ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

    日曜日のNHKの『小さな旅』で大岡川が特集されていました。大岡川の桜で染めた着物や帯を作っている着物屋さんが紹介されていました。かなりこだわったお店だそうです。呉服店には中々入りにくいので、ぜひ変わり...

    あらたたけるさん

    2018年4月21日、1900年生まれの鹿児島県喜界島の田島ナビさん(117)が亡くなり、1901年(20世紀初年)生まれの横浜市西区在住・都千代さん(116)が国内最高齢(おそらく世界最高齢)となり...

    幸人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

釜利谷西小学校と、西金沢中学校が9年生の学校のモデルとして一体化しているそうです。どんなメリットやデメリットがあるのか取材をお願いします!(tatsuyaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

メリットのひとつは、「中一ギャップ」と呼ばれる急激な環境変化にワンクッションを挟むことができること。デメリットは、人間関係の固定化か。

ライター:河野 哲弥 (2013年05月21日)

生徒と学校のメリットは

ここで小中一貫校のメリットを伺った。
両先生によれば、最大で8年上の年長者と一緒に活動する機会があるためか、「被災地支援をやってみたい」など、大人顔負けの相談をしにくる小学生も増えてきているのだとか。こうした、小学生のうちから専門性の高い内容に関心を持てるようになったことも、「小中一貫教育」のメリットといえるだろう。
 


場合によっては、幼稚園や高校との連携も(同校資料より)


そのほか、避難訓練などでも、上級生がよりリーターシップを発揮するようになってきたのだとか。海老名副校長は、同校の児童生徒について「非常に学習に前向きな子が多いです」と話す。
やはり、9年間の「学びの連続性」を意識して、カリキュラム作りを進めている成果だろうか。
 


9年間を見据えたカリキュラム、英語科の一例


「小中一貫教育」は、学校側にも利点がある。西金沢中学校では10年ほど前、1学年の生徒数が10人を割ってしまったことがあったそうだ。住宅地の世代構成の変化により児童生徒数が激減したことに加え、部活動の選択肢が狭まることなどを考慮して、近隣の公立中学校や私学への進学指向も高まったことなどが影響したようだ。
 


閑静な住宅街の中に建つ同校、戸建住宅に囲まれている


ところが「小中一貫教育」実施後は、小中学校のなめらかな接続によって児童の学習意欲や公立中学校への信頼感が高まっており、進学する児童の割合が上昇している。

また、9年間という長期間を生かした独自性を打ち出すことも可能だ。海外からの帰国子女なども珍しくないという同校では、特に英語活動を充実させている。
 


オーストラリアにある「メイフィールド校」との交流の様子
 

左から、言わザル・見ザル・聞かザルならぬ「三コアラ」


オーストラリアとの交流が始まった立役者は、実は、金沢動物園のコアラらしい。コアラがきっかけとなって、オーストラリアへの関心が高まり、地域の皆さんのご尽力から児童のホームステイなど、相互交流が可能となったようだ。現在は、文部科学省から教育課程特例校の指定を受け、外国語活動のカリキュラムも独自の工夫を重ねている。

そんな同校が掲げる小中一貫教育の目標は、「世界を見つめ、共に生きる中で、自らの生き方を創り出す力を育てます」となっている。



一方、.生徒と学校のデメリットは?

では、デメリットはあるのだろうか。

 
話を伺ったところ、子どもたちの中の固定的な人間関係などが、9年間そのまま続いてしまう可能性があるとのこと。しかし、ネガティブな方向に向かわないよう、じっくりケアしていくとも話されていた。

また、現在両校は直線距離にして約120メートル離れているため、連絡などがタイムリーに行えないことがあるという。しかし将来的な校舎一体化も視野に入れながら、小学校と中学校の日課表を調整するなど、さらに小中の協力体制がとりやすい環境を模索しているようである。

  


それぞれの位置関係 (同校資料より)





さまざまな世代や異文化の中で、自分を見つける9年間

今回特に印象的だったのは、「震災地支援をやってみたい」という小学生がいたということ。普段から何気なく耳にする中学生たちの会話に、何かインスピレーションと衝動を感じたのだろう。

「小中一貫教育」には学習の効率という側面もあるが、こうした小中の垣根を越えた世代間の接点が生まれることも、重要な効果のひとつではないだろうか。


海外の子どもが描く絵にも、日本にはない世界感が見受けられる


加えて、海外との交流など、自分とは違った価値観の友達と過ごす時間が増えれば増えるほど、他人の立場を思いやることのできる子どもが育つと信じたい。長いようで短い9年間、2度と戻ってこない貴重な時間を、思う存分楽しんでほしい。


―終わり―
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 434 面白くなかった 57

おすすめ記事


MIさん2016年08月13日 07時51分
私立中学への進学率が低い地区でやるならまだしも、これを青葉区や港北区あたりの中学受験が盛んで教育熱心な地区でやったら大ブーイングでしょうね。
そう思う 10 そう思わなかった 11
ジャンボさん2015年11月23日 21時00分
小学生から中学生への階段は大変高いと思います。中学生になると、いきなり学生服を着て、先生からも自立という厳しい言葉があり、教科担任制という教育制度も変わり、子ども達にとっては大きく環境が変わってしまう。この変化に順応できない子供は数多く存在し、不登校が3倍にも跳ね上がってしまう。私は、小中一貫教育には大賛成です。
そう思う 23 そう思わなかった 41
モンモン太さん2014年07月15日 14時41分
フルイもなく小学校に入学させた人を高校進学で結果を出させるには相当カリキュラムに特異性がないと難しく感じる。進路で実績を出さないと父兄から途端にそっぽ向かれる。デメリットの人間関係構築だけが上手くいかない人物形成するといった負の遺産にならなければいいが。
そう思う 63 そう思わなかった 12