検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

クローゼットで冬眠中のスーツが復活!? 洋服のリフォームなら横浜、イセザキ・モールへ!

クローゼットで冬眠中のスーツが復活!? 洋服のリフォームなら横浜、イセザキ・モールへ!

ココがキニナル!

洋服リフォーム職人の技が光る! オーダースーツ専門店「ナガサカ」では、リフォームが難しいスーツも見事によみがえる。店舗に併設された工場に潜入してみた!(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

思い出のスーツは、世代を超えて


 
長坂さんには、リフォームで強く印象に残っているお客さんがいるという。

 
「お爺さまの代に仕立てたスーツを、3世代に渡ってリフォームしながら、着続けているお客さまです。生地が高級で保存状態が良いというのもありますが、『大事に着よう』という気持ちがなければ、なかなかできないこと。素敵だな、と思います」

 


50年、60年・・・とスーツも時代を超えていく

 
また、ここ数年の「クラシックスタイル」回帰の影響で、両親の洋服を持ってきてリフォームにチャレンジする若い方も多いとか。
 
「オーダースーツは30~50代の方が中心になりますが、リフォームでは、男女問わず幅広い層の方にご利用いただいています。洋服にまつわる思い出話も聞けたりするので、楽しいです」と長坂さんは話す。
 
店舗などで購入した古着と違い、自身の大切な人から譲り受けた洋服を着られることは、ある意味とても贅沢なこと。洋服リフォームでは、そんな「特別な贅沢」を味わうこともできるのだ。
 
 
 

セレモニーのタキシードが、驚くべき変貌を!


 
さらに「ナガサカ」には、このリフォーム技術を生かしながら、セレモニー用のタキシードが新たに生まれ変わる「アレンジ」があるという。それは・・・?
 


タキシードが変身?

 
タキシードの前身頃に手を加え、通常のスーツに作り替える方法だ。
結婚式やお祝い事など特別な場面で大活躍するタキシードだが、せっかく作っても、どうしても着る機会が限られてしまう。
そんな中、タキシードを作ったお客さんからの「いいモノなのに、着る機会が少なくて残念」という声をヒントに、長坂さんが日常的に使えるようジャケットにアレンジ。普通ならクローゼットに冬眠入りするところを、一工夫のリフォームで再びスポットライトを当てたのだ。
 
一方で、リフォームで来店したお客さんがスーツやタキシードのオーダーメイドができることを知り、「自分だけの1着」を作る流れもあるという。まさに、スーツのオーダーメイドと洋服のリフォームを手掛ける「ナガサカ」ならではのエピソードだ。
 


リフォームとオーダーメイド、両者が良い効果をもたらしている

 
普段なかなか目にすることのできない縫製の現場では、職人さんたちの熟練の技が光っていたが、そこには「この洋服をまた着たい」というお客さんの想いを大事にし、心を込めて丁寧に洋服と向き合う姿が感じられた。
 
 
 

取材を終えて


 
自宅に戻り、クローゼットを見て愕然。普段、着ることのない洋服は奥の方へと追いやられ、予想を遥かに超える量だった。体型の変化、流行、何となく気に入らない・・・そんな理由で着なくなった洋服を見ていると、申し訳ない気持ちになってくる。
 
さらに、そんな筆者の洋服以上にクローゼットを占領しているのが、主人のスーツだ。つい数年前に購入し、それなりの価格だったと記憶しているが、ここ最近は着ている姿を全く見たことがない。これこそ、最優先で「リフォーム行き」にすべきではないかと痛感! ちなみに、「ナガサカ」のオーダースーツであれば、パンツやスラックスのサイズ直しは永久的に無料というから、次回は絶対にオーダースーツを勧めようと思っている。
 
物があふれる今の時代だからこそ、改めて古いものにも目を向けてみる。今回の取材では、洋服リフォームでその大切さを知り、新たに生まれ変わる洋服の素晴らしさ、楽しさも教えてもらったような気がした。
 
 
―終わり―
 
 
オーダースーツ専門店「ナガサカ」
住所/横浜市中区伊勢佐木町5-127 三ツ星ビル1階
電話/045-253-6789
営業時間/11:00~19:00
定休日/木曜日(祝日の場合は営業)
https://www.t-nagasaka.com

※情報は取材時のものです

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2011年12月19日~12月25日)

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

相鉄線の運転士“疑似”体験パネル! 神奈川県の「顔ハメパネル」追跡記(2)

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜に道場を構える「大日本プロレス」ってどんなところ?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

横浜文化体育館への案内看板が「198メートル」の理由

生活圏にお墓を! 青葉区の高台、緑に囲まれた美しい墓苑で心癒される。コロナ禍でのお墓参りや法要も安心

  • PR

こんな記事も読まれてます

帰ってきた、横浜でいちばん急な坂はどこ? 2013・中編

【編集部厳選】横浜市営地下鉄にまつわる、あんなこと・こんなこと!

福富町の変わったカプセルホテル「和カプ」「痛カプ」に突撃!

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2013年5月14日~5月20日)

横浜スタジアムで行われたプロ野球ドラフト会議パブリックビューイングの様子は?

横浜都橋商店街の「説教バー」に再訪! メッタ斬りされるのは誰!?

はまれぽ三面記事vol.21 『かに道楽のリフレッシュ休暇』

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2011年12月19日~12月25日)

新着記事