検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

馬車道商店街にはガス灯が灯っています。電気を利用する場合に比べて、光熱費は高いのでしょうか。また、電球(蛍光灯)交換と同じように、定期的にメンテナンスも必要なのでしょうか(恋はタマネギさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

電気の街灯に比べると、維持費は高い。メンテナンスも必要で、委託している専門業者が年に2回の作業をしている

  • LINE
  • はてな

2012年09月18日

ライター:田中 大輔

やっぱり電気より高いガス灯

さて、キニナル維持費だが、「年間で300万円くらいかかってます。電気の街灯よりは高いですね」と山口さん。
内訳はハッキリ分からないとのことだが、火を灯すためのお金、つまりガス代以上にメンテナンス費用に方がかかるんだとか。

ちなみに、お金はすべて商店街が負担している。
ガス灯設置の際は自治体と分担して行ったそうだが、ランニングコストは馬車道商店街持ち。
それでも、商店街の中で「お金かかるからやめようよ」という声は上がっていないそうだ。お金をかけても“馬車道らしさ”を演出してくれるガス灯を守ろうという心意気が感じられる。

 


街並みに溶け込むガス灯は、馬車道のシンボルのひとつだ


電気の街灯よりもお金がかかるというメンテナンスには、どんな作業があるんだろうか。
日々の保守や整備は専門業者に頼んでいるそうで、「詳しいことは私たちより、そちらに聞いた方が分かると思いますよ」と山口さんからのアドバイス。
さっそく業者に電話でお話しを聞いてみることに。



どんなメンテナンスが必要?

馬車道のガス灯のメンテナンスを行っているのは、東京ガスエネフロントという会社。
地域ガスエネルギー販売会社の運営とともに、日本全国でガス灯事業にも取り組んでいる会社だ。

ガス灯のメンテナンス作業は、建てられる環境にもよるが、おおよそ半年に1回ほど。馬車道商店街の場合も、年に2回の点検保守作業を行っているそうだ。

作業の内容には、マントル(火屋[ほや]とも言う)の交換、点灯部分をおおうガラスの清掃、ガスや空気を送り込むノズルの清掃などがあるとのこと。

 


ガラスはすすなどの汚れがつくと、明るさも減ってしまう


ガラス拭きやノズル清掃は素人でも分かるが、マントルとはなんだろうか。
発明された当初のガス灯は裸火を灯していて、明るさもイマイチだったそうだ。そんな状況を一変させた大発明がこのマントル。
オーストリアのカール・アウエル・フォン・ウェルスバッハが発明したこの装置は、綿糸や人絹などの繊維で作られた網袋に薬品を吸わせたもの。これをガス灯の着火部分にかぶせると明るさが5倍にもなるという、ガス灯にはなくてはならない部品だ。

ただし、これは消耗品。およそ半年に1回、環境によっては3カ月程度での交換が必要になる。馬車道商店街の山口さんによると、これが意外と高くついてしまうんだそうだ。



取材を終えて

馬車道商店街の場合、ガス灯の数が多いこともあってけっこうな額がかかってしまう。
でも、お金だけでは計れないものでもある。今回の取材ではそれを感じた。

実は、別の取材で都市整備局の人と話しときに、「馬車道商店街の人たちは歴史的なものを守ろうという意識が高い」と言っていた。
その言葉通りで、山口さんも「馬車道の本物志向というか、ガス灯もレンガも石造りの建物も本物で、そういったものを大事にしていこうというのが馬車道の思いです」と話してくれた。

10月31日からは、市と一体になって「横浜ガスライトフェスティバル2012」を開催し、スタンプラリーなどを通じてガス灯の魅力をアピールする。
この機会に、ただ明るい電気とは違う、ガス灯のやわらかい光に触れてみてはいかがだろうか。


―終わり―


◆横浜ガスライトフェスティバル2012
 

 
日時:10月31日 16:30~19:30
場所:馬車道通り~海岸通り~山下公園~マリンタワー
詳しくは
http://www.open-yokohama.jp/event/detail.html?CN=58301
(OPEN YOKOHAMA 2012 公式サイト)
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 補修コストは掛かっても「馬車道らしさ』を残したい!と言う地元商店街の気概や良し!正直こう言う強い『郷土愛』は他府県でも大いに見習うべき物かと。(^_^;)

  • 凄いですね。カネカネカネの時代に、守る物の為に、ケチを言わない心意気、天晴れ!です(^^)

  • 去年、記事があったのですね。失礼しました。

もっと見る

おすすめ記事

みなとみらい線の馬車道駅の表示は、なぜ明朝体なの?

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

はま旅Vol.37「馬車道編」

特典あり

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

生態学の世界的権威、横浜国大の宮脇先生が提言する津波対策とは?【前編】

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

【震災れぽ14】横浜の水道水は大丈夫?

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

こんな記事も読まれてます

「元町」の道路標識が黄色と黒の理由を教えて!

なぜ鶴見区だけ? 区職員に配備した「防災ウエストバッグ」ってなに?

「ババア サワルナ」と落書きされた壁、本牧市民公園の猫問題とは?

季節の変わり目に起こる「なんだかだるい」の原因を横浜で探れ

ローカルなJR鶴見線の改札とホームが謎の構造だって本当?

【ニュース】架線トラブルで横須賀線に遅延

旧東横線軌道あとにできた、東横フラワー緑道はどんなとこ?

生態学の世界的権威、横浜国大の宮脇先生が提言する津波対策とは?【前編】

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

圧巻3500種のメガネを展開する「メガネの~~アイガン!」横浜本店を徹底取材

  • PR

【ナニこれ?】都筑区にある板金塗装店に行ったら、ファミコンをしてカレーの話を聞かされた件

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング