検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜の主婦が発明した究極のおむつポーチとは?

ココがキニナル!

横浜の主婦が発明した究極のおむつポーチロンプベイビーを特集して欲しい。(まさきちさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「究極のおむつポーチ」は現役ママのこだわりがつまった発明品。楽にできるおむつ換えにかける熱意と工夫はまさに究極だった!

  • LINE
  • はてな

ライター:ほしば あずみ

必要は発明の母。母は強し



発明のきっかけはやはりご自身の出産育児だったという土屋さん。
「おむつ換えの場所って、外出先だと狭かったり不安定だったり不便なところも多いんです。そんな場所でもスムーズに換えられるものがあればと考えました。

特許申請は、企業に比べて個人が優遇される制度があり、知人から薦められて出願したところ、取得できて。それで国内の工場で試作品を100個作ってママたちに実際に使ってもらい、感想や意見を聞いて、さらに改良を重ねて商品化しました」

商品化までは試行錯誤の連続だったという。
「苦労したのは取り出し口の加工です。ウェットティッシュの水分を縫い糸が吸って濡れてしまうんです。途中で諦めかけたこともありましたが、もうここまできたら後には引けないなと。たくさんの人が関わっていましたし。取り出し口は最終的に熱で圧着する方法を採用しました。現在縫製を頼んでいる中国の工場が、その加工用の機械も購入してくれたんです」
 


中国の工場は、少量のロットからも請け負って、細かいオーダーにも対応してくれるそう


出産前はいたって普通の専業主婦だったという土屋さん。そのアイデアを具現化する行動力の源は一体何なのだろうか。
「私一人では何もできないんです。お裁縫ができる方でもないので、試作品も形を紙に描いて説明して、それをパターンにしてもらって(笑)。主人はパソコン でデザインなどを作るのも好きで協力してくれましたし、知人が販売代理店になって取扱店舗の開拓をしてくれたり、商品化にあたってたくさんの意見をくれた ママ友たちも、本当にいろんな人がいろんな力を貸してくれたんです。“究極の”というネーミングは、そんな思いも込められていますね」

「究極のおむつポーチ」が完成した時、開発のきっかけとなった娘さんは3歳。すでにおむつは卒業していた。
「こんなおむつポーチが欲しい、が、もう自分のためではなく、世の中のママやパパのために変わってましたね。おむつポーチのほかにも、ショルダータイプに して両手が使えるようになったらいいなと『魔法のポシェット』を作り、出産ギフトとして贈られる事が多いので、一緒に使えるおむつ換えシートも作りました」
 


 

「魔法のポシェット」とおむつ換えシート(画像提供:Rompbaby)


「今後は母子手帳ケースやスタイ(よだれかけ)、ママバッグも作りたいと思っていますが、娘もまわりの友達の子どもも大きくなって、赤ちゃんを育てていた時の事を忘れちゃってて(笑)。もう1人生まれたらきっと思いだすんでしょうね。
おむつポーチも、今の生地以外にナイロン素材などで廉価版のラインナップを作るとか、他には介護やペットの分野でも何か作ってみたいと思っていますが、今やっと1年目、これからですね」

Rompbabyの商品は、専門店や百貨店のほか、オンラインショップで取り扱っている。
なお、横浜での実店舗取扱は、横浜ベイクォーターANNEX 4Fのkomemi(コメミ)横浜ベイクォーター店。

「自分で使うために購入するには高いと感じる価格かもしれません。当初はギフト用途を想定していました。実際はギフト用と自分用、7対3くらいの割合です。プロモーションにはほとんどお金をかけていないのですが、出産祝いで貰った方が別の方の出産祝いに贈ったり、実際使ってみて良かったと周囲のママたち に薦めてくれたり、クチコミで少しずつ広まっています」

「究極のおむつポーチ」は6800円(税込)。確かに、おむつ入れにしては高い買い物かもしれない。だが出産祝いの贈り物として考えれば、貰って嬉しい一品に間違いない。
 


無料のかわいいギフトラッピング(一部有料になる場合あり)


最後に、東京出身で結婚を機にご主人の地元、横浜に移ってきたという土屋さんに横浜の印象を聞いてみた。
「横浜は、住むようになってから好きになりました。このあたり(新山下界隈)は公園も多いし海も近いし、ちょっと歩くと元町や中華街といった観光地です が、反対側に歩けば下町みたいな親しみやすさもあって。それに丁度引っ越してきたタイミングや子どもの年が近いママたちも多くてみんなで子育てしているみ たいで、子育てに向いている町だと思います」



まとめ



たくさんの人や家族の協力があって、使う人のクチコミで、みんなで子育てをして、と、人と人とのつながりが印象的だった土屋さん。
その前向きな人柄と熱意に惹きつけられ、多くの人が力を出し合って生まれたRompbaby。これからの健やかな成長を願ってやまない。


―終わり―


■Rompbaby
ホームページ:http://www.rompbaby.co.uk/
お問い合わせ先:045-232-4777 / info@rompbaby.co.uk

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜市立の幼稚園がない理由は?

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

横浜では「夕焼け小焼け」が流れない?

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

横浜の主婦が発明した究極のおむつポーチとは?

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

編集部がチャレンジ!横浜市内の気軽に通える料理教室ってどこ?

特典あり

動画を使ったネット添削に遠隔授業も!? 昭和から令和で横浜の塾は超絶進化していた

  • PR

こんな記事も読まれてます

【ニュース】5月24日に「ふでともかきかた教室」無料体験イベント実施!

横浜市民もほとんど知らない「八聖殿」とは!?

横浜市は「横浜愛」のすり込み教育をしているって本当?

高校生クイズ常連の慶應クイズ研究会はどんな活動をしている?

DeNAベイスターズジュニア2013、第一次選考会の様子をレポート!

横浜の小児医療費助成対象が拡大するって本当?

横浜生まれの日産自動車、神奈川区のクラシックカーも見られる「日産エンジンミュージアム」に突撃!

横浜の主婦が発明した究極のおむつポーチとは?

新着記事