検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜市内の洋菓子店が販売している「よこはまおやつ」って何?

ココがキニナル!

新しい横浜土産? 「よこはまおやつ」って、いったいどんなもの? どこで買えるの? 味も含めてキニナル!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜産のハチミツと卵を材料に使い「横浜らしさ」を表現した洋菓子。港南区などの8店舗が製造販売し、売り上げの一部は地域貢献事業に活用する予定。

  • LINE
  • はてな

ライター:藤井 涼子

「よこはまおやつ」を実食!



続いて、よこはまおやつの販売の様子を取材に上大岡駅に向かった。
まずは、お話を伺った横尾さんのお店「横浜フランス菓子プチ・フルール」上大岡京急百貨店1階本店へ。
 


「昔ながらのマドレーヌ ハイカラ焼き(ハニー&レモン)」1個252円
 

店員の川口さん(左)と佐藤さん

 
よこはまおやつは、ほかの焼き菓子と一緒に買うお客さんが多いが、これだけを箱詰めで購入する人もいるとか。「食べごたえのある商品なので、焼き菓子の中でもよく売れています」とのこと。
取材当日も、「ハイカラ焼き(ハニー&レモン)」だけを10個買ったお客さんがいたそうだ。

そして、試食!
 


港南区の花「ひまわり」をイメージしたマドレーヌ
 

切った瞬間にふんわり甘い香りとレモンの香りが漂って、食欲を刺激する!
ひと口食べると、卵とバターをたっぷりと使った味わい。まさにマドレーヌの王道といった感じで、小さな子どもからお年寄りまで喜ばれる、定番のお菓子だ。

次は、上大岡駅の裏通りにある「ブルーヘブン」へ
 


こちらは2種類のよこはまおやつが販売されていた
 

箱詰め商品(10個入り2250円/5個入り1150円)もある


「大岡川の桜並木」1個210円(写真右)は、大岡川の桜をイメージしたバターケーキ。ケーキの上にピンク色の桜の花の塩漬けがのせられている。

「杉田の梅便り」1個210円(写真左)は、磯子区の木である梅にちなんだお菓子。クッキー生地の間に梅ジャムがサンドしてあり、さらに梅の実がトッピングされている。
 


シェフパティシエの藤森さん


よこはまおやつは、発売当初ほどの勢いはないが安定した売れ行きだそう。
大人向けに開発したという、梅入りのお菓子「杉田の梅便り」は意外にも若い人が多く買っていくそうだ。
 


「大岡川の桜並木」(左)には桜の花がのっていて、見た目もかわいい


「杉田の梅便り」からひと口いただいた。
一番下にはタルト生地、そこに梅ジャムが塗られ、その上にクッキー生地とスライスアーモンド、甘く煮た梅の実がのせられている。
甘酸っぱい梅ジャムと梅の実が、さっくりとしたクッキー生地によく合う! とても手の込んでいるお菓子だ。焼き菓子ではあるが、ひとつのケーキを食べたような満足感を得られる。

「大岡川の桜並木」もひと口。
とてもしっとりとしたバターケーキで、アーモンドパウダーとバターが香るリッチな味わいだ。
少し塩気のある桜の花が良いアクセントになっている。

続いて、栄区にある洋菓子店「シェツバキ」へ。
 


お店の前の立て看板によこはまおやつの案内が!
 

焼きドーナツ「横浜ハニージンジャー」1個210円


こちらも箱詰め商品5個入り1060円、10個入り2010円がある。

ドーナツに生姜が入っているとは珍しい。フランスではお菓子に生姜を使うことはよくあるそうだ。
この焼きドーナツも、スパイシーに香る生姜で異国情緒あふれる横浜を表現しているそう。
 


代表取締役の椿さん


シェツバキでは様々な味の焼きドーナツを販売していて、人気商品なのだそうだ。
よこはまおやつの「ハニージンジャー」もその中の一つとして売られている。また新たなよこはまおやつの開発依頼などがあればやっていきたい、と精力的だ。
 


手に持つと、とても柔らかい


ひと口食べると、甘い中にふわっと生姜の香りがする。大人の味わいだ。
ハチミツもたっぷり入っているようで、とてもしっとり。「ドーナツ」というよりは、パウンドケーキを食べているような感じであった。

今回は、3店のよこはまおやつを取材したが、ほかの5店のお菓子も横浜商工会議所のホームページで見ることができる。



取材を終えて



関西にある夫の実家に帰省する際は、毎回「横浜土産」を何にするか迷う。よこはまおやつのように、パッケージに「よこはま」と書いてあるお菓子は確かにお土産品として喜ばれそうだ。
今回試食したお菓子は、ハチミツと卵、という定番の材料を使っていながらも、パティシエのみなさんが加えた「横浜を感じられるテイスト」が予想以上にキラリと光っていて、それぞれ特徴のある魅力的なお菓子となっていた。個人的な感想として、今回試食したお菓子の中でまた買いたいと思うものナンバーワンは「杉田の梅便り」だった。


―終わり―

 
フランス菓子プチ・フルール上大岡京急百貨店1F本店
住所/横浜市港南区上大岡西1-6-1 京急百貨店1階
電話番号/045-848-7141
営業時間/10:00~22:00
定休日/不定休(上大岡京急百貨店に準ずる)

ブルーヘブン
住所/横浜市港南区上大岡西1-3-12
電話番号/045-842-6808
営業時間/10:00~20:00
定休日/火曜日

シェツバキ
住所/横浜市栄区小菅ヶ谷1-1-1
電話番号/045-894-8897
営業時間/10:00~20:00
定休日/月曜日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 個人的にはもっと既存のお菓子のアレンジではなく、もっとオリジナリティが欲しいですね。他の土地で似たようなものが食べられるというものではなく。横浜産のハチミツがどんな特徴があるのか知れわたっていなければ、それを使っても個人的にはよくわからない代物なんですよね。

おすすめ記事

横浜発祥!?「珈琲あんぱん」って何!?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

中華街で売っている一番高価な&ヘンなお土産って何?

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

ぎょらん工房が販売する「横浜明太子」。博多名物なのに、なぜ横浜なの?

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【横浜の家系ラーメン全店制覇への道~家系図を作ろう~】其の壱

昭和の風情を残した飲み屋街、横浜駅西口「狸小路」に突撃!

きょうはニンニクの日。ニンニクまみれ、桜木町の専門店に突撃!

【横浜市金沢区テイクアウトマップ】お持ち帰り情報募集中

【ニュース】聘珍樓横濱本店の月替わり「アンチエイジング薬膳」!

元町・中華街でパンケーキ戦争勃発!? 話題の新店舗に突撃!

あなたなら何品作れる!? 横浜産オンリーでおせち作りに挑戦!

ぎょらん工房が販売する「横浜明太子」。博多名物なのに、なぜ横浜なの?

新着記事