ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

戸塚区俣野町にスイス人のアーノルド・ウイトリッヒ氏が寄贈した森「ウイトリッヒの森」があります。アーノルド・ウイトリッヒ氏の日本での足跡を含めてご調査いただけないでしょうか。(まさしさん)

はまれぽ調査結果

ウイトリッヒ氏は戦前から戦後にかけて戸塚駅前から戸塚区俣野町にある「ウイトリッヒの森」へ引越している。戦前は農作業を、戦後は商社マンに!

ライター:関 和幸 (2017年08月20日)

ウイトリッヒ氏は「建築家」ではなかった!?

まずお話を伺ったのは原宿で金物・雑貨を販売する大川誠司(おおかわ・せいじ)さん(85歳)ご夫婦。

「もともとウイトリッヒ氏はこの辺りに畑を持っていました。戦前、私が子どものころは地下足袋を履いて牛に鋤(すき)を引かせて農作業をするウイトリッヒ氏を見たことがあります。ご家族は奥さんのほかに息子さんがおられたようですが、第二次世界大戦で戦死されたそうです。家は今のウイトリッヒの森に入ってすぐのところにあって、西洋風のこぢんまりとしたものでしたね」

 

ウイトリッヒ氏の家があった場所。現在は「ありんこ広場」と呼ばれている

 
「大型のシェパードやニワトリを檻の中で飼っていました。気さくで優しい方でしたよ。よく森でタケノコが生えたとか、ニワトリが卵を生んだとか、奥さんがクッキーを焼いたとかで、ご馳走になりました。うちにもよく日曜大工のための釘を買いにきてくれたりね・・・」

 

ウイトリッヒ氏と一緒に写真でも撮っておけば良かったねぇ、と言うお二人

 
続いてお話を伺えたのが、古川要作(ふるかわ・ようさく)さん(77才)。こちらではウイトリッヒ氏の職業について意外な情報を教えていただいた。

「ウイトリッヒ氏はここに引っ越して来られてからも、戸塚に通勤されていました。当時はまだ珍しい外車・・・黒のシトロエンに乗っていましたよ。高級時計を扱うシーベル・ヘグナーという商社を創立されたとかで、確か副社長だったはずです。奥様は小柄な方で、もう無くなってしまった近所の八百屋さんでよく買い物をされてましたね」
 


ウイトリッヒ氏、懐かしいなあ・・・という古川さん

 
「ウイトリッヒの森」の看板や横浜市のホームページには、はっきりとウイトリッヒ氏は「建築家」だったと書かれている。もしかしたら元建築家で、その後に商社マンになったのかもしれない。

そこでネットで検索するとシーベル・ヘグナーはスイス発祥の商社であり、かつては高級カメラの代名詞「ライカ」の日本総代理店だったようだ。現在はDKSHジャパンと社名が変わっている。
 


ウイトリッヒ氏は建築家ではなく、カメラを扱っていた・・・!?

 
さっそく同社広報担当の方に連絡した結果、たしかにウイトリッヒ氏は社員だったことが確認できた。そして1990(平成2)年夏に発行された同社の社内報を送っていただいた。

そこにはウイトリッヒ氏をよく知る、スイス・チューリッヒ本社社員のハインツ・キルナー氏が寄せた「ウイトリッヒの森」にまつわる文章が掲載されていた。
 
 
 
シーベル・ヘグナー社の社内報で語られるウイトリッヒ氏の人柄

DKSHジャパンの広報担当の方および社内報によると、ウイトリッヒ氏は同社の副社長ではなく、スイス製の「精密ドリル」を販売する部門を担当されていたらしい。実際にウイトリッヒ氏が同社に入社したのは1951(昭和26)年。それから1965(昭和40)年に定年退職されるまで勤務されていた。

またスイスから来日されたのは1930(昭和5)年ころであり、ウイトリッヒの森および周辺の田畑を1941(昭和16)年の太平洋戦争勃発直前に購入されたという。そこで米や野菜、果物を作り、横浜の市場に売ることもあったようだ。戦争が激しくなってからは軽井沢に疎開されている。

 

DKSHジャパンからいただいたシーベル・ヘグナー社の社内報(*クリックして拡大)

 
終戦後、ウイトリッヒ氏はまた戸塚に戻った。友人達の間での彼のあだ名は「ノルディ」。「jass(ヤス)」というカードゲームが大好きで、冗談話のレパートリーも豊富だったようだ。友人達とウイトリッヒの森でアーチェリーを楽しんだあと、「jass」にふけることもあったという。

ちなみにこの「jass」とは、スイスで昔から愛されている国民的カードゲームらしい。
 


ネットで調べるとトランプに良く似たカードゲームだった(写真はイメージ)

 
またウイトリッヒ氏の日本語は極めて流暢かつ田舎風の訛りがあった。そのため電話で話をした日本人が事務所で同氏に会い、外国人だと知って驚くこともよくあったそうだ。そして同氏は、日本人、スイス人、取引先、メーカーの間での評判がとても高かった。

社内報の表現を借りれば「……彼の目には、いつもいたずら混じりの温かい人情味が溢れていた」ということである。
 
 
 
取材を終えて

35年の歳月は意外と分厚い壁であり、ご本人の写真や当時の様子を撮影した写真などには辿り着けなかった。

だが、まだ手掛かりは残されている。

実はウイトリッヒ氏について語ってくれた古川氏によれば、横浜のどこかにウイトリッヒ氏の妻の津田ひ亭さんの実家があるらしい。また、藤沢にウイトリッヒ氏と交遊があった『ジョワ』さんという方がいたという。もし読者の中で心当たりの方がいらっしゃれば、ぜひ編集部までお知らせいただきたい。


―終わり―
  
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 468 面白くなかった 4

おすすめ記事


T-Busさん2018年01月04日 01時32分
ウイトリッヒの森の最寄のバス停は、「国立病院前」ではなく、「横浜医療センター前」です。また、湘南台駅からバスで1本の「福泉寺」や、行き方によっては「聖母の園前」からでも、5〜10分程度でたどり着くことができます。
そう思う 2 そう思わなかった 0
横山市民さん2017年08月25日 10時18分
横浜の行政は本当に文化に対しての造詣がショボいなと改めた絵感じた。
そう思う 25 そう思わなかった 2
onlyさん2017年08月20日 12時10分
続編期待してます
そう思う 136 そう思わなかった 4