検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜市中部地域療育センターで給食にビニール片が混入。市の対応は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

3人の児童への「ムース食」のみビニールが混入していた。児童の体調は安定しており、市は再発防止に取り組む考え。

  • LINE
  • はてな

2017年12月06日

ライター:はまれぽ編集部

給食への信頼は
 
給食への信頼が揺らいでいる。
2017(平成29)年9月、大磯町が業者に委託していた給食の中にプラスチック片や虫などの混入が相次いだとして、全国的なニュースにもなった。その後、ほかの自治体が給食の内容を見直す動きに発展するなど、その影響は尾を引いている。

そんな中、またしても給食に異物が混入する出来事が発生。2017(平成29)年12月3日、横浜市の中部地域療育センターで出された給食のカレーにビニール片が混入し、児童が誤って食べてしまったのだ。
 


南区の横浜市中部地域療育センター
 

社会福祉法人「青い鳥」が運営する横浜市中部地域療育センターは、障害のある子どもの発達を支援することを目的に横浜市が設置している施設。
1996(平成8)年に開所し、西区・中区・南区の児童を支援してきた。最大で知的障害のある子ども50人、身体が不自由な子ども40人を預かる機能がある。

センター内には診療所もあるほか、1階部分には在宅介護支援施設の横浜市清水ケ丘地域ケアプラザも併設している。
 


閑静な住宅街に位置し、公園にも隣接している

 
なぜ、今回の異物混入が起こってしまったのか。横浜市こども青年局障害児福祉保健課の担当者に話をうかがった。
 
 
 
「ムース食」調理過程で混入か
 
市によれば、問題のカレーは「ムース食」という咀嚼(そしゃく)する力の弱い児童のため、食べやすいようフードプロセッサーなどで食材を細かく調理した特別食だという。給食は提供前に施設職員の管理栄養士が検食しているが、混入には気付かなかった。

児童とともに給食を食べた段階で職員が混入に気付き、食事を中止したが、児童3人が口にした後だった。そのうち、5歳の児童は帰宅後に嘔吐し、7~8個のビニール片を吐き出した。

混入したビニール片は原材料のひき肉に使われていたことが分かっている。地域の精肉店が3人のムース食用に提供したもので、市はひき肉を作った段階か、センター内の調理室での作業過程でビニールが混入したとみており、今後詳細な調査を行う方針だ。
 


特別食のイメージ(フリー素材より)

 
ほかの児童の給食に混入はなかったことから、翌日以降もセンターは給食の提供を続けている。
障害児福祉保健課は、「原材料を搬入する際に、混入がないかをマニュアルに沿って確認するとともに、検食を2人体制にすることで、再発防止に努めています」と説明してくれた。

今回の事故について、市内の子ども連れの女性に話を聞いた。

4歳になるなつくんのママさんは、「うちの子も保育園の給食で育っているので、基本的には信頼して預けています」とのことで、給食の恩恵は大きいそうだ。一方、「事故が起きたのは心配。なにが原因なのか、しっかり追及してほしい」とも話してくれた。
 
 
 
取材を終えて
 
今回の混入は、業者や作業内容の根本的な問題ではなく、
何らかのミスがあったことが要因のよう。市はすぐに対策を行っており、再発の心配はなさそうだ。

今後は事故の原因究明を進め、児童を安心して預けることができる環境づくりを前進してもらいたい。
 
 
-終わり-
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

戦争体験者が語る、知られざる「富岡空襲の記憶」とは?

横浜市神奈川区に、K-1全盛期を肌で知る男「佐藤匠」のアツい道場があった

  • PR

2012年横浜市成人式 新成人の抱負は?【午前の部】

特典あり

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

横浜市の公立学校に置かれたままの放射性廃棄物の行方は?

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

こんな記事も読まれてます

【ニュース】「ハマの永遠番長」三浦大輔氏が小学生向けの野球教室を実施!

子どもの時間に合わせて働ける! 全国のママ作家の作品を販売する「ウッビースタイル」ってどんな会社?

2018年「成人式」にはいくらの税金が利用されている?

SNS利用時間が長いと学力が低下することが横浜市の調査で判明! 小学生の問題はどれぐらい難しい?

横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?

コレなんて読む?市内の難読地名をご紹介!第4弾

横浜市内で小中学校のいじめが激減した理由は?

戦争体験者が語る、知られざる「富岡空襲の記憶」とは?

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング