検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

吉田町のカクテルから生まれた!みなとねこスイートポテト編

吉田町のカクテルから生まれた!みなとねこスイートポテト編

ココがキニナル!

横浜土産の新顔、「みなとねこスイートポテト編」がキニナル(YAM-3さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

ケーキ屋さんで出してもそん色ない、まったり滑らかで激ウマな横浜土産だった。誕生までにさまざまな人の縁が生んだ感動のドラマもあり、今後のみなとねこシリーズの展開にも期待大!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

みなとねこスイートポテト編カクテルが登場! これが衝撃のウマさ!(つづき)
 
ところでなぜ第一弾はスイートポテトだったのだろうか。

「バー発祥のスイーツだから、バーに関係する味にしたくて。とはいえお酒の味だと苦手な人も多いでしょう? スイーツとして一番形にできそうな味が、サツマイモのカクテル。そこからスイートポテトで行こう、という話になりました」

サツマイモのカクテル!? それは飲んでみたい。貧相な吉田のイメージはサツマイモの焼酎的な男前な味。

「でしたら、みなとねこスイートポテト編のカクテルを試してください」
 


「みなとねこスイートポテト編」発売を記念して、今なら一杯1000円

 
なるほど! サツマイモペーストのカクテルであれば、こちらの方が滑らかな口当たりが楽しめそう・・・って、待てい! 相当甘くなるのでは?
甘い酒が大っ嫌いだという本音が、思わず口から出そうになるが抑える。
 


あーあ・・・入れちゃったよ

 
さっそく倉本さんがカクテルを作り始めた。主役の「みなとねこスイートポテト編」がずぶずぶとリキュールの海に沈んでいく。自信を持って作ってくださる倉本さんには申し訳ないが、嫌な予感がする。
 


仕上げにシナモンを

 
キンキンに冷えたグラスの中にラムやバニラリキュール、生クリームなどと一緒にクリーム状になり見る影もなくなった「みなとねこスイートポテト編」が現れた。
絶対に甘いんだろうなー、と覚悟を決めて飲む・・・飲む・・・あれ? ごくごく飲める。
 


ごくごく・・・ごくごく

 
甘くない! なぜ?
スイートポテトが丸ごと入っているのに、カクテルはそんなに甘くないってどういうこと?
 口当たりはクリーミーだけど、ラムのパンチ力と、シナモンの爽やかさが想像を超えた大人の味を生み出している。

「カクテルって、全部甘い訳ではないんですね?」
の問いかけに「本当においしいカクテルは、甘いだけではないんですよ」と胸を張る倉本さん。いやー、恐れ入る。女性はもちろんだが、男性もデザートカクテルとして十分にガツンと来る味が楽しめるはずだ。
 
 
 

カクテルメニューから「みなとねこ」シリーズの続編を予想!


 
スイートポテト編の前には、これまでも自家製のレモンのお酒「リモンチェッロ」からレモンフィナンシェを作ろうとした事もあるそうだ。しかしパッケージ作りが難しいという問題が起こり、当時は頓挫。
現在は頼もしい協力者の方々を得たことで次の候補を考案中だという。抹茶、チョコレート、チーズケーキなどさまざまなアイデアを出しているが、基本的にはカクテルやフードメニューにちなんだものを形にしていく計画だ。

という訳で、はまれぽ編集部は勝手にバレル ポッドで一番人気があるという旬のフルーツカクテルに注目。この中から次なる「みなとねこ」シリーズが登場すると予想した。
 


旬の果物を使ったカクテルは男女問わず大人気

 
「やっぱり横浜の果物、アンデスメロンを使うはず」と、編集部・小島。
「何言ってるんですか。アンデスメロンは南米のメロンでしょ?」と、吉田。
鼻息荒く、どや顔でスマホの情報を小島に見せられ、アンデスメロンはこの横浜の自慢の味だと知り、衝撃を受けつつも注文してみる。
 


アンデスメロンにはキンキンに冷えたバカルディ

 
ミキサーにかけられたなめらかなグリーンのカクテルがグラスに注がれる。
 


アンデスメロンのカクテル1500円

 
一口飲んだ瞬間、口の中に広がるメロンのふくよかな味わい。そしてその風味をきりりと締めるバカルディ! みずみずしい生のメロンの果肉感が、喉を伝わっていく。

これは危険だ。
一気飲みで何杯もいけてしまうが、ここはバー。少しずつ大人風に味わいたい。
安酒ばかりを大量に飲んでいる吉田は思った。今まで飲んでいた「メロンのカクテル」は何だったのだろう? メロン風カクテルだったのだろうか。
 


せんべろが中心の小島があまりの美味しさに昇天

 
絶対次の「みなとねこ」はアンデスメロン編だよ! と熱く語り合うはまれぽ編集部。

ちなみにバレルポッドの皆さんは、冬に合いそうな濃厚なものを考えているようなので、はまれぽ編集部の妄想は、妄想のまま終わる可能性が高い気がする。
 


左はウォーリーではなくバーテンダーの冨田優(とみたすぐる)さん。受賞歴豊富

 
第一弾の「スイートポテト編」はバーの常連さんとの出会いで生まれた。だからこそ、バレルポッドを訪れたお客さんに「第二弾はこんなお菓子はどう?」というアイディアをいただくのは大歓迎とのこと。
もしかしたら、あなたのアイディアが次の「みなとねこ」シリーズに反映されちゃうかも?
 
 
 
取材を終えて
 
現時点で「みなとねこスイートポテト編」は新横浜駅にあるグランドキヨスク新横浜と、「バレルポッド」店内でも購入できる。飲んだ後に嫁のご機嫌を取りたい既婚男子は「あなた、おいしいお菓子知ってるじゃない! 見直したわ!」なーんて言われるかも。

今後も目が離せない吉田町名菓「みなとねこ」。次なる味を期待せずにはいられない。
 
 
ー終わりー
 
 
バレル ポッド (BarreL PoD)
住所/横浜市中区吉田町5-9 吉田町第二共同ビル 1F
電話/045-262-1221
営業時間/午後6時~午前5時
定休日/第3水曜日
https://www.barrelpod.jp/
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜に世界一のバーテンダーがいる!?

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

中区吉田町の路上イベント「吉田まちじゅうビアガーデン」の楽し

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

酔客を撃退!? 中区吉田町が独自に開発したという「多店舗警戒

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

吉田町」にはなぜバーが多い? 戦後からの歴史を紐解く!

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

こんな記事も読まれてます

ほぐすと怒られる!? 野毛の焼き鳥屋「末広」って?

GAKUSHOKU-1 グランプリ~学食No1決定戦

この怪しげなラーメン屋はどこにあるの!?

【編集部厳選】きょうは開港記念日! 横浜発祥グルメ集めました!

妙なブログが面白いとウワサの六角橋焼小籠包に突撃!

らぁ麺ランナーズ! 逗子の「想~SOU~」店主、第三走者・北村光太

「横浜市営バス」の崎陽軒シウマイが限定販売中! 90周年はいったいどんな味?

ズボラさん必見! はまれぽ週末グルメ案内 今週はアツアツ餃子とビールで乾杯!! 中区・「餃子」が美味い店5店

新着記事