検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

鶴見に自由の女神が立っているって本当?

ココがキニナル!

鶴見区に自由の女神が立っているという噂を聞いたのですが、どうやら本当にあるみたいです。でも何故、鶴見に自由の女神が?調べてきて下さい。(ryoryoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

土地の所有者である先代オーナーの「みんなが自由に恋愛をし、幸せになれるよう」という思いを込めて建てられたものだった!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

鶴見を見守る? 自由の女神を発見



鶴見区に「自由の女神」が立っているらしい。

インターネットで検索してみたところ、どうやら以前掲載した「鶴見にあるラーメン屋は30歳以上がセーラー服でいくと無料になるってホント?」でもお馴染みの京急線鶴見市場駅の近くにあるらしいとの情報が!

そこで、さっそく現地に出向いてみた。
 


京急鶴見市場駅からほど近い場所に「自由の女神」が立っているらしい


本当に自由の女神はあるんだろうか?

半信半疑で駅を降り、商店街を抜けて国道15号線にぶつかったところ・・・
 


もしかしてあれか!?


なにやら「自由の女神」らしきものが遠くに見える。

まさかこんなに早く出会えるとは…少々躊躇しながらも、建物に近づいていくと・・・
 


本当に自由の女神があった!



「自由の女神」が立つ建物は「ホテルニューヨーク」というブティックホテル。

しかしなんだかちょっと違和感。頭をひねりながら考えてみたところ・・・そうか!自由の女神が正面ではなく、斜め方向を向いているのだ。
 


ちょっぴりひねくれモノの「自由の女神」


「ホテルニューヨーク」は15号線からわずか100メートルほどのところに位置。
人通りも多く、周囲をウロウロするのも怪しいので、早速ホテル内に潜入してみた。



開放的なブティックホテル



自動ドアを開けると、目に飛び込んできたのは、まるでビジネスホテルのような広いロビー。ブティックホテルに対しては秘密的なイメージがあったが、解放的な雰囲気に驚く。

そんな空気感に圧倒されつつ、本題の「自由の女神」についてオーナーへ話を伺った。
 


開放的なホテルのロビー
 

ロビーにはすわり心地のよいソファーも


同ホテルはオーナーの父である先代が、もともと所有していた土地へ今から約30年前に建てたんだそう。自由の女神は建設当初からアイデアとしてあり、「みんなが自由に恋愛をし、幸せになれるよう」という思いが込められているとのこと。ホテルの名称も本場の「自由の女神」のあるニューヨークからとったようだ。

そんな自由の女神像の高さは約15メートル(重さは不明)で、女神のタイマツや冠部分などにLEDライトを導入してるんだとか。また、像はしっかりとワイヤーとボルトで固定され、今まで落下したことは無いとのこと。

斜めを向いている理由は、本場の「自由の女神」像がいるニューヨークの方角に向けているからなんだそうだ。
 


LEDライトを搭載したちょっぴり最先端の「自由の女神」像


ちなみに自由の女神を建てた当時、『何で(ホテルに)自由の女神なんだ!』とアメリカ人に文句を言われたことがあったんだとか。



街の人々の反応は?



「自由の女神」像が建てられた経緯はわかった。では街の人々はこの像についてどう思っているのか?

再び商店街に戻り、道行く人へ率直に話を伺ったところ、「遠くから見るとキレイ」「街のシンボルみたいでいいんじゃない?」などの意見が大半を占め、評判は悪くないようだ。
 


夜だと白く輝き、昼間と比べて更に目立つ「自由の女神」


鶴見のブティックホテル屋上に君臨するちょっぴり最先端技術を搭載した「自由の女神」。

先代オーナーの願いである「みんなが自由に恋愛をし、幸せになれるよう」という想いを継ぎ、今日もニューヨークの方角を向き、街の守り神のような存在として人々の自由と愛を見守っている。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ゴム通りの入り口に立っている、という重要な情報が抜けていると思います。

  • ラブホ好きですねぇ…

  • ラブホというオチは容易に想像できたよ。

おすすめ記事

鶴見の沖縄度合いはどれくらい?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

国道1号線を「ニコク」というのはなぜ?

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

Fit’s LINKガムの味は本当に40分持つのか?

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

【編集部厳選!】ダメと言われたら、なおさら見たくなる! 普段は入れない(!?)「禁止スポット」特集!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

こんな記事も読まれてます

都筑区の佐江戸町の名前は、江戸と関係ある?

伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!

ご当地ヒーロー「横浜見聞伝スター☆ジャン」って何者?

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2014年1月14日~1月20日)

横浜の山奥にある思金(おもいかね)神社の種類豊富な御朱印を調査!

かつて田んぼだらけだったころの新横浜について教えて!

19年ぶりの日本一へ! 日産自動車と横浜DeNAベイスターズが強力タッグを結成!

Fit’s LINKガムの味は本当に40分持つのか?

新着記事