検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編

ココがキニナル!

日常生活の疑問やトラブルを、はまれぽがイチオシする専門家が分かりやすく解説! 第19回は、イタリア料理店のオーナーシェフによる、夏バテ防止料理

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

「プラス3分」がカギ!



レーズンと松の実を加えてさらに炒めたら、塩(適量)を入れる。渡部さんによると、塩を加えることによって野菜から水分が出るため、「炒め蒸し煮」の状態になる。

野菜から出た水分が全体に染み渡るので、素材の味をそのまま感じることができるのだという。
 


お塩、入りまーす
 

渡部さんのお店では「ブロード」というイタリア料理の「だし」となるスープを加えるが、家庭で作る場合は、水でも構わない。
 


野菜がひたる程度の量で
 

ここで「プロの技 其の一」。さらに甘味を加えるためにグラニュー糖を入れる。
 


「普通の砂糖でも大丈夫です」と渡部さん
 

軽く全体に味をなじませた後にトマトを入れて少し煮詰めれば、ソースは完成となる。
 


ベースはこれで完成
 

このまま食べてもおいしいのは間違いないが、今回は「冷製パスタ」。このソースを冷蔵庫で冷やす。その際、ラップをする必要はない。ソースをボウルに移して、底を冷水にあててもいいが、しっかり冷やすことが重要なポイント。

ソースが冷えたらパスタをゆでるが、ここで「プロの技 其の二」。市販のパスタに表示されているゆで時間より3分長くゆでるのだという。
 


「冷製パスタは表示時間プラス3分」と渡部さん
 

長くゆですぎると、ふにゃふにゃになってしまわないか心配したが、氷水でしめることで麺のコシが大幅に増すのだという。

また、ゆでている間に皿を冷やしておくことも、おいしい冷製パスタには不可欠な工程だ。
 


「お皿も冷やしてくださいね」
 

そして、冷製パスタを作るときに最も重要なのが、麺の水分をしっかり取ること。

「ザルで水切りするだけでなく、キッチンペーパーなどで、しっかり絞ってください。そうしないと、ソースの味が薄くなるだけでなく、べちゃべちゃして気の抜けた仕上がりになります」と渡部さん。これも「プロの技 其の三」といえるだろう。
 


しっかり冷やして
 


水けを切る
 

仕上げは水けを切ったパスタと、冷やしたソースを混ぜてオリーブオイルを和える。
 


「この時のオリーブオイルは『ちょっといいやつ』がいいですよ」
 

最後は盛り付け。ルッコラを添え、粉チーズをかけて完成。
 


間違いないビジュアル!
 

ニンニクのほのかな香りが鼻腔を刺激する。「ゆですぎじゃないの?」と思っていたパスタは、もっちもちで、トマトの酸味との相性が抜群。

程よく食感を残した松の実やニンジン、黄パプリカ、うまみを吸い込んだナス、ルッコラの苦みとレーズンの甘味が渾然一体となった逸品は、食欲がないときであっても食べたい味。
 


見た目だけでおいしいの間違いなし!
 

単品で食べてももちろんおいしいが、「お酒と一緒に!」という欲求がわいてくる。「赤ワインは体温を上げる効果があるので、白ワインと言いたいところですが、辛口の日本酒と合わせてもいいと思いますよ」と渡部さん。なるほど。「プロの技 其の四」、料理とお酒のマリアージュですね。

なお、きょう紹介したメニューは普段「Rio's Buongustaio」では提供していないが、はまれぽ読者には夏季限定で「夏野菜のオルトラーナ(1500円・税込み)」として提供します。夏バテ気味で食欲がないという方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。
 


赤いベスパが目印です
 


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

中区吉田町の路上イベント「吉田まちじゅうビアガーデン」の楽しみ方を教えて!

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

京急と崎陽軒がコラボ! 「けいきゅん・ひょうちゃん弁当」が6月1日から限定発売!

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

第1回 一関地ビールフェスティバル in 横浜の様子は?

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

土日の昼だけ野毛に現れる“幻のラーメン店”ってどんなところ?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【編集部厳選】食欲がわかない暑い日は、おそばをすすろう!

ズボラさん必見! はまれぽ週末グルメ案内 お財布にも優しい! 中区・「焼き鳥」が美味い店5店

京急富岡駅近くに数ヶ月待ちの「コンビーフ」が売っているお店があるって本当?

横浜でおいしいチャーハンと一品料理が食べられるお店を教えて!

横浜で大盛りチャレンジメニューのあるお店は!?Vol.1

提供中止になったはずの「コンビニで生ビール」が東戸塚で飲めた!

中央卸売市場『もみじや』の定食が1000円で豪華ってホント?

中区吉田町の路上イベント「吉田まちじゅうビアガーデン」の楽しみ方を教えて!

新着記事