ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内にある「大盛り」や「激辛」などのチャレンジメニューのあるお店を特集してください。(かにさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

鎌倉野菜も入った「bond」の鉄鍋ナポリタンは約8人前! タイムアタック20分でチャレンジ失敗!

ライター:はまれぽ編集部 (2016年05月05日)

日も暮れだした4月下旬某日。今日の夜は何を食べようかなと仕事中に考えていた編集部新人・関本。編集部にて「おなか空いたなぁ」と独り言をこぼしたところ、山岸副編集長から「イセザキ・モールのbond(ボンド)って店のナポリタンが美味しいって知人から聞いたよ。行ってくれば?」と聞き、気分は完全にナポリンタンに。
 
「じゃあ、今日はbondのナポリタンにします!」と意気揚々とお店へ向かった。そう、私はまだ疑いを知らない新人だった。

 

 入社当初の体重は93kg、好きな食べ物は炭水化物

 
「bond」はJR関内駅から徒歩3分。老舗「不二家 横浜センター店」の並びにある。

 

 店舗は2階。オシャレな外観
 

 テンションが上がって笑顔

 
途中で偶然出会ったなぜかタンクトップ姿の「なかやまにんに君(編集部・小島)」とともにいよいよ店内へ。

 

 こんばんはー!

 
店内に入るやいなや、にんに君が「じゃあ、ジャンケンしようか!」と提案してきた。趣旨を確認もせず、もしかしてジャンケンに勝ったらナポリタン奢ってくれるのかな? なんて考えつつ、ジャンケンに乗る関本。

 

 最初はグー、ジャンケン・・・
 

 ポン!
 

 やったー! よく分からないけど勝ちました!

 
なぜか全然悔しがらないにんに君、「仕方がないから特別なメニューは譲るよ」とのこと。特別なメニュー? 初めて聞くが一体何のことだ・・・? きょろきょろと店内を見渡すと謎のポスターを見つけてしまった。

 

 力強く「挑戦者求む!」
 

 実は入口横にも貼ってあったが気付かず

 
そう、「bond」ではチャレンジメニューとして、約8人前、超大盛りの「鉄鍋ナポリタン」を提供している。新人関本はようやく本日の趣旨を理解した。今回はこれに挑めということだ。


 
チャレンジメニューを用意する「bond」って?
 
写真からして過酷そうな鉄鍋ナポリタンはなぜ作られたのか? クリアした人はいるのだろうか? キニナル点はいっぱいあるので聞いてみた。

 

 お茶目な立川さん

 
「3月末からチャレンジメニューを始めたんですが、いままで男性5、6人が挑戦して誰もクリアしていないですね」と、話してくれたのは店長の立川裕馬(たちかわ・ゆうま)さん。

「ほかのお店ではやっていないことをやりたかったんです。社長から“常に笑いを考えろ”と言われいるんですよ。だからこの店で笑顔になってもらえるような楽しい、面白いことがないかなと考えていたところ、この企画を思いつきました」

 

 写真1枚にも笑いを求める西尾社長

 
社長の西尾繁人(にしお・はやと)さんは「bondは“ボンド”、人と人とを繋げる接着剤として人の輪を繋げて大きくしていく場所なんです」と話してくれた。人と人をボンドのように繋げる一つのきっかけとして“笑い”を大切にしているそうだ。

 

 大人の雰囲気ただようカウンター席
 

 座席間の余裕があり、くつろげる店内

 
「bond」は2005(平成17)年4月29日にオープンし、今年で11年目。楽器を持ち込んだパーティーにも対応可能で、そのフリーダムさを魅力に感じ、長く通う常連も多いとか。

 

 おいしそうな通常サイズの「究極のナポリタン」
 

 仕入れ先の農園もお知らせ

 
通常メニューでは生パスタで、具材には鎌倉野菜を使用するなど随所でこだわりを感じる。また小麦や大麦などの麦類に含まれている「グルテン」を使用しない「玄米グルテンフリーパスタ」にもプラス400円で変更が可能で、グルテンアレルギーがある方やダイエットをしたい方にもうれしい。

 

 グルテンフリーパスタは女性に人気とか

 
ドリンクも豊富に取りそろえており、自然派・低農薬ワインやパスペールエールやシンハーなど世界のビールも楽しめ、毎年5月ごろから3階の屋上でビアガーデンも開かれる。

 

 立川さんオススメは自家製モヒートとテキーラ
 

 笑顔に癒されるスタッフの栗原さん(通称・くりちゃん)

 
ちなみにスタッフの皆さんが着ている「bondTシャツ」は2500円で購入可能。このTシャツを着て来店すると、そのグループの全員に「乾杯ドリンク」を1杯サービスしてくれる。

 

 乾杯ドリンクは何度でもOKなサービスなので着てくる方も多い
 

 bond無料会員になると500円で1時間生ハム盛り放題!

 
お話を伺って普通に1杯飲みたくなってきたが、立川さんの「そろそろできますよ」の声で待ち構えているチャレンジを思い出す。そうだ、今日の私はチャレンジャーだった。


 
いよいよアレがやってくる
 
完成間際、特別にキッチンを見させていただいた。ドキドキしながらキッチンへの扉を開くと、目の前に巨大な鉄鍋が置かれている。

 

 皿の代わりに使用する鉄鍋
 

 左のフライパンが通常サイズ用、大鍋が鉄鍋ナポリタン用のソースと具材

 
最初に約8人前と聞き、正直ちょっと舐めていた。約8人前、乾麺800グラムは茹で上がりだとおよそ1600グラム。今までのチャレンジメニューと比べて重量は少なく感じる。また関本は1食に2人前は余裕で食べるし、飲んだ後に味奈登庵で富士山盛りをペロリとイケるそれなりの大食いだ。しかもこの日はタイミングを逸して昼食抜き。空腹状態なら8人前ぐらい余裕だろうと構えていたが、出来上がり前のこの時点でひるんでしまった。

キッチンからフロアに戻り、無口になった関本。ガタン、とキッチンの扉が開く音がして振り返る・・・。

 

 なんだアレは
 

 おいおい・・・
 

 マジか・・・(右が通常サイズ、1280円)

 
ジャンケンに勝ったせいで、とんでもないチャレンジをすることになった。負ければよかったのか? いや、負けてもチャレンジすることになっていた気がする。

 

 持ってきてくださったのは凄腕シェフの渡辺さん


 近くで見るとおいしそうなナポリタンだが
 

 離れてみると威圧感のあるサイズ

 
立川さんが「チャレンジした皆さん、最初は完食する気満々なんですが、10分したら動きが止まるんですよ。10分の壁がありますね」と不敵な笑みを浮かべている。サイズに及び腰だが、ここまで言われたら腹を決めるしかない。いざ、チャレンジ!

 

いよいよ対決! キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事