検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

横浜周辺で昼からお酒が飲める店を探してます。おススメ等ありましたら教えてください。(sk2さん)

はまれぽ調査結果!

横浜駅西口徒歩5分圏内でサクッと呑めるお得なセットや本格的なもつ鍋や地鶏が味わえる2店をはしご。どちらも気軽に入れてお1人さまもOK!

  • LINE
  • はてな

2016年11月17日

ライター:万田 ケサトシ

昼からはしご酒。いざ2軒目へ

 

まだまだ明るい

 
楽しい。楽し過ぎる。早得セットとプレミアムなホッピーでバケーションを満喫している気分。鉄なべやとん太を後にして次のお店に向かうことに。
2軒目は横浜駅西口から歩いて5分、相鉄ムービル1階にある「産直市場 丸」。

 

開いてて良かった!

 
オーナーさんが九州ご出身なので、九州の料理をはじめ、地魚、馬刺、もつ鍋がいただけるお店。

 

藤沢にも姉妹店あり

 
突撃取材交渉に快く応じてくださったのは店長の井上大介(いのうえ・だいすけ)さん。2009(平成21)年のオープン当初はランチ営業と共に昼呑みができたそうだが、現在は昼夜同じメニューで、明るい時間帯はランチ無しの「昼呑み」1本になった。

 

カウンターでお1人さまもOK

 
平日は夜勤明けのお巡りさんや病院関係者、週末はファミリーや友人同士のグループで昼間からにぎわうそう。ちなみに隣りのテーブルでは合コンらしき宴が行われていた。昼から合コン・・・昼コン。羨ましい限りです。
 
最初の1杯を悩んでいたところ「うちのビール、美味しいですよ」と井上さんがオススメしてくださったので、生ビール(560円)をお願いすることに。お言葉に甘えて注いでもらうシーンを見学させていただいた。

 

サントリー認定超達人店


達人のスナップが効いている


美味しさの秘密ココにあり

 
「泡をこぼしちゃってるんですか???」
正直もったいない思ってしまったが、泡の中に気泡のつぶつぶ(通称かにたま)が残っていると口当たりが良くないらしい。そこで「かにたま」が消えるまで泡をこぼすそうだ。

 

かにたま消えました!


注ぎたてホヤホヤをいただきます!

 
グラスをちょっと動かすと波打つくらい泡がとぅるんとぅるん。唇が泡に当たった瞬間、石原さとみと接吻しているような錯覚に陥るくらいの美味さ。



夢見心地の後は鍋でホクホク

唇が潤ったところで、お次ぎは同店の名物「もつ鍋」の登場。

スープは「極上塩だし」「秘伝辛味噌だし」「地獄旨辛だし」の3種類。中でも7割のお客さんがオーダーするという「極上塩だし」のもつ鍋(1150円/1人前)をお願いした。こちらは1人前からオーダーOK。

 

1人前でもボリューム満点

 
とにかく具だくさんで、ニラや豆腐、キャベツ、油揚げ、ゴボウと野菜もたっぷり。なかなか自宅でもつ鍋をゼロから作る機会が無いので食べごろが分からない・・・なんて方も安心。スタッフの方の手のあいている時は、火加減を見てもらえます。

 

甘えちゃおう


ニラがしんなり、もつが透明になったら食べごろ


できたてアツアツをいただきます

 
メインのもつを口に運ぶととろけていく。そして旨味のスケールがデカ過ぎる。美味いもつの共通点で臭みも全くない。野菜のシャキシャキ感、ニンニクや唐辛子のパンチもナイスアシスト。

 

幸せを噛みしめてます


スープが美しい

 
さらにこのスープがネーミング通りで極上。あっさりながらとても深い味わい。貝柱、鶏、カツオ、昆布で出汁をとり、7種類以上の塩で仕上げているそうだ。

続いてのおつまみは宮崎霧島鶏の炭火焼き鳥。さまざまな部位を味わえるゴロ焼きミックス盛り(920円)をオーダー。

 

毎日、宮崎から空輸で仕入れた朝引きの鶏肉を味わえる

 
この日は(写真右上から反時計回り)ぼんじり、ハツ、せせり、砂肝、カタコニク(ムネから肩にかけての部位)の5種類。

 

焼酎がピッタリ合いそう

 
それぞれが部位ごとに異なった味や食感を楽しめる。特にぼんじりは軟骨が付いているので柔らかさとコリコリ感が両方味わえて2度美味しい。ゆず胡椒をつけてもOK。
 


ごちそうさまでした。

 


取材を終えて

個人的にも昼呑みは大好き。しかしながら横浜駅西口界わいは、チェーン店を除くと意外にも昼呑みができるお店が少なかった。
自分の昼呑みライフを振り返るとファミレスやカフェが多かった気がする。
アポ取り段階で取材NG店舗もあったので「探せばある!」の精神でまたリベンジしたい。

―終わり―
 

◎取材協力
・鉄なべや とん太
住所/横浜市西区南幸1-5-29
電話番号/045-319-2735
営業時間/11:30~23:15

(日祝は
~22:30)
定休日/無休
 
・産直市場 丸
住所/横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル 1F
電話番号/045-322-3102
営業時間/11:00~23:30
定休日/無休

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 安ウマのお店はたいてい全席喫煙OKまたは中途半端な分煙なので、タバコを吸わない自分には選択肢から外れてしまいがち。

  • 高島屋の裏側にも、「なか一」と言うお店があります。一見、割烹屋さんのような入口ですが、扉を開けた途端、別世界が。定食が豊富で安くておいしいです。もちろんお酒も飲めますし、つまみも豊富ですよ。一度行って見てください。

  • 昼呑み可能なお店のレポートとっても参考になります。
    週末チャレンジしたい。

もっと見る

こんな記事も読まれてます

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

希望ヶ丘のお洒落なカレー屋、ベンチってどんな店?

陸の孤島・本牧で「グルメマップ」が作れるか? vol.03! 冬に身体を温める、熱々スープカレーと土鍋麻婆豆腐を実食!

毎晩異常なほどの盛り上がりを見せるという謎の居酒屋「さとみん家」って、本当に盛り上がっているの?

【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!

横浜5店舗制覇、1000べろの聖地「国民酒場じぃえんとるまん」に突撃!

【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!

伝説のジャンボパフェ「アンビリーバブル」なき今、横浜市内にジャンボパフェは存在するのか!?

おすすめ記事

横浜周辺で、昼からお酒の飲める店を教えて!【土日・野毛編】

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

平日の昼間から飲める感じのいいお店を教えて! 野毛編

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

伝説のジャンボパフェ「アンビリーバブル」なき今、横浜市内にジャンボパフェは存在するのか!?

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

創業110年の老舗「野毛おでん」を徹底調査!

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

ストレス社会を楽に生きるための処方箋。まずは“気づき”を得ることから!

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

神奈川県最大の警備会社はやっぱり凄かった! トータルな人間力を武器に横浜から全国の安全を守る!

  • PR

証拠を掴んで新たなスタートを目指すなら、横浜駅東口徒歩9分の浮気調査専門探偵社「調べ屋本舗」

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング