検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

海の安全を守る国内最大級・横浜海上保安部の巡視艇(じゅんしてい)に乗船!

ココがキニナル!

横浜海上保安部は規模等,国内最大級と聞いています。是非、巡視船艇に乗船してその活動を取材してください。(いちやんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

海の安全を見張る巡視船艇を14隻保有する横浜海上保安部。その規模はやはり日本最大級。巡視艇は日々海の安全を見守り交通整理をしていた

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

もっと知りたい巡視艇



海の交通整理をしていて、クジラやサメと接触したことはあるか尋ねてみた。すると、そういうことに出合ったことはないが緊張感を持って航海をしている、という。クジラと接触して事故になったこともあるという。直近では今年の3月に、福岡から韓国の釜山へ行く旅客船が途中でクジラと接触する事故があったとのこと。

 

「回避できない部分もあるからね」
 

巡視艇には各種レーダーのほかに、近辺を見渡せるモニターや、海中捜索ソナーという海底の地形が把握できるモニターも装備している。
実際、海を巡視している時のフォーメーションになっていただいた。

 

左から速度調整、舵取り、監視・指示
 

船長はレーダーとモニターをくまなくチェック
 

双眼鏡も駆使
 

すべての段取りを快く、船長の北口さんはユーモアを交え見せてくださった。
ここで、巡視艇にあるほかの部屋も見せていただくことに。

 

こちらは
 

エンジンルーム
 

「ここのエンジンルームの電力はだいたい・・・」
 

「一般家庭10軒分くらいの電力かな。乗り物でいうと・・・スポーツカーの5倍くらい」とのこと。

 

下へ行くと
 

食事スペース
 

ポーズがキマッている北口さんに、食事はどんな感じなのか、と尋ねると「美味いんですよ、なかなか。料理をする人がいましてね、腕利きの」とのこと。

 

腕利き料理人の浜田主計士補
 

実は取材の数時間前に巡視から帰ってきた「いそづき」。今日の献立はメカジキのソテー。北口さんはポーズをキメたまま「今日も料理美味かったなー」と笑顔で言っていた。
揺れる船内での調理は難しいのでは、と思い、いかがなものか浜田さんに尋ねると「案外大丈夫です」とのこと。

 

食器棚をはじめ
 

船内各所には揺れに対処する工夫が
 

これは清水タンク
 

飲料水としても使える清水を保存しているタンクは床下に。

 

こちらは船長室
 

2段ベットの部屋も
 

各船員用に、仮眠がとれるスペースが用意されている。ちなみに、昨年は仮眠がとれるスペースで壇蜜(紙の世界)が流行っていたという情報もいただいた。

 

外には救助用のボートと
 

同じく浮き輪
 

レーダーはコレ
 

海の交通整理だけではなく、海で溺れている人を助けるのも巡視艇の仕事。悪天候時に横須賀の猿島付近でボートが転覆して溺れてしまった人を助けたことも記憶に新しい、という。

 

海のもしもは118番
 



取材を終えて



東京湾へ出て、設定航路を通り、巡視艇1隻で約800隻の船を24時間体制で毎日見張る。
14隻あるうちの数隻の巡視艇が3日ごとのペースでローテーションを組み、海に出ているという。海の安全を、守っています。
 

―終わり―
 

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 日本の海上警察はすばらしいぞ!いや、どこかをディスってるつもりはないんだが :-P

  • 海保の活躍の一端を知ることができました。ありがとうございました。今後も定期的に海保ネタを載せてください。よろしくお願いします。

  • 正しくは「第3管区海上保安本部」の「横浜海上保安部」。ついでに横浜海上保安部の下に「川崎海上保安署」と「小笠原海上保安署」がある。江の島沖の船が「たかとり」(背の高い放水塔が特徴)だとすれば全長45.7m、469t、横須賀海上保安部所属。いそづき」は全長27m、64t。ちなみに横浜海上保安部最大の船は「しきしま」「あきつしま」で全長130m、5,300t、ヘリコプタ2機搭載。

もっと見る

おすすめ記事

12年前に起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られた?

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

ジャパン マリンユナイテッドはどうやって海賊船を運んでいる?

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

2度の爆発事故を起こした金沢区の工場は今どうなってる?

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

横浜に戦争の傷痕は残ってる?

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

こんな記事も読まれてます

南区にある一見廃墟のような自由すぎる外見の民家に突撃!

横浜港死体遺棄事件、元警察官である容疑者の人物像とは?

横浜線で女性が死亡する人身事故が発生。その詳細は?

昔よく氾濫していた早渕川沿いにある「用途の分からない謎の階段」の正体は?

相鉄線・話題の新駅「羽沢横浜国大駅」に潜入!

緑区内に建設予定の児童相談所「一時保護所」の現状は?

おしゃれで快適!横浜駅周辺の最新女子トイレ事情を教えて!

2度の爆発事故を起こした金沢区の工場は今どうなってる?

新着記事