターではないですよね?

  • 岡本太郎の作品は、美術館以外にも街中のいろいろな場所で触れ合うことができますよね。http://www.taromuseum.jp/TARO_MAP.pdf

もっと見る

おすすめ記事

横浜のおでんに使われている「ハナコンニャク」はどんな食べ物?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

横浜博覧会でそごうの2階から出ていたゴンドラが道路脇に放置?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

高台と根岸湾を対に構える、工業地と住宅地の合わせ技な街。はま旅Vol.30「磯子編」

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

人々の心のゆとりを感じることができる街。はま旅Vol.44「元町・中華街編」

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

クラブワールドカップ出場の「白い巨人」レアル・マドリードが横浜に! 横浜市内の様子は?

旧東海道散策など見どころ満載のはま旅Vol.63「鶴見市場編」

鶴見川花火大会2011の様子は?

掃部山(かもんやま)公園ってどんな公園?

横浜で活躍している女性を紹介!【編集部厳選】

今シーズン活躍する選手は? 2018年のDeNAベイスターズ春季キャンプをレポート

【編集部厳選】今年最後の3連休! 横浜で過ごす人にピッタリな「穴場スポット」特集!

高台と根岸湾を対に構える、工業地と住宅地の合わせ技な街。はま旅Vol.30「磯子編」

新着記事