検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?

ココがキニナル!

多摩川の側にそそり立つ川崎総合科学高校がキニナル。校舎に、100億円も掛かったらしい。全国一の「高さ」を誇る高校らしいので、最上階からスカイツリーも見えるのでは?(タロー先生さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

屋上からはスカイツリーもはっきり見える。竣工時は全国一の高さだった67.3メートルの15階建ての校舎は1992年に完成、総工費は80億2000万円

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

いざ、屋上へ! 絶景ビューまであともう少し!



そして最後に、今回の目玉、屋上へと案内していただいた。
 


いざ、屋上へ!

 
普段は屋上は解放されておらず、卒業記念写真の撮影など特別な場合を除いて、生徒が立ち入ることはない。屋上はヘリポートになっており、大規模災害時には緊急物資の運搬に活用されるのだそうだ。

 

この階段の上が屋上


屋上に到着! ヘリポートのマークあり

 
15階建て、67.3メートルの高さからの眺めは絶景! 多摩川、新宿の高層ビル群、スカイツリーと360度大パノラマが見渡せる。冬になると富士山もきれいに見えるらしい。

 

多摩川の河川敷がきれいに見える


目視では、スカイツリーが確認できました!

 
遠く向こうに見える飛行機を見ながら、若山先生が「飛行機の整備士になった生徒がいるんです。あの飛行機を整備しているのはうちの卒業生かもしれませんね」という。

また、校舎の設計にも卒業生が関わっているのだとか。卒業生の進路の多彩さは、理工系ならでは。「卒業生はみんながんばっていますね。海外の研究所で研究員として活躍していたり、ブルーインパルスのパイロットもいますよ」とのこと。

 

アクロバット・チーム「ブルーインパルス」の航空ショー

 
若山先生は「この高校で、生徒に広い世界があることを見せてあげたいと思っています。夢を現実にすることができるんだよ、と教えたいですね」

卒業生でもない限り、ほかの高校に足を踏み入れる機会はなかなかないものだが、川崎総合科学高校では、中学生向けの学校説明会のほかに、小学生親子ものづくり教室などの地域イベントも開催している。

 

地域イベントの様子

 
最後に「総工費が高すぎる気もする」という投稿について伺うと、「校舎全面改築の総工費は他校でも60億から100億円なので平均的な費用です。本校は校舎全面改築にあたって、学科改編を実施し、新たな学科を設置。その専門教育をするための設備も新規に導入しました。総工費はそのための費用も含まれているのです」とお話いただいた。

横浜市では、2007(平成19)年に理系高校「横浜サイエンスフロンティア高校」が建設着工した。鉄筋5階建てと鉄筋3階建ての校舎2棟(延床面積2万5505平方メートル)で、79億円ほどの費用が掛かっていた。
 


横浜サイエンスフロンティア高校

 
また、川崎市教育委員会へ川崎総合科学高校の総工費について伺ったところ、以下の回答をいただいた。

川崎市教育委員会によると「川崎市立川崎総合科学高等学校につきましては、科学技術の進歩、情報化、国際化などの社会の変化に応じた技術者の育成という、地域、社会の要請に応えるべく、1993(平成5)年に6つの学科を新設、改編し、充実した施設・設備を備えたインテリジェントスクールといたしました」

「校舎の改築にあたっては、学科の増加により床面積を増やす必要が生じましたが、校地が狭隘(きょうあい)なため高層化が必要となったものです。総工費については、このような基本方針に基づき設計し、入札手続きを経て決定されておりますので、適切なものと考えております」とのこと。
 


ビルのような高層校舎

 
また「川崎総合科学高等学校の生徒たちは、在学中に高度な各種国家試験資格などの取得に努め、卒業後には川崎市はもちろん広くわが国の産業社会を支える技術者として多方面において活躍をしています」とのことだった。

教育方針などにより、専門性が高く、社会にでて即戦力になる生徒が育つ環境づくりには必要な経費ということだ。



取材を終えて



文系で、教室に机と椅子が並ぶだけの普通高校に通った筆者にはいろいろと驚くことばかり。設備が充実していて、学校というより、企業見学、工場見学といった感じだった。

生徒は在学中に難関資格を取得したり、ロボットコンテストに出たりと、恵まれた施設の中で思う存分勉強している様子。社会に出てからも強いだろうなぁ。ちょっとうらやましい!


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 土手工は不良の巣窟でした。

  • 某T区のkjymから見える。進学先ここにしようかな?

  • 卒業生ですけど、まぁいい高校だったかなーと。見た目はすごいけど、学部によっては当時は差がありましたし。ただ、学食のビューはスゴかったわー。まぁ、謎な階もあったけどwちなみに屋上のヘリポート行ったことないですよ!僕は。見学できるなら懐かしむとこもあれ、行きたいなぁと思いました。

もっと見る

おすすめ記事

横浜商業高校で現金220万円が盗難? その真相は?

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地は?

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第5弾

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷横浜オートマン」

  • PR

こんな記事も読まれてます

戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?

横浜市の日本語教育事情は今、どうなっているの?

ベイスターズジュニア、ついに始動! 初練習の様子をレポート

借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?

過去最多件数となった横浜市の児童虐待、今後どうなる?

365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!

2015年4月、西横浜に開所する政令市で初の子育て支援施設ってどんなところ?

コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第5弾

新着記事