ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

    2017年12月から約半年クローズしていた県立川崎図書館が2018年5月15日に溝の口で再スタートするのですが、公式サイトによれば「日曜日休館」だそうです。社会人の方も学生さんも日曜日はお休みの方が多...

    ヤマダさん

    戸塚のヤギさんについて

    kodama_koさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

ふと思ったのですが「横浜橋」は、どういう橋でしょうか?検索してもヒットするのは「商店街」ばかりで「橋」自体はヒットしません。立派な橋なのか、それともショボい橋だったのか?(横濱マリーさん)

はまれぽ調査結果

横濱橋は1896(明治29)年に造られ、1927(昭和2)年に鉄の橋に掛け替え。1972(昭和47)年になくなった。派手ではないが生活に重要な橋

ライター:橘 アリー (2016年05月30日)

「横濱橋」の名残りは!?

現在の地図で「横濱橋」があった場所を確認すると・・・

 

赤丸の辺りが「横濱橋」があった場所※クリックして拡大
 

吉田川と新吉田川があったところは、現在、大通り公園となっている。「横濱橋」があった近辺は、路面に川のイメージが残されていた。

 

JR関内駅方面から見た様子
 

赤丸の辺りが「横濱橋」があった場所。
路面のタイルが川の流れのようなイメージになっている。

 

阪東橋側から見た様子
 

赤丸の辺りが「横濱橋」があった場所。
阪東橋側は、波のイメージのオブジェがあり、そこで休憩している人もいた。

そして、大通り公園の下、市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」改札前には・・・

 

「橋の詩」というレリーフがある
 

これは、川があった当時をしのぶ多くの市民の方々から「かつて運河に架かっていた橋名を保存してほしい」という声が寄せられ、それを受けて横浜市が地下通路に設置されたもの。

 

ひらがなで、「よこはまはし」の名前が記されている
 

最後に、「横濱橋」があったすぐ近くの「浜茂鮨(はましげずし)」でお話を伺った。

 

「浜茂鮨」
 

ご主人の高橋茂(たかはし・しげる)さん
 

お店は、1950(昭和25)年創業とのこと
 

高橋さんによると、「横濱橋」は、路面は平らではなく少し中央が盛り上がったような太鼓型(大きな傾斜ではない)をしていたそうだ。
橋の横には、当時も交番があり、その横には町内会館の建物があった。2つとも、少し川にせり出すように建っていたようである。

 

お店の2階から見た「横濱橋」があった場所赤丸箇所
 

横浜橋通商店街の入り口に、横浜橋が掛かっていた。
そこから、商店街に横浜橋通商店街という名前がつけられたという。

高橋さんは、子どものころ、この場所から「横濱橋」を眺めたそうだ。川沿いには飲食店の屋台が並び、川には船着き場があったという。

明治中ごろから昭和40年代ころにかけて、運河は人や物を運ぶ重要な輸送路であった。
運河の側面に緩やかな坂道(スロープ)のようになって作られた船着き場は、引き潮の際、水面から坂道が出てくるので、そこを自転車で走るなどし、子どもたちには楽しい遊び場となっていたそう。

 

1956(昭和31)年の明細地図※クリックして拡大
 

赤丸が「横濱橋」の場所になる。左側に交番と町内会館(建物名は弥生健民会館)、右側は飲食店の屋台がある。



取材を終えて

今回の調査で、「横濱橋」の名前の由来を調べることができなかったのが少し残念である。
個人的にも興味があるので、続けて調べてみたいと思う。

そしてもう一つ。

震災復興橋は親柱の基本的なデザインが、モダンなアール・デコ調となっていた。当時は技術者が不足していたため、実際にデザインしたのは東京芸術大学建築科の学生であるそう。

 

幾つかのデザインは記録として残されているが(『横濱震災復興誌』より)※クリックして拡大
 

「横濱橋」の親柱のデザインは記録として残されていないようで、残念。

 

だが、こちらが「横濱橋」の親柱(提供:横浜市史資料室)
 

「横濱橋」が少しでも心に残りますように。


―終わり―


参考文献
『横濱復興誌第二編』
『よこはまの橋・人・風土』
『川の町横浜』
 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 375 面白くなかった 4

おすすめ記事


にしくみんさん2016年06月01日 20時49分
「天国と地獄」のオープニングに写っていたのはこの辺りの橋でしょうか。横浜橋だけでなく、吉田新田とそこにある川とたくさんある橋の歴史が気になります。
そう思う 5 そう思わなかった 0
横濱マリーさん2016年05月31日 20時08分
キニナル!の投稿者です。伊勢佐木長者町駅に橋のレリーフ確かにありますね。何かのレリーフがあるのは気が付いていましたが、じっくりと見たことがなく、新たな発見でした!!初めて見る「横浜橋」の写真、ありがとうございました。これで謎が解けた訳ですが、新たなキニナル!が....日本橋というのもあったのですね!!どういう橋だったのかキニナリます。
そう思う 17 そう思わなかった 0
とーたすさん2016年05月31日 16時15分
>>浜っ子五代目さんもちろん阪東橋もありましたね。横浜橋と日本橋の間に。書き漏れかな。。
そう思う 13 そう思わなかった 0