検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横須賀スタジアムで開催! 横浜DeNAベイスターズ「ファンフェスティバル2019」をレポート

横須賀スタジアムで開催! 横浜DeNAベイスターズ「ファンフェスティバル2019」をレポート

ココがキニナル!

横須賀スタジアムで開催された横浜DeNAベイスターズの「ファンフェスティバル2019」はどんな感じ?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

OB・投手・野手によるトークショーやファンが参加して選手と触れ合える企画など、普段では味わえない距離感で選手と交流を持てるイベント。今年は荒波選手の引退セレモニーが行われた

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

ラストのトークショーは野手陣集結!



さて、メイン会場のステージではトークショーがもう一つ。
投手陣のトークがあった後は、「CAPTAIN TSUTSUGOH(キャプテン ツツゴウ)」と銘打たれた野手陣のトークショーだ。

 

筒香キャプテンを中心に、今度は野手陣が集結
 

参加したのは、キャプテン・筒香嘉智(つつごう・よしとも)選手、梶谷隆幸(かじたに・たかゆき)選手、石川雄洋(いしかわ・たけひろ)選手、大和(やまと)選手、柴田竜拓(しばた・たつひろ)選手、乙坂智(おとさか・とも)選手、佐野恵太(さの・けいた)選手、宮﨑敏郎(みやざき・としろう)選手の8人。

こちらではサヨナラゲームや記録達成試合などの名場面を中心に、今季を振り返りながらのおしゃべり。
石川選手の1000本安打達成や筒香選手の200本塁打など、印象に残った名場面のVTRが流れ、選手もファンもシーズンを思い出しながらのトークショーとなった。

 

初代キャプテンと二代目キャプテン。高校も同じ
 

DeNAベイスターズの二代目キャプテンとなった筒香が、初代キャプテンであり、横浜高校の先輩でもある石川に相談に乗ってもらっていたエピソードなども披露され、ファンは興味津々で聞き入っていた。

サヨナラ勝ちのシーンのベンチやスタンドの映像を見て、誰が殊勲打を打ったか当てるクイズも開催。
佐野選手は、3塁ランナーだった大和選手がホームインして勝利した映像を見たのに、「大和さんの(サヨナラ打)じゃないですか?」と珍解答。しかも、正解は佐野選手自身のサヨナラタイムリーだったとあって会場は爆笑、ステージ上の選手たちは苦笑いという天然ボケ炸裂のシーンも演出していた。

 

佐野はdianaのステージにもサプライズ出演し、会場を沸かせた
 

ショーのラストでは、石川選手が「来年は筒香くんがいなくなっちゃうかもしれないけど」と何となくみんなが避けていた話題に切り込みながら、「みんなで力を合わせて頑張ります」と締めくくってくれた。



最後の荒波SHOW



いよいよ辺りも暗くなりはじめ、楽しかったファンフェスもおしまいへと近づいていく。
でも、今年のファンフェスでは閉会式の前にもう一つ、ファンにお知らせすることが残っていた。

 

横浜で8年、メキシコで1年プレーした荒波翔(あらなみ・しょう)、引退の日
 

2011(平成23)年から2018(平成30)年までベイスターズで活躍し、今季のメキシコでのプレーを経て引退を決断した荒波翔さんの引退セレモニーだ。

スーツ姿で登場した荒波さんは、ファンや球団に感謝を述べ、「地元横浜でプロ野球選手になれたことがうれしかった」と声を詰まらせながらスピーチした。
自らの経験を踏まえ「ここにいる人、特に子どもたちには夢や目標を持ってほしい」とも話し、「またDeNAベイスターズのユニホームを着られたら幸せだと思います」とスピーチを締めくくった。

 

スピーチ中、涙をこらえきれない場面も
 

自然発生的にスタンドから巻き起こった荒波さんの応援歌の中、高校の後輩でもある石川、筒香の両選手から花束を受け取った荒波さんは、背番号4のユニホームをまとい、登場曲だったケツメイシの『カーニバル』に乗って場内を一周した。

 

横浜高校トリオ。荒波と石川は1学年違いだ
 

歓声を浴びて疾風のごとく翔(はばた)いた荒波
 

最後はチームメイト全員で胴上げが行われ、荒波さんの現役生活にピリオドが打たれた。

これにてすべてのプログラムが終了となり、ファイナルセレモニーへ。
選手会長の石田投手、キャプテンの筒香選手が挨拶をした。

 

 

あっという間に終わりの時間。最後は2人がマイクを取った
 

筒香は、ポスティングシステムを使ってメジャーリーグに挑戦することを改めて報告。「10年間、横浜でプレーできたことがうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです」と謝辞を述べたのに続き、「来年は先輩、後輩が必ずみなさんとともに、よろこび合える成績を残してくれる。僕も遠くから、愛する横浜DeNAベイスターズを応援します」とチームへの愛情をにじませた。



取材を終えて



これでとうとう2019年シーズンが終わったという感じ。
残念ながらリーグ制覇も日本一もならなかったが、来年に楽しみが残ったと考えるのがいいだろう。
チームの顔であり続けた筒香選手が抜けて迎えることになるであろう2020年シーズンは、間違いなくDeNAベイスターズの新たな一歩になる。

 

 

 

記事の構成上、dianaの写真が少なかったので最後に補填
 

でも、まぁ、そういう話はひとまず置いておいて、ファンフェスティバルの余韻に浸っておこう。
ファンフェスに参加できなかった人は、来季、チャンピオンチームとして迎えるはずのファンフェスにご期待を。


-終わり-
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • >田中 大輔さん..この記事とは関係無いですが「「ビールづくり体験教室」のビールは本当においしくできるの? ~ビールづくり編~」の続きはどうなりましたか?あと「ご興味のある方、いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。」と書いてありますが、連絡方法が載ってないんですけど?w「家系甲子園」といい、はまれぽ編集部には記事企画を途中で放り出す方が結構居ますねw反論が有ればどうぞ。

  • 行きたかったけども、楽しいイベントとで良かったです。

おすすめ記事

元ベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-秦裕二さん-

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

ラミレス監督の通訳・丸山剛史さんの仕事に迫る!

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

横浜DeNAベイスターズ、CS初戦の様子をレポート!

神奈川県で2年連続解体工事件数ナンバーワン!ユニークなマスコットキャラも魅力の横浜総合建設株式会社

  • PR

横浜DeNAベイスターズの2020年度の新入団選手発表!

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜銘菓ハーバーを販売するありあけが「東京スカイハーバー」を発売した理由は?

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2012年11月20日~11月26日)

お金がない!でもハロウィンに参加したい!100均メイクだけでゾンビになってみた

鶴見の沖縄度合いはどれくらい?

怪獣酒場の怪獣たちが川崎競馬場をジャック!? 11月20日に行われたイベント「怪獣酒場の競馬場侵略作戦!!」をレポート!

【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?

言われてみれば、キニナル!横浜ベイクォーターの「クォーター」ってどんな意味!?

「横濱 JAZZ PROMENADE 2011」初日の様子は?

新着記事