検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」 今回お送りするのは、食べごたえのある極太麺を使用し、腹の底から満足感を味わえる「豚骨番長」「せんだい」「萩原家」の3店舗を一挙お届け!!

  • LINE
  • はてな

2014年02月24日

ライター:はまれぽ編集部

鬼のバランス感とインパクト大の極太麺!「せんだい」

お腹いっぱいになったライター・千葉は「眠いので帰ります」とのことなので、「それじゃあ、次の極太麺を取り扱う店に行ってみましょうか」とマーコ氏の後について向かったのは、相鉄線鶴ヶ峰駅からバスに揺られること15分。

バス停で降りて2分ほど歩いた住宅街の中にある「せんだい」。アクセスはお世辞にもよくないが、いつも行列ができているほどの繁盛店。はたして同店のレベルは如何に!?
 


「極太っていいですよね(恍惚)」・・・寒気がしてきた


現地に到着したのは17時。食事時を外しているにもかかわらず、店内は満員御礼状態。引っ切りなしに客が訪れてラーメンに舌鼓を打っており、同店の人気の高さがうかがえる。

同店を切り盛りする山内幸雄(やまうちゆきお)店長。繁盛店のためアイドルタイム(休憩時間)がないということなので、お仕事をしながらという条件で詳しく話を伺った。
 


強面の山内店長。テキパキ仕事をこなしていた


同店は家系ラーメン店「とんぱた亭」で修業したオーナーが独立し、2003(平成15)年に開店。店名の由来は、オーナーの出身地である九州の鹿児島県川内(せんだい)市(現・薩摩川内市)からつけたもの。
 


しょう油味以外にもみそ味など、計4種類の味を用意


同店の特徴といえば、断面図が長方形になっている丸山製麺の特注極太麺だが、それを支えるボディの力強いスープにも注目したい。「肩」「げんこつ」「メガネ」など計7種類のガラを使用し、臭みのもととなる脊髄や爪などをピンセットで取り除くなど、徹底した仕込みを行っている。
 


徹底した仕事がうま味を凝縮したスープを創り上げるのだ


また、麺ダレには地元・鹿児島産の「キビナゴ」を惜しみなく使われており、味だけでなく、オーナーの故郷を思う愛郷心がうかがえる。それでは情熱と愛情あふれるラーメンをいただいてみることにしよう。
 


濃厚、そして濃厚のラーメン(650円)


まずは一口スープをすすってみたところ、これがまた実にうまい。臭みを排除し、濃厚なうま味がギュッとつまっており、しょう油・チー油とのバランスも抜群である。麺の太さは「豚骨番長」と同様に約5ミリの極太麺は食べごたえもよし、スープとの絡みもばっちりだ。
 


濃厚スープがたっぷり絡んだ極太麺
 

「太いのがたまらん! レンゲが止まらん!」・・・落ち着いてください


>家系マイスター・マーコ氏
鬼のバランス感が取れたスープに、丸山製麺特注のモチモチ極太麺が合わさり、もはやレンゲと箸が止まらない状態に!! 家系全体図として見ても、間違いなくトップクラスの一杯である。

>編集部・千葉
極太麺なので食べごたえがあるということはもちろん、なにより注目したいのがこのスープ。バランス感が半端なく、思わず完飲してしまった。この一杯、素晴らしいです!

既食メニュー:ラーメン(650円)
ネタ度:★★★☆☆(星3つ)



矢口家からの刺客あらわる! 鬼の極太麺「萩原家」

最後に訪れたのは、京浜急行線弘明寺駅より徒歩2分という好立地に位置する「萩原家」。同店は、以前の記事で登場した「矢口家」で修業を積んだ店主が切り盛りしている店舗である。

外から店内を見てみると、昼時を過ぎているのにもかかわらず満員御礼状態。立地のよさもさることながら、同店も人気の高さがうかがえる。お客さんが減ってきたくらいに店内へ突撃し、企画の主旨を伝えたところ、こころよく取材OKとなった。
 


店の前でほけーと佇むマーコ氏。仕事をしてください


話を伺ったのは萩原正樹店長。高校時代に足げに通っていた本郷台の「矢口家本店」の味に魅せられ、高校卒業と同時に店の門を叩く。いつか自分の店を持ちたかったと語る萩原店長は、本店で5年、平塚店で11年の計16年修業を積み、2011(平成23)年11月18日に「萩原家」をオープン。

この立地にした理由は居抜き店を探していた際に、たまたまこの店を見つけたからという。
 


ロックバンド・ブラフマンのボーカルにちょっと似ている萩原店長


使用している麺は「一(はじめ)製麺」の極太麺を使用。あまり耳にしない製麺所の名前だが、それもそのはず。実は中華料理店でよく使われている麺なのだが、自身が作る濃厚なスープにあう麺を考慮した結果、この麺が一番しっくりきたのだという。
 


これが一製麺の極太麺だ!
 

しっかりほぐしてから麺をゆでることが美味さの秘訣


ではこの極太麺の実力はいかに!? さっそく注文してそわそわしながら待つこと約5分、しょう油の香りが心地よく、ほんわりしたとんこつの香しい香りが漂うラーメンが到着。
 


見た目からして濃厚! ラーメン(650円)


麺を食べる前にまずはスープからいただいてみたところ、修行元の矢口家よりも遥かに上をいく濃厚なとんこつ味が口の中に広がる。しょう油、チー油のバランス感も申し分ない。

極太麺もスープとの絡みが絶妙で、先に紹介した「せんだい」とは味のベクトルが違うものの、同店の提供しているラーメンは抜群にクオリティが高い。
 


これまた約5ミリの極太麺。食べごたえばっちり


それでは最後に味のチェックだ。はたしてマーコ氏の舌をうならせることはできたのだろうか?

>家系マイスター・マーコ氏
修行先以上のとんこつ感が出たボディに、チー油のコクおよびまろやかさが加わり、鬼のバランス感を発揮した一杯。欲をいえばもう少し、しょう油ダレを増やしたほうがパンチ力・中毒性が出るであろう。また、極太麺のモチモチ感はまさに箸が止まらない状態に!

>編集部・千葉
外観や内装、食器のオシャレ感から想像もつかない、とんこつのパンチ感が魅力的。食べるというより「喰らう」という言葉がしっくりくるか。至福の一杯、ごちそうさまでした。

既食メニュー:ラーメン(650円)
ネタ度:★★★☆☆(星3つ)



取材を終えて

今回は極太麺を提供する家系ラーメン店3店舗を紹介してきた。どの店舗も個性ある、クオリティの高い一杯を提供しているので、興味のある方は足を運んでみてはいかがだろう。また、今回紹介した3店舗より極太麺を扱っている店舗をご存じの方がいたら、ぜひご連絡いただきたい。

次回はまた新しい切り口で3店舗を紹介していく予定だ。はたして次回はどんな店が登場するのか。乞うご期待!!
 


2014年2月24日時点の家系家系図
<※クリックして拡大>



―次回に続く―

次回の更新日は2014年3月11日(火)を予定しています。お楽しみに!


<取材協力>
神奈川のラーメンを盛り上げよう!会
http://kanagawa-ramen.net/

マーコの辛口ラーメンチェック
http://ma-ko64.com/
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 長髪が不清潔です。食べ物のレビューでお仕事をするなら、ちゃんとしましょう。不快感があります

  • 細かいことですが、せんだいは3年前に近所でよく通っており、最初の頃ご主人に「家系ですか?」と聞いたところ否定されていました。あまり、家系とひとくくりにされたくないのかなと思っていましたが、ここに掲載されているということは味や趣は家系ということをお店が認めたのでしょうか、月日もめぐると人も変わるものですね。ちなみに鶴ヶ峰のバスターミナルと反対のバス停から5分で行けますよ。

  • せんだいは鶴ヶ峰駅からバスで5分ですよ!駅からすごく遠いと読者に思われたらお店がかわいそうです。

もっと見る

おすすめ記事

横浜市内でもっとも古くからある「ラーメン店」はどこ?

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

横浜市内を中心に本場の味を提供するお弁当屋「ラメール」とは?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

合法なのか? 元町にある「大麻入りビール」を出すバーに突撃取材!

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

横浜ご当地ラーメン専門店「横浜タンメン」が日ノ出町にオープン!

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

新着記事

鎌倉を世界遺産に!【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった15
    • コメント3
  • 2019年05月26日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった124
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

アロマに癒される空間で、プロの手によるトータルケア。足裏を整えて、正しく歩くことで美と健康を叶える!

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 南区の中村地区で空き家を改修してコミュニティカフェの開設を目指している団体がいるという神奈川新聞の記...

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング