検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜市の小学生の応用力が低下? 編集部も小学4年生の問題に挑戦!

ココがキニナル!

横浜市の「学力・学習状況調査」で、小学生の応用力が低下しているという結果が! 教育委員会の対策は? そもそも、どんな問題を解いているの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

複数の資料や文章から必要な情報を取り出して回答することが課題で、調査結果を受けて指導方針を決定する。編集部が挑戦した結果は微妙

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

いったい、どんな問題なの?



と、ここまで数字で示してきたが、実際、子どもたちがどのような問題に取り組んでいるのかキニナルところ。吉原室長にお願いし、問題の一部を教えていただいたので、読者の皆さんもぜひチャレンジしてほしい。

その問題がコチラ!
 


実際の問題は外部に出せないので、文言と写真を忠実に再現!

 
こちらは小学4年生の理科の問題。4年生の理科は全部で19問あり、制限時間は45分。つまり、1問につきかけられる時間は3分弱。

これを、目下ダイエット企画の真っただ中の編集長・吉田を筆頭に、編集部の計5人でチャレンジした。
 


真剣に取り組む編集部員(左から)小島、吉田、山岸

 
この問題の狙いは、設問の冒頭から「金属の体積は温度が低いと小さくなり、高いと大きくなることを理解し、電車とレールのすき間と音の関係を考え、表現する」というもの。
 


本気で悩む山岸。問題文を見た瞬間の驚いた表情は割愛・・・
 

もはやあきらめの表情の宮城・・・

 
もう一度繰り返すが、これは「小学4年生の理科」の問題である。

そして、市教委が用意した完全解答は・・・

(1)・・・冬
(2)・・・「冬は空気の温度が低いため金属の体積が小さくなり、レールのすき間が広くなるので」

果たして編集部の結果はいかに!?
 


まさかの結果に・・・

 
ただ、補足しておくと、山岸が回答を導くために要した時間は約8分。
 


それでも達成感でいっぱい!

 
そんな中、完全解答でしかも3分ほどで正解にたどり着いた小島といえば・・・
 


ミルク麺を食べたとき並みのリアクション

 
対して
 


別の意味で笑うしかない宮城

 
解答後の編集部の面々は「これが小学生の問題・・・」と言葉少なだった。

前述の吉原室長は「与えられた課題を自分の基礎知識で考え、判断し、表現する力をはぐくんで行かなければグローバル社会にはついていけない。受け身の授業から『取り組む授業』にしていかなければ」と表情を引き締め、横浜市の教育行政について語ってくれた。



取材を終えて



調査では面白い結果も出た。「授業中によく発表する児童生徒は応用問題が得意」というものだ。
「授業中よく発言をしている」と答えた小学6年生の活用問題の正答率が61.6%だったのに対し「してない」児童の正答率は44.7%で16・9ポイントの差が出た。

市教委は「児童生徒が積極的に発表できる授業を計画的に実施することが学習意欲を高めるうえで重要」と分析している。

横浜から世界で活躍できる人材を輩出するためにも、調査の結果を踏まえた計画を期待したい。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • リアルタイムで、小学校六年生を指導しているので、このような問題を解決する力はついていないなあ、と感じていますよ。でも私のようなよそ者にも、コメントのお返事を下さる、律儀なスタッフの方々を、みなさんあまり不勉強もの扱いしないでね(^-^)

  • 成人した人間がこの程度の話の類推もできないなんて情けない。

  • 全然「微妙」じゃないでしょ。

もっと見る

おすすめ記事

未来のハマっ子を育てる「児童支援専任教諭」とは?

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

9年間の義務教育。「小中一貫校」のメリットやデメリットは?

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

栄区で福祉サービスに力を入れている美容室がある?

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

戸塚にある南戸塚小と下郷小は、どうしてあんなに近いの?

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜市の「待機児童ゼロ」対策と「保育コンシェルジュ」って?

横浜市が2015年に策定した、市長の教育に対する基本方針をまとめた「教育大綱」って、いったいなに?

横浜の主婦が発明した究極のおむつポーチとは?

横浜市が原発事故で自主避難した児童のいじめを放置していたって本当?

横浜市内で小中学校のいじめが激減した理由は?

横浜市は体格差がある小学校給食の量をどう調整している?アレルギー対策は?

大雪となった2013年成人式。新成人の声をレポート!

栄区で福祉サービスに力を入れている美容室がある?

新着記事