検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

1杯300円の激安ラーメン! 茅ヶ崎駅前の「大龍」と金沢文庫の「大龍」は同じチェーン店?

1杯300円の激安ラーメン! 茅ヶ崎駅前の「大龍」と金沢文庫の「大龍」は同じチェーン店?

ココがキニナル!

茅ヶ崎駅前の「大龍」はラーメンが300円と激安!名物の大龍やきそばも500円!金沢文庫にもサッポロラーメン大龍チェーンがあるが、茅ヶ崎店だけ安い理由は?(スさん/さいぞうさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

茅ヶ崎の大龍はサッポロラーメン大龍で働いていた元社員のフランチャイズ店。その店を現オーナーの父が38年前に中華屋さんとして居抜き出店した

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

元・大龍の歴史を継いだ中華屋さん

金沢文庫の大龍では、しょうゆラーメンが700円、大龍やきそばは850円だった。
店主の中村さんに値段の違いを尋ねると、「うちはね、大龍チェーンではないからだよ」と驚きの返答が。

茅ヶ崎の大龍はもともと、サッポロラーメン大龍の社員だった人がフランチャイズとして始めた店。しかし、おおもとの会社が廃業して店を手放すこととなり、中村さんのお父さんが店名を変えずに中華屋さんを居抜き出店した背景があるそうだ。
 


こちらのメニュー表はサッポロラーメン大龍時代のもの
 

よく見ると当時の大龍チェーン店が記されている

 
サッポロラーメン大龍の面影を残しながら、中華屋さんとして「大龍」を始めて38年目を迎えるという。
 


こちらは中村さんの父が中華屋さんを始めた時のメニュー表
 

では、大龍やきそばはサッポロラーメン大龍とは関係ないのだろうか?
中村さんによると、「大龍やきそばはすごく人気だったみたいで、お店を譲り受けるタイミングでソースのレシピも譲り受けたんだよ。前の大龍とは別の業者さんに頼んで作ってもらっているから、我々もレシピは分からない」とのこと。

市販しているものではないので、家庭でこの味を再現するのは難しいかもしれない。
 


大龍やきそばを提供するお皿も引き継いだ
 

現在、茅ヶ崎の大龍は中村さんお一人で営業している。お父さんが亡くなってからは、お母さんと二人三脚で営業していたが、今はお母さんの介護をしながら大龍を一人で切り盛りしているそうだ。
そのため、お客さんがたくさん入ると提供に時間がかかってしまったり、体力に限界を感じることも少なくないという。

中村さんは、「38年もやっていると、うちで食べるのを楽しみにしてくれるお客さんが結構いるんだよね。それに、『大龍やきそばがどうしても食べたい』って遠方から来てくれるお客さんもいるんだ。だから、できる限り大龍の看板を守っていきたい」と笑顔で話してくれた。
 


厨房の奥にある窓からはJR東海道線のホームが見える

 
常連さんが向かいのホームから「ラーメンと餃子お願い!」と注文をしてくれることもあるのだとか。

「消費税が10%になっても、ラーメンだけは300円で頑張りたい」と話す中村さんの目には、長年、大龍を支えてくれた地元の人々の顔が浮かんでいるようだった。
大龍の味と看板は、これからも茅ヶ崎の地を温かく包んでくれるだろう。


ー終わりー


大龍
住所/茅ヶ崎市幸町1-9
電話/0467-85-9861
営業時間/平日:午前11時10分~午後2時30分、午後5時~午後11時、土日祝:午前11時~午後11時
定休日/水曜日

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 調査ありがとうございました。長野県の中野市にも大龍焼きそばがあって惜しまれつつ閉店したそうです。ソースは謎のままですが、食べに行けばいいだけの事なので機会があれば行きたいです。

  • 商標権とか野暮なことを言わない大龍グループ、偉いね。大昔から富士屋の名前で菓子卸をしてた親戚は、後からポッと出てきた不二家に文句を言われて商号を変えさせられたよ。菓子問屋が不二家に勝てるわけないからねぇ。

おすすめ記事

一般人には行きにくい!? 『横浜マリンハイツ』の激ウマグルメを調査!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

横浜市内の老舗で家族経営的なパン屋はどこ?

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

横浜最強のあの激辛チャレンジメニューに再挑戦!

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

「イチゴ」を横浜で楽しみたい!【編集部厳選】

食わず嫌いじゃもったいない。「丼丸反町店」の500円海鮮丼が想像以上のコスパ!

  • PR

こんな記事も読まれてます

5月6日まで赤レンガ倉庫で開催される、春のビールの祭典「フリューリングスフェスト2015」の様子をレポート!

距離が足りず非公認となった横浜マラソン2015でできた心の隙間を埋めるべく、186メートル分の麺を一気食い!

本牧のツタに覆われた「看板のない」謎の弁当屋、絶品カレーの味とは?

横浜中華街で食べられる、知る人ぞ知る絶品「白い〇〇」の正体は?

激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

東白楽駅近く、オーナーシェフが一人で切り盛りする「ローストビーフ専門店」に突撃!

一般人には行きにくい!? 『横浜マリンハイツ』の激ウマグルメを調査!

新着記事