検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

中華街にある美味しいお粥で有名なお店謝甜記。お店のトレードマークが何故かサンタクロースになっています。是非その由来を調査していただきたいです。キニナル!(tokuさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

創業当時、近くのBARが出していたサンタを譲り受け「謝甜記もサンタ同様、世界中が認知する存在になる」という理由でサンタをトレードマークに。

  • LINE
  • はてな

2014年06月25日

ライター:クドー・シュンサク

世界を視野にした想いとサンタクロース

宮城:「まさかオーナーの方がサンタに似てるからとかですかね?(笑)」
クドー:「どっちにする?」
宮城:「・・・シャンテクロで」

オーナーさんが待つ喫茶店まで歩きながら、伊達メガネくんはまだ答えを探す。系列店が見えてきて、サンタクロースも見えてきた。
 


いました
 

こういうのもいました

 
斜め向かいにも、もう1店舗。
 


巨大なサンタクロース人形
 

ほっぺ赤いね

 
喫茶店へ入り、早速オーナーさんとお話。「サンタクロースの話ね。あれはウチが創業してすぐの話なんだがね」と早い展開をみせるオーナーさん。
 


有限会社謝甜記オーナーの謝成發(しゃせいはつ)さん

 
謝甜記の創業は1951(昭和26)年。中華街大通りにまだ20軒ほど(現在は70軒以上)しか店が無かった当時、謝さんのお父さんが創業した。学生だった謝さんは謝甜記の看板を出し入れするお手伝いをしていたという。

開店から1年が経とうとしていたころ、謝甜記の向かいで営業していた外国人向けのBARが、クリスマスシーズンにサンタクロースを出していた。シーズンが終わり、必要ではなくなったサンタクロースの看板をひょんなことから謝甜記がもらうことになった。
 


「それをウチの看板として使うことにしてね」

 
理由は単純だと謝さん。「サンタクロースのように、世界中に認知されている存在、そんな店になろうという想いですね。サンタクロースはプレゼント、ウチは美味い料理を提供して世の中に幸福をもたらすという気持ちで、サンタクロースにしたわけですよ」。
伊達メガネくんが唱えた「シャンテクロ説」は全然当たっていなかった。
 


しかし創業当時からしばらくは苦労したとのこと

 
「結局はお粥なんで、わざわざ外食でお粥食べようなんて人がいなかったわけでね。ただ、元々は点心の専門店をやっていて、お粥に必要なあげパンを作ることは先代の強みだったわけだから、それを生かして新しいお粥の店を始めたってわけです。10年は厳しい状況が続きましたが、信念を持って味に妥協しないでやっていると、日本ペンクラブ(第一線で活躍する作家、詩人、文学者、評論家などの有志のあつまり)の人たちがウチの店のいい印象を各方面に広めてくれて。それからはウチの本当の味が浸透しましたよ」
 


以前は木製のサンタクロースもあったという

 
大きなサンタクロースの人形は、2年前に特注したフィリピン製の物で価格はおよそ30万円。たまに酔っ払いが倒していくのでやめてほしいと呼び掛けている。
そして所々に配されているイラストキャラクターのサンタ。始めは手を「ピースサイン」にする予定だったが、一転、指は1本立てになったという。謝さんいわく、理由は単純明快。
 


「1番になるってこと!(笑)」

 
お粥をいただいた本店のサンタの看板は2代目で42年選手。その前の創業から1年後に使った看板は21年店の顔として謝甜記を世に広めた。現在本店では謝さんのお姉さん夫婦と息子さんが厨房で謝甜記の味を守る。
謝さんに最後にふたつ、質問を投げかけてみた。
まずひとつめは、「サンタクロースに会ってみたいですか」という質問。回答はこちら。
 


「ウチには煙突が無いから入って来られないよ(笑)」

 
最後にもうひとつ、伊達メガネくんが途中でひらめいた「オーナーさんがサンタクロースに似ているから看板に使っているという推測はどうですか」という質問。回答はこちら。
 


「・・・」

 
それでも赤は、似合ってますよ。



取材を終えて
 
ロマンが輝かない独身のクドーの推測は「お粥の白と雪の白をなぞらい、幸せを厨房から運んでくるサンタクロースメルヘン」というものでしたが、謝さんは、昔の中華街の思い出の話に切り替えていました。
幸福な味のお粥、ごちそうさまでした。世界に認知されても充分おかしくない、味わいのような、気もします。


―終わり―

店舗情報
謝甜記
住所/横浜市中区山下町165
電話/045-641-0779
営業時間/10:00~15:00、16:30~20:30
土曜 10:00~21:30、日曜・祝日 10:00~20:30
定休日/火曜
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • お粥&揚げ餃子をビールと一緒にいただきたい・・・行ってきます

  • 気になっていながら、忘れていた疑問にストレートな記事でした!

  • なぜ、ビールを飲まなかった?

もっと見る

こんな記事も読まれてます

提供中止になったはずの「コンビニで生ビール」が東戸塚で飲めた!

惜しまれつつ閉店した新山下のレストラン「タイクーン」が復活? 期間限定の「肉フェス」って何?

元町「ウチキパン」、その人気の秘密とは!?

関内の名物男・ヒデさんがマスターの居酒屋「ヒデズキャフェ」がものすごく楽しいって本当?

横浜でおいしいチャーハンと一品料理が食べられるお店を教えて!

【はまれぽ出版特別企画】 わんこそば108杯に挑戦して煩悩を飲み込み、はまれぽ本ベストセラー祈願!

社食・職食を巡る~馬車道にたたずむ第二合同庁舎のワンコイン職員食堂

横浜でガッツリみそラーメンが食べられるお店ってどこ?

おすすめ記事

中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

中華街にはいくつフォーチュンクッキーがある!?

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

横浜でガッツリみそラーメンが食べられるお店ってどこ?

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

元町の人気クレープ屋、開店の経緯って?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

新着記事

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • その昔、横浜の公園や広場でもU–コンというエンジン式の飛行機を円の中心にいて操縦している人がいました...

  • センター南にあるハンドレットフルーツさん取材してみてください、素材を吟味したサラダもおいしいですが夏...

  • 日比谷線の新型車両がだいぶ増えて来ましたが、東横線への直通運転の再開は無いのか気になります。新型車両...

最近のコメント

アクセスランキング