検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

牛肉店なのにアフター付き!? 根岸にある池田牛肉店の「アフター」の秘密に迫る!

ココがキニナル!

根岸の池田牛肉店の「アフター付」というのがキニナル。根岸の池田牛肉店の看板に「アフター付」と書いてあるそう。「アフター」というのが何なのかとてもキニナル。調査をお願いします。(まさしさん)

はまれぽ調査結果!

夜の蝶ではない、牛肉店の「アフター」は今でいう「ポイントカード」で、集めると後々割引になるサービス。ただ、調理のアフターも話にあがっていた。

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

計画していた「アフター」とアニメーションのある池田牛肉店



やはり誤解を招くことも多かったという「アフター付」の看板の文字。
遠藤さんの憶測ではあるが、先代がひとひねりのユーモアを足したのではないかという見解とのこと。
 


さて
 

さて

 
現代でいうところのポイントカードのようなサービスだった池田牛肉店の「アフター」。
遠藤さんをはじめ、先代や社員の方々が目論んでいた「アフター」があったという。
いったい。
 


「それがですね・・・・・・」

 
聞いて驚くその「アフター」の内容。
お客さんに購入していただいたお肉、そのお肉での献立を聞き、ステーキなら家に上がってキッチンで好みの加減を伺い焼きあげる。すき焼きなら食卓で一緒に鍋を囲み、最高の食べごろを伝授。鍋奉行にさえなる。焼肉も同じ。そして煮るならその手法を教えます。といったアフター内容。

実際にやったのか伺った。
 


「まさかね(笑)」

 
先代と社員で、盛りに盛り上がっただけでサービスとしての行動には移さなかったとのこと。なんとなく、お客さんから希望があれば面白くないとは思わないサービス。
ただ、それだとアフターというよりはデリバリーの色も強くなる。
 


そして
 

キニナル
 

この絵たち

 
池田牛肉店には「アフター」ともうひとつ不思議があった。
この萌えリーなイラスト。
いったい。
 


「これは私の趣味でして」

 
企画・監修・画 遠藤寛。
そういうことである。いや、その前になんで? である。
 


「お客さんが集まるようにと考えましてね」

 
明るい店づくりを目指し、思慮した結果このイラストにいたったという遠藤先生。
すべて手書き。1枚書き上げるのに1週間の時間を要するという。
なんか、不思議。
 


ここで池田牛肉店自慢の焼きたて

 
焼豚を切ってくれた遠藤さん。いただくことに。
そっと甘めな味付けの脂身の少ない、噛めば噛むほど旨みと甘みが広がるジューシーな焼豚。ラーメンより丼物やおつまみに最適とのこと。価格は100グラム410円。
 


1978年創業の池田牛肉店の現在について

 
大手スーパーの台頭で個人商店の小売りは圧迫されている状況。それでも古くからの常連さんと、飲食店への卸でつないでいるというのが現状。
街のお肉屋さんやそういった専門の個人商店がもう一度元気になるのが遠藤さんの理想であるとのこと。
 


高くは望まないが

 
「活気ある商店の並ぶ人情味あふれる街がいい」そう話す遠藤さん。
そう話す遠藤さんの前のむらさきのカゴ。その中にはしらたき。すきやき用でしょう。
どんなしらたきか。
 


こういうことは

 
大きなスーパーではなかなか味わえない芸当。



取材を終えて



遊び心とお客さんへのサービスから始まった現代のポイントカードの先駆け、池田牛肉店の「アフター」。
ちなみに「アフター」を再開する予定はないというのと、遠藤さんはアッチの「アフター」はしたことないそうです。


―終わり―
 
池田牛肉店
住所/横浜市磯子区西町13-21
電話番号/045-752-0363
営業時間/10:00~19:00
定休日/日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • クドーちゃんおもしろいねぇやっぱ。

  • ご調査ありがとうございました!おかげさまで謎は解けました。アフターがついていなくても、こういう街の小さなお肉屋さんはいつまでも続いてほしいものです。美味しそうな焼豚、買いに行ってみようと思います。

  • 店主の画伯ぶりには驚かされました。でも焼き豚食べてみたいです!

もっと見る

おすすめ記事

ちょっとややこしい!? 中区の根岸町と港北区の岸根町の由来は

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

火事で焼失した伊勢佐木町の「根岸家」。その歴史とその後は?

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

根岸の滝「不動滝」の水源はどこ!?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

こんな記事も読まれてます

パンのフェス出店! 洋光台・上大岡「シャルール」の絶品クリームパン

曙町にある「埋金製麺」、そのスゴい名前の由来とは?

本格的な窯焼きピザを出すという、吉田町の穴場イタリアン「Tempters」に突撃!

開店10年以上の家系ラーメン・プチ老舗店の店長が次に目指すラーメンとは?

【編集部厳選】マー活が大流行中! 横浜のシビれるお店をご紹介! 

なぜそんな店名になったのか、港北区にある「との様飯店」!?

夏と言えばコレ! 味と食感にこだわった美味しいかき氷が食べられるお店を教えて!

洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編

新着記事