検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

台湾料理の代表格の魯肉飯。中華街などでは角煮や煮卵がのっているものが多いけど、台湾では肉が細かく刻んであり肉のみのものが多かった。本場台湾の魯肉飯を出すお店ってあるの?(rin_kaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

本場台湾の味が楽しめる「錢爺(ぜにや)」「青葉新館」「五味香(うみしゃん)」でそれぞれ個性が際立った魯肉飯(ルーローハン)をいただく

  • LINE
  • はてな

2014年07月20日

ライター:クドー・シュンサク

ルーローではなくバーソーと呼ぶ「五味香(うみしゃん)」

魯肉飯行脚3日目。待ち合わせの編集部から少し肩を落とし気味で出てきたメガネくん。それでも「お腹空いたね」と声をかけると「空きましたぁ~」と、またオネエライクな語り。
大丈夫かな。大丈夫だよな。
 


JR関内駅から徒歩5分ほどの「五味香」
 

おじゃまします

 
店内が、今までの2軒とはまた違う良い雰囲気。
 


いいかんじです

 
笑顔で恰幅のいい店主の方と話をしつつ、さっそく魯肉飯を注文といきたいところだったが「ルーローハンじゃなくて、名前ね、バーソーハンって言うです」とのこと。
 


店主の張(ちょう)さんいわく「同じだけど、北と南で名前違うね」という

 
五味香は台湾料理の中でも南の台南地域の料理を提供する。よって、魯肉飯も台南地域の呼び名である肉操飯(バーソーハン)としてメニューに載せているとのこと。
その、肉操飯の前に1品の料理が運ばれてきた。
 


五味香の人気メニュー、揚げとりの辛いタレかけ(760円)

 
油淋鶏(ユーリンチー)のようで、まったく違う。タレはそこまで甘くなく酸っぱ辛い。ぱっりぱりに揚がった皮と、ふっくら肉汁あふれるもも肉がタレと相まり、最高。うまいです。
 


20代のころ軍隊の将軍様の料理人をしていたという張さん
 

そんな張さん自慢の肉操飯(バーソーハン、450円)
 

いただきます

 
甘さとコクと香りがやさしい、そして奥深い味とごろごろと粗みじんの食感がいい豚肉。決して物足りなくはないあっさりとした味わい。八角は一切使わず、調味料と素材の香りでいただく肉操飯。肉じゃがのような日本食に近い甘さと味わいはごはんと最高。
 


うまいっす

 
台南の肉操飯は脂を取り除きうまみだけを凝縮する調理法で作るとのこと。なのであっさりと何杯でもいける仕上がりになっているという。確かに、おかわりぜんぜんいけそう。
 


猪足麺線(ジュージャオミェンシェン、888円)
 

豚足入ってます
 

名物あげチャーシュー(820円)もいただく

 
こってりとろとろに煮込まれた豚足の入った白濁スープのそうめん、猪足麺線(ジュージャオミェンシェン)。沖縄料理のテビチ(豚足)そばに近い味わい。甘辛い煮豚足とあっさり白濁のスープとそうめんは相性抜群。レタスもいい脇役。あげチャーシューは醤油や紹興酒といった調味料に漬け込んだチャーシューにシナモンなどの粉をまぶして揚げた一品。お菓子のような、それでいて酒のつまみにも良さそうな不思議な味わい。クセになるかんじです。
 


著名人をはじめ、各方面にファンが多い五味香

 
20年前、35歳の時に五味香を開店した張さん。中学生の時から夜な夜な修行をし、数年後には将軍に仕える料理人に。「台湾の美味しい料理、もっとみんなに食べてほしいですね。肉操飯は自信ありです!(笑)」とのこと。

どの料理も美味しく、印象深い味でした。
 


ごちそうさまでした




取材を終えて

細かく刻んだ肉メインの魯肉飯。3軒ともその括りの中で、個性がはっきり分かれた味が印象的だった。あまり知られていなかったのかはさておき、魯肉飯の奥深さを垣間見ることができた3日間であった。


―終わり―


店舗情報
錢爺(ぜにや)
住所/神奈川県横浜市南区真金町2-18
電話/045-252-6211
営業時間/11:00~21:00
定休日/無休

青葉新館
住所/神奈川県横浜市中区山下町97
電話/045-663-3770
営業時間/
月~木、日曜 11:30~22:00
金・土曜 11:30~23:00
定休日/月曜日

五味香(うみしゃん)
住所/神奈川県横浜市中区弁天通4-67-1
電話/045-212-4559
営業時間/11:30~14:00、17:00~25:00
定休日/なし
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 錢爺うまい!

  • どれも美味そうで食べたくなる

  • 3店舗とも行ったことがあります。「青葉新館」さんは親子3世代で行ってます。薬膳料理もあり、どれも美味しいですよ!お姉さんが本当に優しくて、しばらく行かなくてもずっと覚えていてくれます。「ぜにや」さんは、ランチに行ってます。どれも美味しいですね。「うみしゃん」さんは何でも教えてくれる優しい店主です。台湾ドラマがよく映っています。台湾旅行に来たような感覚になります。

もっと見る

おすすめ記事

鎌倉にいるタイワンリスは捕獲処分されているの?

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

横浜市内で個性的なサンマーメンが食べられるお店を教えて!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

「ミルク麺」があるという幻の台湾料理店に突撃!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

財布に優しくて家庭的? 曙町の「インスタントバー」ってどんなお店?

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

こんな記事も読まれてます

成人記念の初bar、まず頼むなら何?

中華街の大声を出してオーダーする「パクチー専門店」とは?

センター北にあるキャッツカフェ名物「アンビリーバブル」は完食できるのか!?

横浜駅に15年ぶりに開店!濱そば、初日の様子は?

【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!

港北区岸根町の住宅街にある「完全に民家な中華料理店」ってどんなとこ?

口からはみ出るほど巨大サイズのシューマイを出す中華料理店が白楽にあるってホント?

財布に優しくて家庭的? 曙町の「インスタントバー」ってどんなお店?

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

頭金10万円で中古マンションが買える!? 常識を打ち破る独自のシステムとは?

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング