検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

計画決定から50年、JR戸塚駅の「開かずの踏切」がついに解消!? 3月25日にアンダーパス開通!

ココがキニナル!

JR戸塚駅の「開かずの踏切」の解消策として期待される「戸塚アンダーパス」が3月25日に開通するけど、どんな効果があるの?(Zoo3さん、はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

JR戸塚駅東西の往来が約3km短縮。歩車分離にすることで安全性を確保するほか、踏切事故や電車の遅延も解消する。区は新たな街のにぎわいに期待

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

50年越しの計画実現!



ピーク時には1時間のうち57分が遮断され「開かずの踏切」として知られるJR戸塚駅北側の「戸塚大踏切」。
 


まさに「開かずの踏切」
 

その解消策として期待される「戸塚アンダーパス(地下車道)」が計画から実に50年以上経て2015年3月25日(水)午後3時に開通する。
 


ついに開通!
 

1962(昭和37)年に決定した「戸塚駅前地区土地区画整理事業都市計画」の総事業費は約370億円。そのうちアンダーパスを含む都市計画道路整備費は約213億円(横浜市単独事業費が約21億円、国庫補助金が約192億円)だった。

開通するのは戸塚区戸塚町の「清源院入口」交差点から同区矢部町の「矢部団地入口」交差点までをつなぐ約661メートルで、アンダーパスは約311メートル。道幅は約20メートルで片側2車線。
 


JR戸塚駅と開通部分の位置関係(横浜市ホームページより)
 

現状はJR戸塚駅の東西を行き来する場合「不動坂」交差点か「豊田立体入口」の交差点を経由する約4kmのう回路を利用しなければならなかったが、アンダーパスの完成によって約3km短縮されるという。
 


青線が従来の迂回路。ピンクが開通区間(横浜市ホームページより)
 

開通を前に戸塚区の田雑由紀乃(たぞう・ゆきの)区長は「利便性はもちろん、歩車分離なので踏切事故のリスクも減る。踏切事故が減れば、電車の遅延も少なくなる。分断されていた戸塚の東西がつながるというイメージ。これから戸塚がさらに発展していくための大きな一歩」と期待を寄せた。
 


「戸塚にとって大きな一歩」と田雑区長
 

また、横浜市都市整備局市街地整備部戸塚中央区画整理事務所の遠藤拓也(えんどう・たくや)所長も「住民の皆さんの協力があって開通にこぎつけることができた。踏切がなく、緊急車両もスムーズに通行できるということで、街の安全安心にもつながる」と感慨深げに話した。
 


「住民の理解と協力あってこそ」と遠藤所長
 

しかし、開通に当たってはメリットばかりでない。これまでより約3km短縮されるとなると、周辺の交通量が増加する。となれば、交通事故が増えることも当然想定される。開通に先立って3月1日(日)はアンダーパス内での事故を想定した消防訓練が行われた。

訓練は戸塚アンダーパス内の上り線(清源院入口交差点側)のトンネル出入り口付近で渋滞最後尾の路線バスに乗用車が衝突し、多数の負傷者が発生。その後、乗用車から漏れた燃料に引火して車両火災が発生した、という想定で行われた。
 


 

 

 

本番さながらに行われた消防訓練
 

訓練には戸塚区役所、神奈川中央交通戸塚営業所、戸塚警察署、戸塚消防署、国立病院機構横浜医療センター(YMAT)などから100人近くが参加。真剣な様子で万が一の事態を想定して訓練に臨んだ。



取材を終えて



計画から52年の時を経て開通する「戸塚アンダーパス」。
車や歩行者らの利便性や安全性はもちろん、戸塚、ひいては横浜のさらなる活性化の一翼を担ってくれることを期待したい。
 


開通まであと約3週間!
 


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • もし箱根駅伝のコースが戻ったら、戸塚中継所(昔近くに住んでいた)の位置はどうなるのか・・・

  • 中田市政期から戸塚西口再整備の一環として事業が進んだと記憶しています。このアンダーパス開通の効果は大きく、全線開通した横浜伊勢原線(長後街道)と環状4号によって泉区一帯や戸塚区が国一や横浜新道と結ばれ、幹線道路をたどれば横浜都心部に辿りつく数少ない広域ネットワークの一つができたと言えるでしょう。16、7年前のブルーライン開通と相乗効果もあり泉区一帯や戸塚区と横浜都心との結合による発展が期待されます。これまで横浜都心部から伸びる放射道路で全線開通したものは横浜鎌倉線(鎌倉街道)だけでしたから市域一体化にむけた大きな一歩とも言えるでしょう。横浜はとかく割れた皿のように地域と地域が断片的に発展し、依然として道路、鉄道立体交差、電線埋設、バリアフリーなど、特に横浜郊外区は遅れているので、横浜市として強い意志と意欲をもって現在事業中の道路開通も進めてほしい。まずは 祝 アンダーパス開通。

  • 吉田茂が激高して横浜新道が整備されたわけだが、やっと踏切自体が廃止になり車の往来が自由に!吉田茂が見たらどんな言葉を発するか聞いてみたい。

もっと見る

おすすめ記事

アンダーパスの開通で何が変わるのか、はま旅「戸塚編」

特典あり

首、肩、腰、背中。デスクワークによる痛みが消えないライターが横浜の鶴ヶ峰にある整体院に駆け込んだ

  • PR

JR戸塚駅西口の商店街で「トツカレー」を創る!

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

新たな「橋」も整備予定!? 開発進む新港ふ頭の「横浜ハンマーヘッド」はどうなる

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

かつて栄えていた西区の平沼商店街。にぎわいを取り戻すための施策とは?

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

こんな記事も読まれてます

柵に囲まれ入れない? 仲木戸公園の謎の構造とは?

「横浜ハンマーヘッド」に出店した神奈川や横浜初のラーメン店5店舗をレポート!【後編】

みなとみらいで屋形船が炎上! 現在の様子は?

横浜―川崎間「東海道線VS京急線快特」、どっちが早く到着する?

西区の久保山墓地はどうやってできた?

青葉区の「せせらぎ緑道」にある謎の木の人形とツリーハウスの正体は?

見たらしあわせになれる!? 京急イエローハッピートレイン誕生の経緯を徹底取材!

新たな「橋」も整備予定!? 開発進む新港ふ頭の「横浜ハンマーヘッド」はどうなる

新着記事