検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

竹林に囲まれた日本家屋? 妙蓮寺、築50年以上の古民家カフェに突撃!

ココがキニナル!

東横線の妙蓮寺駅近くにできた古民家カフェ「HUG.GAFE」がキニナル!竹林に囲まれている築50年以上の大きな平屋をそのまま使っているらしい。取材を!!(社長さん、やんぴんさん)

はまれぽ調査結果!

妙蓮寺駅から徒歩2分の場所にある「HUG.CAFE」。築50年以上の古民家で自然を感じながら、健康的で美味しい「母めし」を食べられるお店だった。

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

同店自慢の「母めし」定食が登場!



古民家の魅力を活用し、憩いの空間を作り出しているHUG.CAFEだが、魅力はその佇まいだけではない。
 


そこにいる人、そして料理も魅力的なのだ!

 
大池さんは約10名からなる「母(はは)めシスターズ」の一員。母めシスターズとは「女性らしさを生かした社会進出」をモットーに掲げた同店のスタッフのみなさんのことだ。

母めシスターズという名前の由来はなんだろうと考えていると、心の中を見透かしたように「母めシスターズっていうのは、当店がおすすめする“母めし”を学んだ女性のことです」と説明してくれた。

母めしについて伺うと・・・
 


数冊の本が目の前に並べられた

 
母めしとは、懐かしくてホッとする素朴でやさしいお母さんの味、そして栄養バランスに優れた健康食のこと。カフェや社員食堂のプロデュースなどを担い、食を通じて元気な社会を育てることをスローガンに掲げる「株式会社やまもり」代表の大久保久江(おおくぼ・ひさえ)さんが啓発したものだ。
 


大久保さん。東京都国立市でやまもりカフェを経営している

 
HUG.CAFEは大久保さんより直接「母めし」の指導を受け、大久保さん直伝の「母めし」を定食として提供している。「HUG.CAFEは母めし健康食堂っていうんですよ」と大池さんは言う。
 


ひとつひとつ、じっくりと考えて丁寧に答えてくれた

 
同店は食堂でカフェ。
 


スイーツなどさまざまなメニューが並ぶが・・・

 
人気はやはり母めし定食。また定食にセットでつけられるドリンクセット(1580円)やデザートセット(1880円)も好評だとか。

 


一汁三菜の母めし定食(1180円)

 
メニューは日替わりで主菜は肉と魚を選べる。

「調味料は料理の基本である『さしすせそ』だけ。神奈川区の横浜醤油や白楽にある小林屋豆腐店さんのお揚げやお豆腐といった地元のものも使いますし、市場から厳選した食材を取り寄せています」という言葉通り、調味料やお米、野菜やお茶に至るまで、大久保さんの協力のもと、健康的で美味しいものだけを選んでいるそうだ。

お話を聞いているだけで腹が鳴ってきた。すると、筆者のその様子をみていた大池さんから「母めし定食、用意しましょうか」というありがたい申し出が! その申し出・・・待っていました!

母めシスターズが調理を開始して数分後・・・
 


これが取材日の母めし定食! 古民家には母めしがよく似合う

 
主菜は肉、ご飯は玄米と5分づき米が選べるが玄米をチョイス。

主菜はもち豚の野菜ロール巻き、野菜は横浜市内産のもの。副菜はキャベツと油揚げの煮物、小松菜のご馳走ふりかけ、大根の葉とシラスの炒め物に玄米とおみそ汁がつく。

美味しそうな香りが鼻をくすぐる。・・・もう我慢できない! いただきます!!
 


まずは玄米を一口

 
筆者は玄米といえばボソボソパサパサの食感だと思っていた。しかし、こちらの玄米はモッチリとしており、お米の甘みを強く感じられた。玄米って美味しい。
 


主菜のもち豚野菜ロール巻き

 
豚肉特有の臭みがなく、脂身がサッパリ、甘みのあるもち豚でシャキシャキの野菜を包んだ一品。香ばしく焼き上げられた豚の風味と野菜の食感、しょうゆベースのタレが絡み合う。絶品! 玄米が進みまくった。
 


キャベツと油揚げの煮物と小松菜のご馳走ふりかけ

 
副菜は野菜のおいしさを前面に打ち出していた。アミエビとカツオブシ、白ゴマを配合したご馳走ふりかけはオリジナル。小松菜にあう!
 


おみそ汁はダイコンやニンジン、タマネギなど具沢山

 
あっさりとしていながらみそ本来の旨みを感じる。とがっていない、やさしい味。

素朴だけど、さまざまなところにこだわりを感じられる、飽きがこない、毎日でも食べたくなるような定食だった。
 


あっという間に完食! ごちそうさまでした

 
取材中もひっきりなしにお客さんが訪れ、予約の電話が鳴り響いていた同店。
 


別の入り口からなら、自転車やベビーカーでも来店できる

 
小さなお子さんもきちんと席につき、美味しそうにごはんを食べる光景がほほえましかった。

多くのお客さんが楽しんでいる店内は決して静かではないかもしれない。それでも久しぶりに実家に帰ってきたような安心感と穏やかな空気がそこに流れていた。

仕事で疲れたとき、心身ともに癒されたいとき、筆者はまた訪れるだろう。



取材を終えて



緑に包まれた古民家で健康的で美味しい食事を楽しむ。これほどの贅沢はほかにはないのかもしれない。
 


左から和泉さん、斎藤さん、大池さん。この日の母めシスターズ

 
こんな素敵な笑顔にも会えるんだぜ?


―終わり―
 

母めし健康食堂 HUG.CAFE
住所/横浜市港北区菊名2-17-13
電話/045-718-5773
営業時間/9:30~17:00
定休日/火曜日
URL/http://www.hug-engawa.com/

 
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • すいません!↓の情報は開店と言うより持ち寄り食堂としてたまにやっているという状況です。曖昧ですいません。詳しくはFacebookでhttps://www.facebook.com/hug.co.ltd/?hc_ref=ARQ2npDNvIoS3fnVpRIn8sDHnlUhuEzhb96qWuMhrkXG8KqaRXEJYTERQsMWK3go9bs&fref=nfご確認下さい。

  • この店は映画の撮影で閉店していたようでまた2018年1月現在開店しているみたいです。よかった。

  • 閉店してますよ過去のものとはいえ、特集にするのならそれくらいキチンと調べてから載せるのが発信する側の義務ではないのですか?

もっと見る

おすすめ記事

安ウマ絶品グルメに出会える旅。はま旅Vol.8「妙蓮寺編」

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

変わった名前の美容院「コンニャクヤ」って一体どんなところ?

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

【ニュース】スリーエフの「もちぽにょ」にあずきと生クリームを使用した新商品!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

関内ラーメン横丁全店制覇!4店舗の魅力をご紹介!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

こんな記事も読まれてます

中区吉田町の路上イベント「吉田まちじゅうビアガーデン」の楽しみ方を教えて!

大さん橋で開催中! 162種類のクラフトビールが集うJAPAN BREWERS CUP FESTIVALをレポート!

牛肉店なのにアフター付き!? 根岸にある池田牛肉店の「アフター」の秘密に迫る!

【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017

横浜周辺で、昼からお酒の飲める店を教えて!【土日・野毛編】

戸塚のゆるキャラ「ウナシー」がラーメンに!?ご当地グルメ「戸塚麺」を出す中華料理店ファ・ムーランってどんなところ?

新横浜で一番人気の駅弁って何?

【ニュース】スリーエフの「もちぽにょ」にあずきと生クリームを使用した新商品!

新着記事