検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜西口「ラーメン戦国」が「麺屋さくら」に変わった理由は?

ココがキニナル!

横浜西口の「ラーメン戦国」が突然看板を下ろし、内装などはそのままで、女性向けな印象の「さくら」という店に代わりました。どういういきさつで代わったのか調査していただけませんか。(たにけいさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「ラーメン戦国」の実質的な運営者がラーメン業界を引退したため、お店が変わることになった!!

  • LINE
  • はてな

ライター:上村 翔

なんと!「麺屋さくら」の社長は女性だった!



事前に電話で社長にインタビューのお願いをしたのだが、なんと「麺屋さくら」の社長は女性だった。

ラーメン屋さんの社長が女性というのは意外だ。
その理由も知りたいと思い、インタビューの中で真相を確かめることにした。
 

説明: 7.JPG
奥にいる女性が社長の下川さん


―なぜ「ラーメン戦国」から「麺屋さくら」に変わることになったのですか?
簡単にお話すると、お店を運営する人が変わったからです。

―具体的にお聞きできますか?
少し複雑なのですが、お店自体の代表は以前から私ですが、「ラーメン戦国」のときは、私の古くからの友人が実質的なお店の運営をしていました。しかし、友人が引退するということで2011年5月に店を締めることに。
そこで今の場所でラーメン屋を続けたいと思い「麺屋さくら」という新しいお店を出すことになったんです。

―いまは「麺屋さくら」の運営をされているのですか?
はい。ただ、私はラーメンを作るノウハウがないので、既にラーメン屋としての経験があり、雑誌などのインタビューも受けたことのある職人を社員として新しく雇いました。その社員といろいろ試作や研究を重ねて、今のラーメンができました。

では「ラーメン戦国」のときのラーメンは全く違うのですか?
はい。「とんこつラーメン」というのは一緒ですが、スープもチャーシューもすべて1から新しく作りました。もちろん、味は「ラーメン戦国」には負けない自信があります。お店の内装が変わっていないように感じるのは、券売機や、調理器具などを「ラーメン戦国」から譲ってもらったからです。
 

説明: 6.JPG
お店の中でインタビューさせていただいた


―お店が変わったことに対してお客さんの反応はどうですか?
何回か問い合わせをいただいたことはあります。お店まで来て「戦国じゃないなら帰ろう」という方もいらっしゃいました。しかし食べていただいたお客様には、「あっさりしていて食べやすい」と嬉しいご意見をいただいています。私が女性ということもありますが、その意見も参考にして、「ヘルシー志向の女性でも食べやすいラーメン屋」を目指すことにしました。

―最後にオススメのメニューを教えてください。
お腹いっぱい食べたい人にはやっぱり「ガチぶた」ですね(笑)。女性には「博多ラーメン」がオススメです。また「女性でも食べやすいラーメン」を目指すために、今、夏向けに「コラーゲン入りの冷麺」を試作しています。今夏中に発表する予定です。
それ以外にも、いろいろ新しいメニューを考えていますので、楽しみにしていてくださいね。



取材を終えて



ラーメン激戦区の横浜駅西口近辺。

「ラーメン戦国」が「麺屋さくら」に変わった理由は、お店の実質的な運営者が変わったからだった。「ラーメン戦国」ファンの方にはショックかもしれないが、ぜひ一度「麺屋さくら」のラーメンも食べてみてから判断してみてほしい。

また、「女性でも食べやすいラーメン」を目指しているとのことなので、女性の皆さんも一度足を運んでみてはいかがだろうか。


―終わり―


麺屋さくら(閉店しました)
住所/神奈川県横浜市西区南幸2-7-4
電話番号/045-324-3033
営業時間
11:00~23:00
定休日
無休
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

ラーメン二郎でニンニクマシマシの上ってどう頼むの?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

浴衣で「ラー博」に行くと入場料が無料って本当?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

「オリジナル市場めし」が食べられる南部市場の「土曜市」とは?

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

平沼橋の「大船渡からやってきた居酒屋」はどんなお店?

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

こんな記事も読まれてます

オトナの贅沢な野望を叶える、崎陽軒の「昔ながらのシウマイ豪華盛り110個」って?

辛いもの好き集合! 黄金町「征虎」で“変態”カレータンタン麺に挑戦

大さん橋近くにある妙な名前の店「横浜観光取引所道中」の正体は?

戸塚区汲沢、どう見ても普通の民家の「ふるかわ」にたつ不思議なのぼりの正体と長野名産「おやき」の味は?

横浜でおいしいナポリタンが食べられる老舗の喫茶店はどこ?

9月30日から始まった「横浜オクトーバーフェスト2016」初日の様子をレポート!

辛いもの好き集合! 藤が丘商店街の「汗まつり」で旨辛料理の洗礼を受ける!

「オリジナル市場めし」が食べられる南部市場の「土曜市」とは?

新着記事