検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

JR桜木町駅前で野菜を無料配布する集団の正体とは!?

ココがキニナル!

桜木町駅前で野菜を無料配布する「JAグループ神奈川」に遭遇。野菜価格が高いのに、どうして?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

JAグループ神奈川は、JA横浜を含む神奈川県内の農協などが集まった組織。県産の野菜のおいしさを広めるため、年に2回無料配布イベントを実施中!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

遭遇できたらラッキー? 新鮮野菜がもらえちゃう!



「キャベツもらっちゃった!」

1月24日、JR桜木町駅前を歩いていると、若いカップルが嬉しそうに話しているのが耳に入った。
2017(平成29)年は台風などの影響で野菜価格が高騰し、年が明けて2018(平成30)年も葉物野菜は高い状態が続いている。

歴史的な寒波が押し寄せる中、鍋がおいしい季節ではあるのに、肝心の野菜に手が出ない・・・という方も多いのではないだろうか(というか我が家がそんな状態である)。

なのに、そんな野菜をもらえてしまう!? 一目散に、人だかりができている一角に向かった。
 


大盛況です!

 
「JAグループ神奈川です! 神奈川県産の野菜をお配りしています!」
そう叫びながら職員の方が手渡すビニール袋は、どんどん集まった人の手に吸い込まれていく。段ボールはかなりの数があったように見えるが、あっという間になくなってしまいそうだ。

受け取った方に、袋の中身を見せていただいた。
 


どーんと巨大なキャベツ

 
どうやらキャベツのほかに、ダイコンを受け取ったという方もいるようだ。
なんとも太っ腹な企画。係りの方に「よく配布しているんですか?」と尋ねると、事前告知はせずにたまに開催されているイベントと教えてもらえた。

詳細がキニナったので、配布を行ったJA神奈川県中央会の農政地域対策部にお話をうかがった。

「農産物の無料配布は、年に2回、夏と冬に行っています。冬はダイコンやキャベツを配りますが、夏はその年によって配るものを変えています」とのこと。

 

三浦市の野菜に関する手書きのパンフレットも配っていた
 

野菜をつかったおいしいレシピも!

 
配布を行っていた「JAグループ神奈川」は、県内13の総合JA(農協)や専門JA、JA神奈川県中央会をはじめ5つの県段階の組織など、いくつもの独立組織が協力して活動するグループ。

1月24日のイベントでは、JAよこすか葉山のキャベツ1000個、三浦市農協のダイコン2000本を用意。JA横浜など、県内のJAグループ職員が協力して無料配布したという。

しかし、野菜の値段が高くなる中で無料配布を断行するのは勇気が必要なのではないだろうか。

「今回配った野菜は配布用に各農協が育てたもので、キャンペーンを見越して生産しています。神奈川県の野菜のおいしさを知っていただくことが目的なので、野菜価格は高騰していますが、実施しました」と話してくれた。
 


PRにもなるし、家計も助かるウィンウィンの関係

 
開発や商業活動に注目が集まり、都市部の農地は減る傾向にあるが、「都会で農業が行われている」ことのメリットは大きいという。

都市の中に緑が増えることや、地域で育った野菜を食べる「地産地消」による食育など、教育・環境面での役割も担っているという農業。
野菜のおいしさを通じて、その役割に目を向けてもらいたい。そんな思いが込められているようだ。
 


もちろん横浜でもがんばってます!

 
 
 

取材を終えて


 
偶然に遭遇した野菜の無料配布。かなり以前から毎年実施しているそうだが、野菜の価格が高くなった今年は特にインパクトが大きかった。

配布の日程などは事前に公開されないが、毎年ほぼ同じ時期に行っており、2017(平成29)年の夏は7月10日に無料配布があったとか。過去にはキュウリやトマト、お茶や卵が配られたこともあったという。

狙って遭遇するのは難しいが、おいしい地場野菜や農産物を味わう絶好の機会かもしれない。
 
 
―終わり―
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 最近は何事もみなとみらいエリアの最寄り駅である「桜木町駅」に一極集中ですよね?

  • 出会さず残念‼ でも嬉しい企画ですね

おすすめ記事

高島水際線公園の親水池にはどんな生物が棲んでいる?

相続問題に悩むはまれぽ編集部が、新横浜の「税理士法人小林会計事務所」で相談に乗ってもらった

  • PR

横浜市営バスで乗車距離が近すぎるバス停と遠すぎるバス停の差がすごいって本当?

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

横浜市と相鉄が協働で進める南万騎が原駅前の再開発とは?

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

横浜市の現市庁舎は今後どうなる? そもそも関内エリアの再開発とは?

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

飛び降り防止? 新横浜駅ホームにある中途半端な謎のハシゴの正体とは?

鎌倉の市境にある大船駅笠間口の再開発事業の進捗は?

泉区にある業務用スーパーMETROの店内はどうなってる?

上大岡に美容院が多いのは何故?

金沢区のごみ焼却工場にたたずむ市営地下鉄の旧型車両、地下鉄のない地区に渡った理由とは

歩いて体験する博物館? 保土ケ谷区の「まちかど博物館」を巡る!

横浜市の成人式、当事者の新成人の思いは? 運営する「記念行事実行委員会」に聞いた

高島水際線公園の親水池にはどんな生物が棲んでいる?

新着記事