ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

久里浜と金谷を結ぶ東京湾フェリーの状況。1隻は代替新造ではなく廃船し、3隻体制から今では2隻体制に追い込まれています。遠い将来にはこの区間も橋で結ぶ計画もあります(よこはまいちばんさん)

はまれぽ調査結果

東京湾アクアラインの開通と東日本大震災の影響で利用者は最盛期の3分の1に。現状、増船・増便や、橋がかかる可能性も低い

ライター:やまだ ひさえ (2017年05月07日)

東京湾フェリーの今後

利用車台数で最盛期の3分の1。売上的にはさらに低くなっている東京湾フェリー。
 


平日の利用者は少ない
 

2006(平成18)年6月から、閑散期の平日は2隻運航にダイヤ改正。現在は「しらはま丸」と「かなや丸」の2隻で運航を続けている。
 


しらはま丸
 

かなや丸
 

3隻運航を続けていたのは利用者を待たせないためと、法令によって各船ごとに年1回の定期検査があるためだ。

検査は12日間かけて行う定期検査の間、2隻運航を維持するために3隻で運航を続けていたが、2010(平成22)年7月には「くりはま丸」を売却。5月下旬と12月に行われる定期検査の間は1隻で運航することになるが、現状では新しい船を増やすことは難しいとのことだ。

厳しい状態であることに変わりはないが、東京湾フェリーでは経営向上にむけての努力を続けているし、何よりも「船旅を楽しむ人を増やしたい」との思いを持っている。

実は、久里浜港から徒歩で乗船する場合のみ体験できる船旅の楽しみ方があるのだと、山本さんが紹介してくれた。
 


ターミナルとフェリーをつなぐ連絡通路
 

久里浜港だけにしかない連絡通路だ
 

金谷港は、フェリーからターミナルに直接乗下船できる構造になっているため、連絡通路があるのは久里浜港だけだ。
 


徒歩乗船の場合のみの特権スポット
 

海も見える
 

「フェリーと海を同時に眺めることができる連絡通路を楽しみにしている方は多い」と山本さん。船旅への期待感が盛り上がる場所だ。

フェリーは、着岸後、次の出航に向けての点検を行っているのだが、特別に許可をいただき乗船させてもらった。
 


係員がタラップをおろしてくださった
 

「点検中のため、電気が点いていませんが」と、案内していただいたのは2階の船室。
 


大きくとった窓から海を眺めることができる
 

軽食やお土産コーナーも併設されている
 

3階には展望デッキがある
 

ここで海風を感じながら船旅を楽しむ人は多い。
 


テーブルや椅子を固定し安全面も配慮されている
 


東京湾を独り占めできる
 

この景色を楽しみしている方は多いという。リピーター率が高いのは、千葉県下にセカンドハウスを持つシニア世代。40分とはいえ運転を休めるうえに船旅気分を満喫できるのは魅力だ。

また、小さいお子さんを持つ家族連れの利用も増えているそうで、行きは東京湾アクアラインを利用するのだが、小さいお子さんは約9.5㎞も続くトンネルは退屈らしい。
 


長いトンネルに子どもは飽きてしまうのかもしれない
 

行きにトンネル内でぐずられた両親が、それを避けるために帰りは東京湾フェリーに変更する、というパターンが増えているとのことだ。
 


フェリーならデッキで遊ばせることができる
 

さらに東京湾フェリーでは、千葉県の自治体と連携した期間限定のイベントや夏には納涼船の運航などを企画することで集客アップも図っている。
 


納涼船の際、飲み物などが販売される2階デッキ
 

イベント以外にも日常的に楽しめる方法がある。遊覧船としても利用することだ。

久里浜―金谷間を往復するだけなのだが、2時間ほどの船旅は、非日常的な体験とあいまって若いカップルやお孫さん連れのおじいちゃん、おばあちゃんに気軽に楽しめると人気があるとのことだ。
 


新たな船旅の楽しみ方を提案し続けている
 

東京湾フェリーの今後に期待したい。



幻となるのか東京湾口(わんこう)道路

実は、東京湾にはもう1つ、橋を架ける計画がある。

東京湾の入口、浦賀(うらが)水道に橋を架け、国道16号線と結び環状道路にする「東京湾口道路計画」だ。
 


東京湾口道路計画(富津市役所HPより)
 

東京湾アクアラインより早い1962(昭和37)年、建設省によって調査が開始された計画で、橋の基点となるのは、16号線のそれぞれの終着地となる横須賀市の観音崎と千葉県の富津市。

この2ヶ所を約17㎞の橋で結び、東京湾をぐるりと取り囲む環状道路(=東京環状)を完成させようというものだ。
 


東京湾の入口に橋を架ける計画がある(同)
 

構想自体は半世紀以上前からあるのだが、2008(平成20)年7月の閣議決定でそれまでの「東京湾口道路の構想を進める」から「湾口部、海峡部等を連絡するプロジェクトについては、長期的視点から取り組む」に国土形成計画がトーンダウン。

現状では幻の架け橋となる公算が高い、といわざるをえない。



取材を終えて

千葉というより房総半島に遊びに行く際、東京湾フェリーを利用するのは、横須賀・三浦が地元の筆者にとっては、ごく自然のことだった。

しばらく乗船していなかったが、改めて取材をしてみて、また利用してみたくなった。


―終わりー
 
東京湾フェリー
本社住所:横須賀市久里浜8-17-5
久里浜港電話:046-835-8855
HP:http://www.tokyowanferry.com/
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 562 面白くなかった 11

おすすめ記事


maru19690818さん2017年08月28日 16時19分
久里浜から目と鼻の先で産まれ育った私は東京湾フェリーを良く利用しました。久里浜と金谷は距離にして恐らく7kmくらいですかね、この狭まい浦賀水道で1日あたり約400~700隻の船が行き交うという、世界でも有数の難所らしいです。その船の流れの合間を縫って、十字にクロスする形でフェリーは突っ切ります。例えるなら6車線の大きな国道をひっきりなしに車が走っている中を横道のあぜ道から向こう側に横切るような感じですかね~10万トン級の大型船なんて自分の行く水路を問答無用で突き進んできます。「このままだとぶつかるんじゃない?」な~んてヒヤヒヤもんなんですが、小さいフェリーはぶつからないよう舵を切る、スピードを落とすなりして何とか回避しちゃうんです。冬はお薦めしませんが、天候が許すならデッキに出て眺めると迫力ありますよ!
そう思う 1 そう思わなかった 0
駅馬車さん2017年05月16日 18時48分
息子と自転車で東京湾一蹴した際に乗りました。アクアラインは自転車は走れませんからフェリーが無くなると困りますよ。
そう思う 22 そう思わなかった 2
IKさん2017年05月12日 20時21分
東京湾を出入りする大型外航船の間隙をぬって航海するとき結構迫力ありますね。航海士さんは緊張するでしょうが。運転手は移動しながら休憩できるので楽です。ただ利用する側としては、アクアラインの異常な値引きと運転手以外の同乗者は乗船料が別にかかるのを天秤にかけると利用しづらいところ。
そう思う 22 そう思わなかった 1