検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
JR戸塚駅の線路沿いにヤギが出現!? 会いに行けるアイドル「メイ」ちゃん

ココがキニナル!

最近、戸塚区の柏尾川沿いでヤギを散歩している人がいるという。一体なんのためにヤギを飼っているの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

2017年11月より福島県から戸塚へやってきたヤギのメイちゃん。命の尊さを伝えるため、毎日柏尾川付近をお散歩。JR戸塚駅のホームからも見える

  • LINE
  • はてな

2018年03月18日

ライター:はまれぽ編集部

メイ散歩
 
メイちゃんの小屋は、桜並木が有名な戸塚区の柏尾川のすぐ真裏にある。
 


リードをつけて出発!

 
横浜市内では、3頭までならヤギはペット扱いになるという。また、神奈川治水事務所(柏尾川管理者)と戸塚土木事務所に雑草を食べさせても良いと許可をもらっているので、お散歩中のお食事も問題ないそうだ。

川沿いから街中へ出ると、
 


道行く人が振り返る


反対側の川沿いまでやってくると


雑草を食べ始めたメイちゃん

 
メイちゃんが雑草に夢中になっていると、後ろから男子高校生がやって来た。物珍しげにジーっとメイちゃんを見ていると、片山さんが「おいで!」と声をかけ、キャベツを手渡す。
 


恐る恐るキャベツをメイちゃんに近付けていた

 
メイちゃんがキャベツを食べる様子を見届けると、男子高校生は片山さんに軽く会釈してその場を去っていった。

それから数分もしないうちに、今度は女の子が少し離れた場所からメイちゃんを凝視している。片山さんは先ほどと同じように声をかけキャベツを手渡す。
 


「触っても大丈夫ですか?」

 
女の子はキャベツを食べる様子を興味津々に眺め、そっとメイちゃんの体に触れると、「かわいい・・・」と笑顔になる。
 


目と目で通じ合っていた

 
どちらも控えめなイメージの子だったが、積極的にメイちゃんと触れ合っていたことに驚いた。

「人は見た目じゃ分からないなぁ、と改めて思ったよ。普通だったら関わることのなさそうな人も、メイがいると笑顔で寄ってくるからね」と、片山さんは嬉しそうに話す。
 


通りすがりの男性は「おぉ、ヤギか! 珍しいね」と躊躇なく手を伸ばす


塾へ行く途中の男の子も足を止めてメイちゃんと交流

 
散歩をスタートして20分も経たないうちに、メイちゃんが街の人にもたらす癒し効果を目の当たりにした。触れ合う人がみんな笑顔になっていくのだ。
 


そしてメイちゃんはひたすら草を食べる

 
3歳になる息子さんを連れていた女性は、「戸塚に住んでいますが、ヤギがいるなんて知りませんでした! 息子は動物が好きなんですが、ヤギは初めてだから良い機会になりました」と、メイちゃんにキャベツをあげている息子さんの様子を眺めていた。

片山さんは、「メイを通して“街があったかい”と感じることもあるし、その反対もある。お孫さんがメイの嫌がっていることをしても注意しないおばあちゃんとかね。そういう時は、自分が代わりに注意したりして。だからこそ、こういう地域のつながりを大切にしたいと思うよ」と話してくれた。
 


約1時間のお散歩で、20人以上の方がメイちゃんと触れ合っていた

 
手持ちのキャベツがなくなったところで、本日のお散歩は終了。
黙々と雑草を食べるメイちゃんと、それを見て笑顔になる戸塚区の住民たち。ただただ様子を見ていただけなのに、なんだかちょっと幸せな気持ちになった。
 


戸塚駅の3・4番線ホームからもメイちゃんの様子が見える

 
基本的には柏尾川近辺をお散歩しているメイちゃん。雨の日以外であれば、お散歩しているメイちゃんにバッタリ出会えるかもしれない。
 
 
 
取材を終えて
 
片山さんの営む純喫茶モネには、メイちゃんの活動を応援するグッズやお客さんが自発的に作った「ヤギ募金」が置いてある。
 


メイちゃん缶バッチ(500円)


もうお金が入らないほどいっぱいだった

 
ほかにも、くず野菜を提供してくれる地域の方や、定期的に小屋へ遊びに来てくれるファンもいるそうだ。
 


生き物って、いいなぁ

 
今年の春には子ヤギを迎え入れる予定とのこと。戸塚がヤギの街になる日は、そう遠くないかもしれない。
 
 
ー終わりー
 
 
取材協力
戸塚ヤギ
http://fanblogs.jp/totsukayagi/

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 多くの人たちが見れるようにしているのはとてもいいのですが 食べるものを看板など書いてそれ以外はあげないようにするとかしないと いろいろなものをあげるひとが出てこないかと気になります

  • メイちゃんだけに是非とも!戸塚メイ物(名物)になってね!(笑)

  • 「トリビアの泉」で、キリンはペット飼育が可能だと言ってたのを思い出した

おすすめ記事

野毛に伝説の「忠犬ハチ公」ならぬ「番犬ポチ公」がいるって本当

特典あり

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

農学部がないのになぜ? 明治学院大学横浜キャンパスにいるヤギ

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

祀っているのは「亀の子たわし」? 本牧にある不思議な神社の由

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

港南台の民家にポツンとある田舎カフェ「こやぎ」に突撃!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

こんな記事も読まれてます

2012年にルート変更があった『あかいくつ』バス、どう変わったの?

【横浜の名建築】近代建築の父レーモンド設計 エリスマン邸

「第30回横浜開港祭」はどんなイベント?

本牧ふ頭の異国情緒あふれる「USSシーメンスクラブ」ってどんなところ?

ズーラシアに2頭のキリンが仲間入り! 来春には「アフリカのサバンナ」も全面開園!

有隣堂 週間BOOKランキング 12月13日(日)~12月19日(土)

南区井土ヶ谷の横浜市歴史的建造物に認定された町内会館とは?

【編集部厳選】海開き記念! 今年もやりますあの企画!

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

餃子、チャーハン、麻婆豆腐・・・横浜駅チカで安くて美味しい本格中華が食べたい人は集合

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

アイスクリーム発祥の地、横浜馬車道に大人の「締めパフェ」専門店がオープン

  • PR

横浜市神奈川区に、K-1全盛期を肌で知る男「佐藤匠」のアツい道場があった

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング