検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜市が風疹予防のワクチン接種と検査に助成費2200万円! 詳細は?

ココがキニナル!

横浜市が2015年度から新たに風疹予防対策に乗り出すらしいけど、その詳細は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

2015年度から19歳以上の女性とパートナーを対象に風疹の予防接種や検査を助成。ワクチン接種費用負担は現在の約1万円から3000円台になる見通し

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

なぜこのタイミング?



なぜ今のタイミングで新規事業として助成を始めるのか。さらにお二人に聞いた。

山本係長によると、風疹対策は国の方針として1977(昭和52)年に女子中学生のみを対象にした予防接種が行われたのが始まり。以降は幼少期の男女に風疹と麻疹(ましん=はしか)の予防接種をそれぞれ1回ずつ、無料で行われていたが、抗体は十分とは言えなかった。
 


国の施策として始まった風疹対策(フリー素材より)
 

その後、2006(平成18)年度に厚生労働省が予防接種法に基づいて「麻疹・風疹ワクチン(MRワクチン)接種制度」を変更。以降、従来の1回接種から1歳(第1期)と小学校入学前(第2期)の2回のうちいずれか1回、すべての男女が無料でワクチン接種できるよう変更された。

さらに横浜市では2008(平成20)年度から2012(平成24)年度までの5ヶ年で中学1年(第3期)と高校3年(第4期)のいずれかで1回、すべての男女が無料で接種できる仕組みを独自に整えた。 このため、2014(平成26)年の段階で大学生以下の男女は全員が計4回のうち2度、無料でワクチン接種をできる環境となった。

しかし、前述した2013(平成25)年に流行した風疹は患者の多くが大学生以上だったため、国も新たな予防指針を策定。2014年度から運用を開始。横浜市も国の新しい指針に基づいて対策を検討。大学生以上の年齢の市民に対しても風疹を流行させないようにするため、2015年度から19歳以上を対象にした助成事業を始めることとした。
 


2013年に流行した風疹は大学生以上の患者が多かった
 

岩田課長は「国だけでなく、市としても独自に風疹を排除できるよう、さまざまな施策を取りたい」と話していた。



出産を控える女性はどう思っている?



では実際に妊娠を考えている、もしくは現在妊娠中の女性はどのように感じているのか聞いてみた。

第1子を妊娠中という30代女性は「ワクチン接種に1万円以上かかった。そういう助成がもっと早くあればよかった」と残念そうな様子。

1児の母で、第2子を妊娠中という20代女性は「いい制度だとは思うが、自分は子どものころに一度(接種を)受けたから大丈夫だと思う。妊娠前に接種をしなかったが不安はない」と話してくれた。
 


反応はさまざま
 

今後、結婚の予定があり、子どももほしいという20代女性は「今までの1人分の負担(1万円程度)が3000円台になるなら、パートナーにも受けてほしいと思うかもしれない」と語った。



取材を終えて



風疹を予防するのはワクチン接種が一番の近道だ。生まれて来る子どもに危険性があると聞けば、まず女性の接種と考えがちだが、それを支えるパートナーから罹患(りかん)する可能性があることも忘れてはならない。

男女限らず、自分のため、生まれて来る子どもたちのためにもワクチン接種を行うきっかけとなるような制度であると感じた。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大!

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

「オシャレなガーデンカフェ」が中庭にある金沢区の高校に突撃!

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜に炭鉱があったって本当?(前編)

高校生クイズ常連の慶應クイズ研究会はどんな活動をしている?

「はまぎん こども宇宙科学館」のキニナル解説員のお姉さんってどんな人?

12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?

横浜税関の麻薬探知犬、その活動内容とは?

磯子区の「トトロ幼稚舎」がスゴイらしい!どんなところなの?

DeNAベイスターズジュニア2013、第一次選考会の様子をレポート!

子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!

新着記事