ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェがキニナル。(スさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

chano-maは、空間・料理・音楽にこだわり、他店にはない特色を持ったカフェで、実際にごろごろしてくつろぐことのできる居心地の良いお店だった。

ライター:かわいよしひこ (2015年02月21日)


子ども連れでもリラックスできる空間

さて話を今回のメイン・テーマである、ベッドを使用した小上がり席に戻し、実際に我々取材班も体験してみた。
キャスター付きのベッドは、固めのマットレスで、立ち上がっても沈み込むことはない。やはり足を崩して飲食するというのが前提だからだろう。周りを見渡すと、食事中の方が多く、座っている人がほとんどだったが、ピッタリと寄り添いながら「ごろごろ」しているカップルも見受けられた。
 


実際に「ごろごろ」してみた
 

こんな感じで
 

大人2人でも十分くつろげる


大人の男性が足を伸ばして寝ても飛び出ることはないゆったりとしたサイズで、このマットレスの硬さも気持ちが良い!

小上がり席のルールについて野崎さんに聞くと「特にございませんが、たまに熟睡されてしまっているお客様がいて、そのときはお声がけさせてもらっています。時間制限もありません」という答えが。
確かに熟睡してしまいそうな気持ち良さだ。しかし、男性二人での利用は過去記憶にないとのこと! 歴史を作ってしまったようだ・・・。

ここで、実際に利用しているお客さんに、利用の理由や使用感について突撃インタビューを試みた。

まずは、仕事休みで静岡から遊びにやってきたという漆畑圭翼(うるしば・けいすけ)さん(29歳:写真右)、渋木綾香(しぶき・あやか)さん(29歳)カップルに。すぐ隣で男二人がごろごろしていたのを不審に思ったであろうが、快く答えてくれた。
 


仲睦まじいカップル


漆畑さんは2回目の来店ということで、この小上がり席を目的にchano-maを選んだということだ。「食事はちょっとしづらいけれど、リラックスできるのがいいし、雰囲気もすごくいい」と綾香さん。テーブル席よりもゆっくり長居してしまうと言う。

次に、それぞれが子どもを連れたママ友同士の方1に直撃! 答えてもらったのは、2歳のはんなちゃんを連れたいしわたさん(34歳)と9ヶ月のにこちゃんを連れたにごりかわさん(33歳)。
 


にごりかわさん(左)といしわたさん


2人は15年来の学生時代のアルバイト友達で、にごりかわさんのご出産以来、久々の再会をここchano-maで果たしたそう。にごりかわさんは過去にも利用経験があり、居心地の良さからまたこの店を選んだ。初体験のいしわたさんも「このベッドの空間は子どもがいるとすごくいいですね」と話す。

さらに「おいしいパンがおかわり自由なのでうれしいです。あと横になりたいときに寝られますし(笑)」とにごりかわさんも続ける。しかも、開店直後からこの席が埋まっていくのを知っており、席を確保するために開店前から並んでいたそうだ。

さらに、ご夫婦で来ていたしゅうさん(37歳)とようこさん(30歳)に話を聞いてみた。
ようこさんは以前にも利用経験があり、しゅうさんは初めてだったというが、このベッドの席にまずビックリしたという。
 


ぐっすり眠るゆかちゃんと一緒に一枚!


実際に使ってみた感想を聞くと「ごろごろできるし楽ですね。今子どもがちょうど寝ているんですけど、こんな風にできるレストランはなかなかないですね」と話してくれた。そしてお二人も、この席を確保するために、開店と同時に来たそうだ。やはり、リピーターには、この席がすぐに埋まることは周知の事実のようだ。

ちなみに、小上がり席を利用していなかった、ふくどめさん(27歳)とながいさん(28歳)に話を聞いてみると、来店時に小上がり席は空いていたけれど、今日はしっかりご飯を食べたかったからテーブル席にしたという答えが。ながいさんは2度目の来店で、お店の雰囲気や空間が落ち着いていたから再び来たという。

最後に野崎さんに小上がり席がある店ならではの苦労や展望を聞いてみた。
 


熱心にchano-maの魅力を語ってくれた野崎さん


「1つはメインテナンスが結構大変なんですよ。シーツは毎日変えますし、掃除もベッドを全部ずらして行いますから。飲み物をこぼされたりとかはよくあるのですが、すぐに取り替えができるように、バックヤードには常にシーツが置いてありますからね。でも、これだけ喜んでもらえているのでその苦労は気になりませんね」

「chano-maの魅力は、料理、空間、音楽、そして接客だと思うんです。その中でベッドの席はほかのお店との差別化もできていますし、そういったアイディアをお客さんにどんどん提供していきたいですね」



取材を終えて

横浜でオープンして2015年4月で13年を迎えるchano-ma横浜店。ベッドという究極のくつろぎ空間で、料理や飲み物を楽しめ、さらにそれぞれにしっかりとしたこだわりも持ったお店だと分かった。話を聞いたお客さんも、このベッド席を求めてくる人が多くを占め、その満足度も高く、多くがリピーターだった。

今回は平日の取材だったが、休日など繁忙期は、階段下まで列ができることがあるそうだ。もし、来店を考えるなら、開店と同時の時間を狙うことをオススメする。しかし、ほんの一瞬だったが、あの心地良さは癖になる。友達同士で、子ども連れで、カップルで利用してみてはいかがだろうか。筆者もぜひ今度はプライベートで・・・。


―終わり―
 

取材協力
chano-ma 横浜
住所/中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館 3F
電話/045-650-8228
営業時間/
日~木:11:00~23:00
金・土・祝日前日:11:00~5:00
定休日/無休

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 247 面白くなかった 11

おすすめ記事


SOVAKOさん2015年03月17日 13時42分
子連れがうんぬんというより、混んでて落ち着かないっていうのはあるなぁ。休日に行くといつも並んでます。ベッドでごろごろする為にわざわざ並ぶ?それもどうなんでしょう。人気店だからでしょうし、お店だってその方がいいんでしょうけど。「ごろごろくつろぐ」というコンセプトにあっているかは疑問。
そう思う 29 そう思わなかった 23
ライムさん2015年02月27日 14時58分
落ち着かない。。。とか、周りを気にし過ぎる人があーだこーだと言ってる方が迷惑。こういうコンセプトなのだから赤ちゃん連れママや親子も利用してみてほしい!子連れの場合は夜来店は無いでしょうし。でもマナーは守ってね☆
そう思う 37 そう思わなかった 13
はまっこ61号さん2015年02月21日 16時32分
バカップルやDQN親子がベッド席でギャーギャーさわいだりしないのかな?なんか落ち着かなさそう。
そう思う 56 そう思わなかった 99