検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

相鉄線横浜駅にある「星のうどん」。以前は「麺は讃岐、出汁は博多」と張り紙があったのですが、今はありません。味も変わったような。鶏飯は最高に旨いです!ぜひ調査をお願いします。(べいさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「うどんはさぬき、汁は薄口博多風」は今も健在。ただし素材の状態が味へ微妙に影響することも。「かしわめし」は九州の地場食でした。

  • LINE
  • はてな

2012年07月17日

ライター:河野 哲弥

本当に、味の違いがあるのか

少しナイーブな話になるかもしれないが、思い切って藤島さんに聞いてみたところ、「だしを取る素材の状況によって、味に微妙な変化が出る場合もある」とのこと。

では、実際はどのようにして、だしを取っているのだろうか。順を追って見てみよう。
 


コンブだしは、アクが出ないように水で出す
 

それを、5種類の魚のだしとブレンド


汁のだしとなるこれらの素材。コンブは季節や生育環境により、魚はエサの状態や成育具合により、同じ素材でもそれぞれわずかな違いがあるそうだ。一定品質を守るべく味には気を配っているものの、手作りだと素材の影響を直接受けやすいのだと、藤島さんは話す。

それでも、「星のうどん」が目指す食の安全にも繋がるので、これからも手作りにはこだわりたいそうだ。
 


約2ヶ月前からはじめた、無料のサービス「どうぞ昆布」
 

だしを取ったコンブと削り節を使っている


また、以前は廃棄していたこれらの素材を、ご飯などのお供として再利用しはじめたのが、この「どうぞ昆布」。もったいないという理由もあるが、実際に使っているものを目に見える形で提供したいというのが、その狙いとなっている。
 


同店で働く、佐藤さん、鈴木さん、山崎さん(左から)
 

佐藤さんの「宝物」だという、ニンジンの端っこ


この「もったいない」という意識は、店員の方にも浸透しているようで、店員の佐藤さんに至っては、家にニンジンの茎の部分を持ち帰って育てているそうだ。ここから伸びてきた芽を、自ら料理して食べているとのこと。その姿勢、恐れ入るものがある。



では、オススメの「鶏飯」を

投稿にあった「鶏飯」、正式名称は「かしわめし」といい、九州北部の地場食なのだとか。鶏のだしで炊いた五目御飯のようなもので、同店の人気メニューとなっている。
 


「かしわめし」200円と、「冷やしたぬきうどん」390円を頂いた


「かしわめし」は、素材の味が引き立つ薄味で、「どうぞ昆布」をトッピングすると箸が止まらなくなる。うどんだけでは物足りなさを感じるときなどに、サイドメニューとして外せない逸品だ。
一方のうどんは、スタンドでは珍しい国産長ねぎの甘さがアクセントになり、ブレンドされただしの旨みを引き立てる。温かいうどんの場合、汁に「どうぞ昆布」を入れると、さらに風味がアップする。



微妙な味の違いは、手作りだからこそ

同店では、常に4~5人の店員が切り盛りしているようだ。同規模のスタンド店としては、やや人数が多いようにも感じる。しかしその裏には、素材の加工から調理まで、全て店内で行っているという事情がある。
そのかわり、逆に手作りすることでコストを抑え、低価格を維持しているそうだ。
 


天ぷらも、店内で揚げられる


こうしてみると、投稿にあった「味が変わった」という可能性は、確かに否めない。ただしそれは、材料が極端に変わったなどということではなく、季節を通じた微妙な幅の範囲内のことではないだろうか。
それよりも、おいしく安全でリーズナブルなスタンド店が、横浜にあることを誇りたい。そしてこれからも、手作りへのこだわりを守り続けてほしい。


―終わり―


◆星のうどん
神奈川県横浜市西区南幸1-5-24 相鉄線横浜駅構内
Tel:045-316-4569
営業時間:10:00~22:00 (相鉄改札内からは、7:00から利用可)
定休日:年末年始ほか、ジョイナスに準じる
 

この記事どうだった?

コメントする
  • 結婚前はよく夕飯に寄ってました。2010年に行ったきり、相鉄を使わなくなったので足が遠のいてます。私は生搾り醤油(出汁が無く、麺に醤油をぶっかける)を好んで食べていたので、味が変わったかどうかわからないと思います。久しぶりに行ってみようかな。

  • 十五年前、妊娠中でつわりのひどいときも何故かこちらのうどんだけは食べられました。出汁がとても美味しくて感動した記憶があります。本日、十五年ぶりにいただいたところ、全く別の味になっていました。味は確実に変わったと思います。

  • 星のうどんをはじめて食したのは、1990年頃ですが、おいしさにいい意味でショックを受けました(^^)

もっと見る

おすすめ記事

横浜市内の駅そばで、変わったメニューやこだわりの店はあるの?

隅々までこだわったセンスの良い空間で絶品ナポリピザを味わう「Pizzeria PONTE ALTO」

  • PR

JR横浜駅構内には、なぜ駅そば店がない?

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

横浜のbar the worldにある「ジョジョの奇妙な裏メニュー」には何がある?

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

熱闘! 家系甲子園「地区別予選」トーナメント結果発表

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

新着記事

横浜の運送会社「大松運輸」って、休みも取りやすく働きやすいホワイト企業って本当?

    • PR
  • 2018年06月18日

【編集部厳選】ロシア大会開幕! サッカーワールドカップのキニナル! 

    • 面白かった4
    • 面白くなかった12
    • コメント0
  • 2018年06月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

EDやAGAのこと、こっそり相談できるスマホ診察にも対応した、国内正規薬のみを取扱うクリニック

  • PR

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜インターナショナルスクールが小港町二丁目の国有地(山手警察裏 本牧フロント横)に移転することにな...

  • ロボネコヤマトの実証試験運用が終わってしまいましたが、その後を調べて下さい。

  • クイーンズスクエアのサブウェイで食事をしているとOL3人組が「subwayなくなるんだよねー」とか噂...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント