検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

元町の人気クレープ屋、開店の経緯って?

ココがキニナル!

元町商店街にあるクレープDonが気になります。一見サラリーマンぽい穏やかでやさしいおじさん二人がやってますが、どんな経緯で店をやることになったのでしょうか(M@LAさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

33年続く店は、ご主人がフランスでクレープを見たのがきっかけ。美味しさの秘訣は特に無く、当たり前の作り方をしているだけ!とのこと。

  • LINE
  • はてな

ライター:ワカバヤシヒロアキ

フランスで見たクレープに一目惚れ

(続き)

店を始めるきっかけとなったのは、山崎さんが若い頃にフランスへ旅行で行ったこと。「町を歩いているとクレープという不思議なデザートが売っていたので食べてみると美味しかったんです。これは日本でも流行るんじゃないかと思って店を出すことにしました」と山崎さんは当時を語る。

横浜が地元の山崎さんは、元町に出店したかったらしく、探しているとここしか無かったという。今となっては商店街の玄関口という好立地も、偶然の産物であったというわけだ。

開業は、昭和53年。原宿の竹下通りにクレープ屋が初めてできたのが昭和52年なので、その翌年ということになる。
当時はまだ日本で、クレープというものに馴染みがなく、「どんなジュースが飲めるの?」と言われながら、次第に浸透していったそうだ。
それでも、オープン当初から客足に悩むことはあまり無く、その理由を「元町という地域が、新しい文化に対して敏感だったからかもしれませんね」と山崎さんは言う。



美味しさの秘訣は、「無い!」



平日はおおよそ100人、土日になると300人ほどのお客さんが来るという「クレープDON(ドン)」。芸能人にもファンがおり、三船敏郎、美佳親子が通っていることでも有名である。
名前の由来には特に意味は無いそうだが、開業当時「よ~い、ドン!」という言葉が勢いがあって良いので、「ドン」をとって、今の店名にしたらしい。
 


人気の生クリームチョコレートバナナ(500円)をいただいた


生クリームにバナナと細かなチョコチップがふりかけられた、ごく一般的なクレープの味。生地にはバターを塗っていて、それが美味しさを引き立てている。トロリと甘い生クリームに、日ごとに仕入れる新鮮なバナナ。硬めの生地の食感も癖になりそうだ。
 


シンプルなものが美味しいと感じた


投稿にもあるとおり、美味しさの秘密を聞いてみたが「そんなもの、無いですよ」と山崎さん。「また来てもらえると良いなと思いを込め、昔からの味を一般的なクレープの作り方で作っているだけ」と話してくれた。

見ていると、クレープを作る様子が非常に丁寧であった。単価の安いクレープでは、売上が客数勝負になりやすい。そのため、大きなクレープ屋では、凄いスピードで作っているところを目にしたこともあるが、まさに山崎さんの手つきは、それとは対照的。33年という経験と、一つ一つ丁寧に仕上げる姿勢が、美味しさの秘訣となっているのかもしれない。



さいごにお客さんの感想を



取材中、訪れた数人のお客さんに話を聞けば「美味しいから、よく来ます」、「近くに住んでいますが、初めて来ました。美味しかったです」という感想。平日は、主に元町周辺の方が多く、土日になると観光客が多いらしい。
 


メニューも豊富だ


山崎さんは「取り敢えず、今までは大病をしなかったので、今までやってこられました」と言っていた。話してみると気さくな方で、はまれぽの事を告げると、「長津田に美味しいお店があるよ。あ、港南台にもあったなぁ」と横浜情報を色々教えてくれた。人当たりの良さも手伝って今までやってこられたのだろう。
今後とも末永く元気に、元町の人気クレープ屋として営業を続けてもらいたいと思う。


―終わり―


◆クレープDON(ドン)
横浜市中区元町1-13
11:00-19:00頃・不定休
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 最近昔のことをいろいろ思い出しているうちに、そのころいつも一緒にいた彼女につれられて元町を散歩していたときに初めてクレープなるものを食べた。確か1978年ころで近くにあったサンドイッチ屋さんにも行った記憶がある。そのころから35年も続いているのですね!、機会があればまた食べに行きたいです!。

  • 貧乏学生の頃、当時住んでいた東京から横浜への交通費で精いっぱいで、元町でお茶なんて余裕もなかったなか、「気分」だけでも味わえる貴重なお店でした。だって安いから(笑)。横浜に住む今も、あの頃からずっと変わらずあるというのが嬉しく、懐かしさもあるお店です。通りがかるといつも食べています。ちなみに好きなのはシナモンアップル、たまにアイス付。おじさま、これからもお体お大事においしいクレープをお願いしますね!

  • 甘い物が苦手な私は記事に載ってるようなのがダメですが、メニューにはハムやクリームチーズとかってのもあるみたいなので、この辺り機会があれば試してみようかと思います。

もっと見る

おすすめ記事

元町「ウチキパン」、その人気の秘密とは!?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

敷居が高い?元町のダンスホール「クリフサイド」はどんなとこ?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

熱闘! 家系甲子園「地区別予選」トーナメント結果発表

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

おいしい・安い・揚げたて・ソースが絶品! 本当は誰にも教えたくない山元町の「フライ屋さかい」に突撃!

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

こんな記事も読まれてます

GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?

横浜ソフトクリームぶらり旅、「これは!」というお店を厳選取材!

【編集部厳選】冷えた体に煮ても焼いてもウマイ! モツ集めました!

2014年3月に火災があった「かもめパン」。火災の真相と現在をレポート!

戸塚のゆるキャラ「ウナシー」がラーメンに!?ご当地グルメ「戸塚麺」を出す中華料理店ファ・ムーランってどんなところ?

【編集部厳選】もりもり食べたい! 安くて量の多いお店特集!

SHELLYさんの実家、元町の「Benny’s Place」に突撃!「嫁にするなら通帳持ってこい」の真相が明らかに!

熱闘! 家系甲子園「地区別予選」トーナメント結果発表

新着記事