検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ベネッセの相次ぐ個人情報漏えいが発覚! 小冊子の作成を依頼していた横浜市の対応は?

ココがキニナル!

ベネッセの顧客情報流出問題を受けて横浜市は配布を停止した小冊子ってどんなもの? 今後の対応はどうなる?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

漏えいの影響がないとは言い切れないと判断し「こんにちは赤ちゃん訪問」事業冊子など6種類の配布を停止。一部は改訂版を作成し配布するとのこと

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

6種類の冊子の配布を停止



通信教育・出版大手のベネッセコーポレーション(本社:岡山市、資本金30億円)による顧客情報の流出問題を受け、横浜市は市と同社が共同事業として作成したプレゼント付きアンケートや資料請求はがきなどが添付されている小冊子の配布を停止したことを明らかにした。
 


情報漏えいについての謝罪文を掲載する同社ホームページ

 
横浜市こども家庭課の近藤政代・親子保健担当課長によると、市が配布を停止したのは、こども家庭課所管する

(1)『「こんにちは赤ちゃん訪問事業」冊子』
(2)『妊娠・出産がHAPPYになる! 私たちの体験集』
(3)『知っておきたい0~3か月の赤ちゃん お世話BOOK』
(4)『赤ちゃんが喜ぶふれあい遊びBOOK』

の4種類と、医療政策課所管の、

(5)『小児救急のかかり方HANDBOOK』
(6)『選べる! お誕生日記念プレゼント』

の2種類を合わせた計6種類。
 


配布を停止した冊子の例(横浜市HPより)

 
近藤課長によると、2014(平成26)年7月9日(水)のベネッセによる個人情報漏えいの発表後、市は同社に事実関係を確認。
その際、「上記冊子に付いていたアンケートや資料請求はがきから得られる個人情報は、流出したデータベース(DB)とは別のDBで管理しているため、漏えいの対象でない」との説明を受けたという。
 


資料請求の案内が付いた冊子(横浜市HPより)
 

しかし、同月22日(火)の緊急会見で、同社は新たな漏えいを公表。市が再度、同社に問い合わせた際に「情報漏えいの範囲が特定できず、影響がないと断言できない状況になった」との説明を受けた。

このことから、同社が関連した市のイベントで配布したものやタイアップして作成した印刷物のなかに個人情報を提出してもらうようなものがなかったかを市が調査した結果、前述の冊子が該当することが判明。戸別訪問で直接配布したり、市内各所で配っていた冊子の配布を停止した。

こども家庭課によると、『「こんにちは赤ちゃん訪問事業」冊子』は、市が生後4ヶ月以内の新生児宅を訪問して子育てについてのアドバイスなどを盛り込んだ冊子を配布する「こんにちは赤ちゃん訪問事業」の際に各戸に配られるもので、2009(平成21)年の事業開始から2014(平成26)年3月末までに11万8242冊が市民の手元に届けられた。
 


約12万部配布された「こんにちは赤ちゃん訪問事業」冊子(横浜市HPより)

 
近藤課長によると、8月中旬までにはアンケートや資料請求などの部分を削除した改訂版を作成したい考えで、「早く作って市民に影響がないようにしたい」と話した。でき上がり次第、配布出来なかった家庭に郵送するという。

医療政策課は、既に2007(平成19)年8月末から2014年7月23日(水)まで37万5400部にのぼる『小児救急のかかり方HANDBOOK』を配布した代替として、「こどもの病気・ケガ」という冊子を配布している。

こちらは、「発疹」についての項目が不足しているものの、『小児救急のかかり方HANDBOOK』とほぼ同じ内容とのこと。
作成したベネッセが費用を全額(昨年度は270万円)負担することで、8月下旬をめどに改訂版の作成を急いでいる。
 


改訂を急いでいる『小児救急のかかり方HANDBOOK』

 
両課によると、『妊娠・出産がHAPPYになる! 私たちの体験集』、『知っておきたい0~3か月の赤ちゃん お世話BOOK』、『赤ちゃんが喜ぶふれあい遊びBOOK』、『選べる! お誕生日記念プレゼント』については、ベネッセの改善状況などを踏まえ、対応を検討するという。



取材を終えて



ベネッセの説明がこれまでとは一転したことで、不安を募らせている市民も多いだろう。市民の消費生活についての相談を受け付ける「かながわ中央消費生活センター」によると、一連の報道以降、センターには10件近い相談があったという。

はまれぽでも今後の状況に注視し、変化があれば追って報告していく考えだ。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • いくらボンビーだからといって、犯罪に手を染めるのはいかがなものか?ダメ男代表(?)の僕もついに正社員でなくなって当然ボーナスもないが、そういう時こそ武士は食わねど高楊枝ではないでしょうか?今回の事件ではベネッセの甘さも原因だけど、更に低所得者の風当たりが冷たくなりそう。

おすすめ記事

横浜市職員がごみ袋の中の個人情報を見て警告に来るって本当?

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

野毛坂の途中、中央図書館停留所付近にあった歩道を二分する大きな木。撤去した理由とは?

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

横浜で平成最後の入社式に臨む新入社員は何を思うのか?

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

野毛ちかみちで店を出したり、イベントを開かないのはなぜ?

普通の人が輝ける職場を! チームで最高のサービスを提供する社会保険労務士法人「D・プロデュース」

  • PR

こんな記事も読まれてます

観光で来た外国人は横浜のどこが一番好き?

【震災れぽ13】震災後の動物園の様子はどうなっていますか?

弘明寺にある看板のないアヤしい整体院「整体処 からだ庵」でライター松宮が悶絶!

戦時中B29が鶴見区の總持寺に墜落したって本当?

JR関内駅から伸びる鎌倉街道は『日本一信号の多い道路』って本当?

新たな「橋」も整備予定!? 開発進む新港ふ頭の「横浜ハンマーヘッド」はどうなる

保土ケ谷駅前にあった少年鑑別所はどんな所だった?

野毛坂の途中、中央図書館停留所付近にあった歩道を二分する大きな木。撤去した理由とは?

新着記事