検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜に炭鉱があったって本当?(前編)

ココがキニナル!

横浜に「炭鉱」があった話を詳しく聞きたいです。第二次大戦中まで上大岡や野庭で「亜炭」が多く採掘されたそうで、現在千住院がある山の下も炭鉱だったそうです。(katsuya30jpさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

港南区最戸、日野、野庭町、戸塚区下倉田町といったところに亜炭の炭鉱があった。採算の関係で横浜市内で消費したとされている。

  • LINE
  • はてな

ライター:松崎 辰彦

なぜ亜炭が掘られたのか

(続き)

そもそもこの炭鉱はいつ発見されたのだろう?

「港南区制10周年に発行された『港南の歴史』や、上永谷・下永谷・野庭町などの地域の歴史を述べた『永野郷土史』によると、上野庭地区の炭鉱は安政年間(1854~1859)に幕府の命により試掘し、1877(明治10)年に内国勧業博覧会で世人の知るところになったといいます。大正時代初期には相当量採掘されたようです」

亀野住職の調査では、採掘に関連した会社も明らかにされた。
「鉱山主は東燃料工業株式会社です。最戸町の炭鉱は神奈川県では最初の大規模な亜炭鉱山で、坑夫10名が日産10トンの亜炭を産出しました」
 


採掘された亜炭 (画像提供:亀野哲也)


郷土戸塚区歴史の会編集『ふるさと戸塚』(戸塚区老人クラブ連合会)には、下倉田での採掘が記載されている。
 


『ふるさと戸塚』


「亜炭を最初に見つけた人は村人の吉原鹿次郎さんで、亜炭は雪の下(下倉田)の山すそに露出していた。掘りはじめたけれど採算がとれないということで一時中断してしまった。大正五、六年(1916-7) のころになって再び鉱山師が目をつけ、毎日測量した」(『ふるさと戸塚』 より)
亜炭の場合は“採算”ということが重要になる。

亀野住職は言う。
「横浜で採掘した亜炭も、横浜市の中心部などに運んで使ったことがわかっています。つまり輸送も遠方でないならば、商売になるという計算があったわけです。これが県外などにもっていくようならば、採算が合わなかったでしょう」

いつの時代でも経済性こそは最優先される。



迎陽トンネルは鉄と亜炭の交差点だった



港南区はかつて武蔵国(むさしのくに)と相模国(さがみのくに)に分かれていた。はまれぽでも「武相国境の位置や当時の生活感はどうだった?」などの記事でとり上げているが、その二つの「国」の境目の一つがこれから述べる迎陽トンネルである。

現在の日野南4丁目と野庭町を結ぶ42メートルのトンネルだが、工事が開始されたのが1907(明治40)年。竣工は1915(大正4)年。そして1978(昭和53)年に現在のような形で完成した。
 


迎陽トンネル。かつての武蔵国と相模国を分けている
 

「大正四年秋」の文字が見える
 

迎陽トンネルの成り立ちを伝えるパネル


迎陽トンネルができるまでは、野庭と日野は坂道でつながれていたが、雨のときなどは通行不可能であったとも伝えられている。工事に携わったのは野庭住民と亜炭業者であったいうことから、このトンネルが亜炭の道であったことが容易に推測できる。

亀野住職は言う。
「迎陽トンネルの上は、南北に走る武相国境で、古代には鉄を運んだ道であることがわかっています。鉄を南から北に運び、亜炭を西から東に運ぶ道が、ちょうど迎陽トンネルでクロスしているわけです。歴史的に大変、興味深いところです」
横浜の炭鉱の歴史を探ると、また一つ横浜の奥の深さが見えてくる。
 


亜炭鉱と迎陽トンネルの位置関係(画像提供:亀野哲也)




取材を終えて



横浜の亜炭採掘は現在ではほぼ忘れられた歴史の事跡だが、追跡すると日本社会の諸相が浮き彫りになる。
大正時代の亜炭採掘が、時代の工業化の余波であり、昭和に入って再び採掘されたのは、戦争によるエネルギー需要によるものであった。こうしたところにも時代の移り変わりが見える。

後編では、実際に炭鉱があった現場に赴いて、より深く「横浜の炭鉱」を探ってみたい。


―終わり


参考文献
港南の歴史研究会編『こうなん みちばたの風土記』(横浜市港南区役所)
郷土戸塚区歴史の会編『ふるさと戸塚』(戸塚区老人クラブ連合会)
港南歴史協議会編『こうなんの歴史アルバム』(港南歴史協議会)


参考HP
Kameno’s Digital Photo log「港南区の炭鉱と戦争の影」
http://teishoin.net/blog/003554.html

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 横浜に昔炭鉱があった!?と聞いて本当だろうかと思い,興味深く拝読させて貰った! なるほど、本物の石炭ではなく『亜炭』と言う『似非石炭』だと聞いて納得したが、それでも物資の乏しい戦時中には大いに活躍したと想像できる。それにしても同じ都市部であっても河川の土砂が堆積して出来た大阪であれば逆立ちしてもそんな燃料源は出て来ない!改めて横浜の特異性に注目すると共に、今まで以上に好きな街に感じた!!

  • 「ふるさと戸塚」は家にもあって、何度か読んだ事があるんですけど、この亜炭とやらに関する記述は記憶にありませんでした。たぶん、単なる読み落としでしょうけど。

  • そんなこともあったんですね。初めて知りました。

おすすめ記事

根岸に残る「疎開道路」、名付けられたその理由は?

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

横浜に戦争の傷痕は残ってる?

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

「はまぎん こども宇宙科学館」のキニナル解説員のお姉さんってどんな人?

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

ラミレス監督らが小学校をサプライズ訪問! 選手寮のカレーのお味は?

社交ダンスを始めるのは勇気がいる。そんなあるあるを払拭するため横浜随一の広~いダンススタジオに密着!

  • PR

こんな記事も読まれてます

高校生クイズ常連の慶應クイズ研究会はどんな活動をしている?

のぞき部屋「横浜マンボー」、女子高生は何人補導された?

旭区を中心に活動中の「紙芝居おじさん」が紙芝居を始めた理由とは?

横浜の中学生はどこに修学旅行に行くの?

横浜初の女子校! 横浜出身の大女優「原節子」を輩出した「横浜高等女学校」について教えて?

「よこはま洋館付き住宅を考える会」とは、どんな活動をしている団体?

山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?

「はまぎん こども宇宙科学館」のキニナル解説員のお姉さんってどんな人?

新着記事