ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    相生町で非日常のお店が有りましたが、どうやら、3月にも和風lounge絲ってbarが出来たらしく気になります。女性一人でも、エロ無しって事で安心らしいです。和風って所も気になります。是非、調査お願いし...

    月明かりさん

    既にコビン・ケスナーさんからもありましたが、ウルトラセブンのモロボシダン役、森次晃嗣さんが経営するお店が藤沢市鵠沼にあります。名物料理はモロボシダンのハヤシライスだとか。また、ウルトラセブングッズも販...

    ナチュラルマンさん

    大磯町は照が崎海岸の岩場にアオバトがわざわざ丹沢やNHKの生きもの番組『ダーウインが来た』では遥々奥多摩からアオバトが海水を飲みにやって来るとか…アオバトが海水を飲みに岩場にやって来るのは他地域でも観...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
ロボットにかける青春! 「学生ロボコン」の横浜代表チームに突撃!
11位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
12位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
13位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
14位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
15位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
16位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
17位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
18位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
19位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
20位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
25位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
26位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
27位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
28位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
29位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

ホテルニューグランドのバー「シーガーディアンⅡ(ツウ)」。チーフバーテンダーの太田圭介さんと、バー初心者の筆者が毎週1杯のカクテルをとおして、「バー」という場所のたしなみ方を考えます

ライター:はまれぽ編集部 (2017年07月27日)

 


今夜のカクテル:ダイキリ

 
ラムをベースに、レモンジュースとシロップを入れてシェイクするダイキリ。ラムが有名なキューバの鉱山「ダイキリ」が名前の由来で、技師として働いていたアメリカ人たちがラムをレモンジュースで薄めて飲んでいたのがはじまりとされる。

「僕の中でおいしいカクテルの条件は、ベースのお酒がしっかりしていて、甘みと酸味のバランスがシェイカーの中で調和し、まとまっていること。ダイキリは、まさにその三位一体が表現できるカクテルですね」と、「シーガーディアンⅡ」のチーフバーテンダー、太田圭介(おおた・けいすけ)さんはいう。
 
 
 
チーフバーテンダー・太田さんの歩み

バー初心者の筆者に、毎度いろいろなことを手取り足取り教えてくれる太田さん。今回は、そのバーテンダー人生に迫ってみたい。太田さん、バーテンダーになった経緯を教えてください!

「学生のころ、カクテルブック(写真付きのカクテルのレシピ本)で見かけたカクテルの美しさに魅了されたんです。バーテンダーになることを決めました」

奥深きカクテルの世界のトリコになった太田青年は、そのカクテルブックでまずはカクテルの勉強を始める。その中で運命的な“あること”に気付いた。

「どんな本にもほとんど、ホテルニューグランドの名前が出てくるんですよ。あ、ニューグランドのバーってすごいところなんだって」
 


使い込まれたあとの残るカクテルブック

 
そうして「シーガーディアンⅡ」のバーテンダーになることを志し、高校卒業後、ホテルの専門学校を経て、念願だったホテルニューグランドへの入社を果たす。
しかし、憧れの場所で配属されたのは「シーガーディアンⅡ」ではなく、フレンチレストラン「ル・ノルマンディ」。太田さんがバーテンダーとして「シーガーディアンⅡ」のカウンターに立ったのは、その7年後だった。

7年。夢を追いかけ期待でいっぱいの若者にとって、じっと待つには長すぎる時間ではないだろうか。心が折れかけた太田さんは、当時のチーフバーテンダー、故・宮本友春(みやもと・ともはる)さんに自身の希望がなかなかとおらない、もどかしい思いをぶつけた。

「『太田君、ニューグランドのバーは君が憧れたところだよね? 20代の若造がカウンターにいても、お客さんは喜ばない。バーテンダー人生は長いから、もっと研鑽を積んでからだって遅くないよ。今は与えられたところで努力しながらチャンスを狙って、夢をあきらめないでやってなさい』っていわれたんです。その言葉があったから7年待てたのかもしれない」と振り返る。

フレンチで働きながら、バーテンダーの資格を取得するなどバーについて勉強を重ね、夢をかなえた。その7年間は無駄ではなかったという。

「バーテンダーにとって、無駄なことってないんですよ。全部お客さんとの会話につながるので。会話の引き出しの多さがお客さんをもてなす力にもなります」

「バーテンダーにとって一番大事なのはカクテルメイキングじゃなくて、絶対的に“人間力”なんです。5年修行すれば人並みにおいしいと思っていただけるカクテルの製作技術は身に付きます。だけど、人間を磨くにはそれじゃ全然時間が足りない。会いたいなって思わせるバーテンダーになる必要があるんです」
 
 
 
キリリと冷えた「ダイキリ」は

『なにかバーテンダーさんの得意なカクテルを』。そんな注文を受けたとき、太田さんは今夜のカクテル、ダイキリを作るのだという。
「ダイキリは、シェイカーに霜が付くくらいハードシェイクで仕上げます。しっかり上手にシェイクすることで、ラム、レモンジュース、シロップのバランスがとれるんです」
 


霜がびっしり。これが難しく、なかなかできないのだとか
 

真っ白なダイキリ。表面は凍りシャラシャラしている

 
ぐいっとグラスを傾けると、目の覚めるような冷たさとともにラムが香り、甘みと酸味が口の中でふわっと爽やかに広がる。これが太田さんのいう“三位一体”か。

取材当日、「きょうは車でいらしてないですよね? ダイキリは絶対に飲んでいってね」と声をかけてくれた太田さん。その一言からもダイキリにかける思いがうかがえる。

見識が広く、バーに限らずいろいろなことを教えてくれる太田さんだが、いつもこちらの言葉にも耳を傾けてくれる。お話しているととてもリラックスでき、一瞬取材を忘れてしまうほど楽しい。でも同時に、なんだか背筋が伸びる思いがするのだ。

太田さんにとって思い入れのあるカクテルだというダイキリを味わいながら、それは、果てしない努力と鍛錬の末に今、「シーガーディアンⅡ」のカウンターに立っている太田さんの前で、恥じない自分でありたいという緊張なのではないかと思った。

まだまだ底の見えないバーとバーテンダーの世界。これからも、おいしいカクテルとともにその魅力に迫っていきたいと、襟を正した夜でした。


次回は~「ヨコハマ」とストーリー~をお届けします。
 
―終わり―
 
 

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 129 面白くなかった 9


【関連記事】

今夜、ハマのバーにて。 vol.2~「ジントニック」とイロハ

今夜、ハマのバーにて。 vol.1〜「マティーニ」と初心者

伝統あるバー「シーガーディアン」の今と昔を徹底レポート!