検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ? 「相鉄線沿線」編 

ココがキニナル!

横浜は洋食屋さんのイメージがあります。チェーン店ではなく、家族経営のアットホームな美味しい洋食屋さんを教えてください。(河童丸さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

上星川「グリル小竹」と鶴ヶ峰「ほわいとべあ~」にて、居心地の良い雰囲気でいただく絶品洋食ランチを紹介

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

親子で守る鶴ヶ峰「ほわいとべあ~」



相鉄線の洋食特集もう1軒は、鶴ヶ峰にあるハンバーグレストラン「ほわいとべあ~」。
鶴ヶ峰駅から歩いて1分、「ほわいとべあ~」の時代を感じる看板が見えた。
 


なんかいいかんじ
 

いいかんじ
 

いーかんじー

 
いい古さ。なぜシロクマかはわからないが、この雰囲気の古さ、いい。
 


「ほわいとべあ~」オーナーの長嶋昌弘さんとお話


31年前、オーナーの長嶋さんのお母さんが、ここのビルで切り盛りしていた八百屋さんを経営不振と諸々の理由で店をたたむことに。

そしてコックとしてホテルなどで活躍していた長嶋さんのために洋食店を開店するべく奔走。長嶋さんのお母さんのお父さんが所有するビルと賃貸契約をむすび、念願の親子で経営する洋食店と開店させた。
 


店名の由来について聞いてみた

 
すると長嶋さんのお母さんが「これは私知ってるよー。自分の顔がクマに似てるからベアーにしたらしいんだけど、それだけじゃさみしいからホワイトつけたんだって。なんだろうね(笑)」。
 


長嶋さんのお母さんはちゃきちゃきなトークが痛快です

 
店の権利問題やそういった類のことでずいぶんと親族の方から頭を悩まされたというお母さん。それでも息子さんが作るここでしか食べられない料理の数々を楽しみに来る常連さんとも家族のように接し、今日までなんとか経営が傾きそうな中でも頑張ってやってこれたと話してくれた。
 


こういうのも美味しそう

 
市内のホテルやワインレストランに勤めていて、さまざまなタイプの料理を学んだ長嶋さん。定番から変わり種まで様々なメニューがそろう「ほわいとべあ~」。こだわりのメニューを3品、作っていただくことに。
 


こちら人気のスープスパ

 
「じゅわあああっ」といい音だしてる鉄板からいい香り。まずは看板のハンバーグから運ばれてきた。
 


ハンバーグ目玉焼き添え(単品:1150円※ライスとスープのセットは+150円)

 
香ばしいデミグラスソースとひとくち噛むとスパイスがたっぷり香るハンバーグ。うまい、うまい。やわらかさの限界一歩手前のハンバーグ。ふわりとした食感とスパイスの絶妙な香りがたまらなくクセになる味。ガツンとうまい。そしてやわらかな味わい。今までに口にしたことがないアプローチの味わいとスパイスの演出。感服です。
 


続いて1番人気の焼きカレー(880円スープ付)
 

いただきます

 
カレーの独特なコクとスパイスの香り、チーズのまろやかさとひかえめなしょっぱさ、そして、ひと工夫してあるというご飯は調合した特製スパイスがかかる。
ひとくち食べると、その味の深さと瞬間のうまみを鮮明に感じる。カレーの美味さが基本なのだろうが、甘さというよりは深いコクとスパイスがピシっと効いた硬派なカレー。そこにまろやかなチーズが結局最高に合う。約1ヶ月間、毎日食べに来たお客さんもいるという。

最後は何年もの間、夏の名物として続く「ほわいとべあ~」自慢のパスタ料理。
 


冷やし中華スパゲッティ―(850円)

 
麺にはカッペリーニを使用。肝となるタレは醤油ベースにゴマを合わせたもの。通常ダシは鶏ガラを使用するが、麺が生麺のパスタということもあり、ダシにチキンのブイヨンを使用。一味違った奥深い味を演出。キュッとしまったカッペリーニは細いながらもモチリとした食感が残る。ブイヨンのスープでカッペリーニの麺でいただく冷やし中華。
初体験で、とんでもない発明の味に出会った。

驚いたのは、どの料理も定番でありながら、長嶋さんの料理に応じたひと工夫によって、どの料理も初めて口にするインパクトがあった。
オリジナリティ、こういうアプローチも素晴らしいと思いました。
 


ほわいとべあ~さん、ごちそうさまでした




取材を終えて



とにかく手作りで、お客さんが美味しいと思ってくれる料理を坦懐に作る。そんな今回の2軒の洋食店。
グリル小竹のハヤシライスとガーリックチキンソテーは、本当に素直に美味しい洋食の味でした。
ほわいとべあ~のハンバーグと焼きカレー、想像を少し超える新感覚な味わいは感服ものでした。あと、マスターはクマに似てました。


―終わり―

店舗情報
グリル小竹
住所/横浜市保土ケ谷区上星川1-1-3
電話/045-381-2445
営業時間/11:30~14:30、17:00~22:00
定休日/日曜

ほわいとべあ~
住所/横浜市旭区鶴ケ峰2-21-8 2F
電話/080-7000-3501
営業時間/10:30~22:00、土曜 ~21:00、祝日 ~20:30
定休日/日曜 ※イレギュラーで営業
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 以前食べに行った焼きカレーが食べたかったのですが閉店してました、残念です。

  • ダボスはいつもこれだね。神戸でも相手にされてないんだろうねw

  • 神戸はこういう個人経営の洋食屋はぎょうさんあるで。横浜人もハイカラ気取るならこういうお店は大事にしとけ。

もっと見る

おすすめ記事

パイプ?橋?鶴ヶ峰にかかる建造物の正体は!?

食わず嫌いじゃもったいない。「丼丸反町店」の500円海鮮丼が想像以上のコスパ!

  • PR

かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当?

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

中華街にある「金之餃子」が3ヶ月待ちって本当?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

こんな記事も読まれてます

本牧でサバサンド!? 三渓園近くの超ディープスポットに突撃!

【編集部厳選】1軒だけじゃ物足りない! 気ままに「ハシゴ酒」できるスポットを紹介!

お酒の「シメ」に!? 磯子区杉田の「(食)盛岡製パン」でコッペパン三昧

【編集部厳選】明日から家系ラーメン祭! でも、家系以外もおいしいよね!

【編集部厳選】2017ハマの師走! ベロべロ酔いで駆け抜けろ! 

横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編

ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!

【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!

新着記事