検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

中学校昼食の「ハマ弁」についての調査をお願いします。(カレー南蛮さん)

はまれぽ調査結果!

2016年7月1日から第1期校として12校で実施。「ごはん・おかず・汁物」を390円で販売する。順次拡大し、2017年1月には全校実施の予定

  • LINE
  • はてな

2016年05月16日

ライター:はまれぽ編集部

配送ルートなどを考慮

今回、先行して「ハマ弁」を実施する12校は横浜市北部に集中している。いったいどのようにして決まったのか。

この点について、大野担当課長によると、まず稼働するのは川崎市に拠点がある「株式会社 美幸軒」で、同社と協議して「配送ルートや弁当を作ってから配送するまでの時間、温度管理などを考慮した結果、学校を選定した」という。
 


「温かい弁当」を届けられる範囲で
 

7月1日の実施後、夏休み期間中に課題などを精査。その結果を反映し、9月初旬に注文の受け付けを再開しつつ、2期に実施する学校を加えて10月から「ハマ弁」の提供を行う。

実施校は順次拡大し、2017年1月には全145校で「ハマ弁」を実施するが、現段階で、いつ、どの学校が対象になるかは未定。
 


2017年1月までには全校で「ハマ弁」を実施
 

大野担当課長は「中学校はあくまで家庭弁当が基本」としつつも、「献立表やホームページから親子で一緒に弁当を選ぶことで、家族の時間が増えるきっかけになることも期待したい」と話している。



保護者は?

では、実際に保護者はどう思っているのだろうか。

「ハマ弁」が実施される緑区と、実施されないそのほかの区で、それぞれ10人の中学生の子を持つ保護者に聞いた。すると、緑区内ではいずれも「献立を見ないと判断できない」という意見だった。
 


緑区でのアンケート結果
 

中学3年生の娘をもつ40代女性は「もう2年も作っているし、娘と一緒にお弁当を作るのも楽しい。忙しいときは助かると思うが、メニュー次第」との意見。

中学1年生の息子がいる30代女性は「子どものアレルギーや好き嫌いがあるので、弁当作りには気を使っている。大丈夫そうなメニューなら考えるかもしれない」と話してくれた。

一方で、中区、西区、神奈川区で計10人の保護者に聞いたところ、仕事と家事を両立する保護者からは「早くうちの学校でも実施してほしい」という声が上がったが、注文するかどうかは分からないという意見が多数。
 


弁当作りは負担が大きい?(写真と本文は直接関係ありません)
 

未実施地域では、都内に勤務しているという中学3年生の娘がいる40代女性から「できれば早く利用したい」という意見はあったものの、大半は「内容を見て考える」というのものだった。
 


未実施区域でのアンケート結果
 



取材を終えて

横浜市の中学校昼食は家庭弁当が基本で、「ハマ弁」はあくまで補助的扱いというのが市教委の基本的な考え。

家庭の味に勝るものはないが、温かいお弁当を食べられるというのも魅力と言えなくはない。

新しい制度がどうなるのか。実際に食べた生徒や利用する保護者、また運用の課題などは追って報告したいと思う。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 息子達が通っていた横浜市内の公立中学では、以前からお弁当を朝登校してから注文するシステムでした。当日お弁当を作れなかった時でも間に合うから便利でした。ハマ弁なんて今更?と思いました。

  • 早くメニューを写真付きでみたいです。我が家の中学生二人には、時間があれば作りますし、間に合わなければ、お金を渡して登校途中のコンビニでパンや弁当を買わせています。

  • 給食が当たり前だった他県の出身だけど、あんなに便利なものを何故渋っているのか?隣接する小学校からの供給だったので設備を特に投資していたわけではなかった。10年後の中学生の母親世代はほとんど共働きになっているはず。給食を始めるなら今なのでは。

もっと見る

おすすめ記事

横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

川崎市が2016年度中に中学校の完全給食を実施! その概要は

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

横浜市には保育ママはあるの?

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

横浜市南区にある関東学院高校1年の男子生徒36人が万引きした事件の詳細は?

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

こんな記事も読まれてます

旭区を中心に活動中の「紙芝居おじさん」が紙芝居を始めた理由とは?

横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?

横浜駅アソビルの「プチュウ!」をレポート!遊具や予約方法を紹介!

2012年横浜市成人式 新成人の抱負は?【午前の部】

ホテルニューグランド初!女性ドアーマンってどんな人?

世界でも鶴見川にだけ生息する「ヨコハマナガゴミムシ」とは?横浜固有種が絶滅の危機!

子どもの時間に合わせて働ける! 全国のママ作家の作品を販売する「ウッビースタイル」ってどんな会社?

横浜市には保育ママはあるの?

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

  • PR

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング