検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ラーメン二郎でニンニクマシマシの上ってどう頼むの?

ココがキニナル!

関内二郎が好きでよくニンニクマシマシを頼みますが、ほんとはもっとニンニクを入れたいと思ってます。マシマシの上を頼む時はなんて言えばいいんですか??(Ibuki&Minatoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「チョモランマ」という禁断の魔法があります。ただし身の危険を伴うので、絶対止めておいたほうが吉!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

驚愕のニンニク「チョモランマ」登場!

店員:はい、お待たせしました!
 


見よ!これがニンニクチョモランマだ!


これは何だろう?
まるでニンニクが粉雪のように、ラーメン上にしんしんと降り積もっている。

頭の中のBGMはレミオロメンの「粉雪」が流れ、この地点で戦意喪失状態。
これ、本当に食べられるのか?

一瞬、このまま帰ろうと考えたが、せっかく注文したものを食べずに帰るのは忍びない。世の中には食べたくても食べられない子供たちが沢山いるのだ!

そう自分に言い聞かせ、まずは食べてみた・・・。

うん、尋常じゃないくらい辛い!
いや辛いを通り越して別の味といったところだろうか。

そして口の中が燃えるように熱い。麺や具を飲みこむと、胃や食道が熱くなっていくのがわかる。
アルコール度数が高いお酒を飲むと、胃が熱くなるが、それとは全く別のものだ。

なんとか半分くらいまでは食べてみたものの、そこから体に異変が起きる。
視界が歪み、丼ぶりを持つ手が震えるのだ。

食事をして手が震えるなんて生まれて初めての経験である。
きっと体がニンニクへの拒否反応を起こしてるのだろう。
 


どんぶりを持つ手がプルプルと震え、放心状態に


唐辛子を入れて味を変えてみるものの効果はまったくなし。

目の前が白くぼやけ、ひどい眩暈をおぼえるが、最後の気力を振り絞って丼ぶりを持ち上げる。
スープを一気に飲み干し、なんとかギブアップは免れた。
 


なんとか完食したものの、眩暈が止まらない




取材を終えて


 
今回の記事はいかがだっただろうか?

ラーメン二郎は私も好きなのでよく食べに行くが、「チョモランマ」だけは二度とコールしたくない。
大金を積まれても嫌である。

今回、投稿してくれたユーザーには忠告だけしておくが、本気で止めたほうがいい。
美味しく食べたいのであれば、「マシマシ」で止めておくべきだ。

なお、ニンニク「チョモランマ」を食べたあと、2日間は体中からニンニクの臭いが消えず、外出した際の周囲の目線が痛かった。それでもチャレンジしたい!という命知らずの方は、そのことを念頭においた上でチャレンジしていただきたい。
 
 
―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ジロリアン町屋では、この呪文が通じませんでしたが、トリプルで!と言い直し伝わりました。記事の写真の半分くらいのボリュームですが、お昼を終えて午後は誰からも話しかけられずに、その日が終わったくらい周りの方々にインパクトを与えてしまったようです。

  • この呪文、他でも通じるか確かめてみませんかw市内なら、中山にも二郎がありますよww

  • このにんにくの量は、超危険レベルですね(笑) 家系でも入れますが、これは無理です・・・

もっと見る

おすすめ記事

鶴見にセーラー服で行くと無料になるラーメン屋がある!?

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

二郎インスパイア系ラーメン店「センター北郎」は美味いのか!?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

巷で話題の「夜勤の恋人」って何? 病院の売店でしか買えないってホント?

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

こんな記事も読まれてます

白楽にある自然食カフェはどんな店?

「オリジナル市場めし」が食べられる南部市場の「土曜市」とは?

昭和のノスタルジーを感じさせる横浜の酒場めぐり。絶品鳥料理をいただける、西横浜「やまと」編

家系ラーメン店なのにほかの看板ラーメンも美味い!? 魅惑のお店に突撃!! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾二

【ニュース】「ひょうちゃん」が怪人に!?

【横浜市鶴見区のテイクアウトマップ】お持ち帰り情報募集中

大船の「天龍」が40年以上の歴史に幕。名物ママさんが作る500円ラーメンを味わってきた

巷で話題の「夜勤の恋人」って何? 病院の売店でしか買えないってホント?

新着記事