検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査

ココがキニナル!

多くの店舗がしのぎを削る家系ラーメン。そんな中でも新規開店する店舗は多い。いったいどんな味や特徴で勝負しようとしているのか? ということで今回は鶴見区の「麺屋 伊新」と戸塚区の「麺's浜太郎」をご紹介

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

麺's浜太郎



JR・横浜市営地下鉄ブルーライン戸塚駅から徒歩3分ほど、西口直結のショッピングモール「トツカーナ」の1階に店舗を構えるのが「麺's浜太郎(めんずはまたろう)」だ。オープンしたのは2017(平成29)年3月。こちらもこの春に開店した新店だ。
 


「麺's浜太郎」に到着
 

席数はカウンター8席
 

写真入りのメニュー
 

基本のメニューはしょうゆ味としお味
 

お話を聞かせてくれたのは、店長の宮野大吾(みやの・だいご)さん。泉区出身の35歳だ。

オープンまでの経緯をお伺いすると、同店の姉妹店であるラーメン店「麺家 浜風(以下、浜風)」が同じトツカーナに先にオープンしており、お客さんの入りも上々だったため、この場所に2店舗目をオープンすることにしたそうだ。
 


宮野さんにお話を聞く
 

「麺's浜太郎」と「浜風」は共に、株式会社ハマフーズが運営している。宮野さんもその会社の社員で、修行はおもに「浜風」で積んだそうだ。

修行時のエピソードについてお伺いすると「スタッフみんなで、味については試行錯誤しました。ほかのお店に食べに行ったり、仲良くなった他店のスタッフと情報交換などもしました」と宮野さん。
 


麺は長多屋製麺の麺を使用
 

「戸塚には、若い人からお年寄りまでいらっしゃいます。この店では、みんなが食べやすいさっぱりした味を目指している」と味についてのこだわりを語ってくれた。

こだわりは、食材にも及び「品質に優れたチリ・アンデス産の豚肉をスープとチャーシューに使用しています」と説明してくれた。
 


自慢のチャーシューは炙って提供される
 

海苔問屋「
蔦金商店」のノリを使用
 



実食レポート



今回は「ラーメン(650円)」を試食させていただくことにした。
 


麺をゆで・・・
 

スープを注ぎ込む
 

ノリをセット!
 

ラーメンが完成! 着丼
 

スープ
 

麺をリフトアップ
 

それではいただきます!
 


麺の固さがクセになります
 

マーコ氏:スープはバランス型でおとなしい反面、麺はデフォルトでもかなりの固め。でも、ある意味この固さがクセになります。麺の固さが「普通」でこの固さなら、「固め」をコールした場合、どのような事態が起きるのかマニアとしては非常にキニナります。
 


味はマイルドです
 

編・広瀬:味はマイルドですが、しょうゆ味はいくらか感じられます。麺はかためで粉っぽく、私の好みではありませんでした。

編・大日方:しょうゆ感も豚骨感も強くないので、万人に受けるラーメンなのかもしれませんが、個人的にはもっと個性が感じられる味が好きです。でも、立地や客層を研究しつくして作り出されるラーメンというものがあってもいいと思います。麺の固さは好みですね。家系ラーメン店でこんなに固い麺は初めて食べました。

実食を終え、今後の夢について伺うと宮野さんは、「この店が地元の皆様に愛される店舗になるようにがんばりたい」と意気込みを語ってくださった。
 


店頭で宮野さんとスタッフの方をパチリ
 

・鶏油(チーユ)の量 ★★
・しょうゆ感 ★★★
・豚骨感 ★★
・麺 長多屋製麺
・ライス 150円、ライス(小)100円
 (★=5つが最大)



取材を終えて



家系ラーメンはもともと、"強烈な個性が後を引いて無性にまた食べたくなる"というようなラーメンであったように思う。一言でいうと「中毒性」のある食べ物。

しかし、認知が進み老若男女、誰もが食べることが前提になってくると個性というものは邪魔なのかもしれない、ということを感じた取材だった。

でも、筆者は強烈な個性を持つラーメンが好きだ。だから、いろいろな店舗がきょうも繁盛しているのだろう。次回は、「あの壱系の一大勢力が遂に登場!」を掲載する予定だ。


―終わり―
 
取材協力
麺屋 伊新
住所/横浜市鶴見区鶴見中央1-4-3鶴見共同ビル1F
電話/045-511-5615
営業時間/11:00~24:00
定休日/なし

麺's浜太郎
住所/横浜市戸塚区戸塚町16-1 トツカーナモール1F
電話/045-881-1616
営業時間/11:00~22:00
定休日/5月末まで日曜休
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • マーコさんのラーメンの評価の傾向ですが、やたらと味が濃い(塩辛い)味を褒めて、一般的に普通の塩辛さのラーメンをフックが足りないとか今回の鶴見のお店の記事にあるように「しょうゆ味は薄めに感じられます」と味が薄いことを強調します。マーコさんのような人と違う特異な味覚の方の味が薄いという主観的な意見を掲載するのは、これから行こうか考えているお客さんやお店にとって大迷惑なことだと思います。マーコさんが自分の食べログに何を書こうが構いませんが、はまれぽさんのような大きな影響力がある媒体で書くのは問題だと思います。鶴見のお店ですがつぶれちゃいましたよ!!

  • 土曜日の夕方に戸塚の店に行ったら姉妹店共々閉まっていました。取材を受けた方の店は日曜日が定休日のはずです。メディアの取材を受けたばかりだから一見の客が増えることが予想されるのに2店揃って定休日以外に休むとはいい加減過ぎます。

  • 本物の家系と"横濱家系ラーメン"の赤い看板の偽家系を同じ扱いにすべきでないです。味の違いが分からないのだろうか?

もっと見る

おすすめ記事

再開した反町の家系ラーメン店「中島家」に突撃!

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

「家系“直系風”の味を追求」する2店舗を徹底調査

野毛で希少な大人数で宴会できる「叶家(かのうや)」が、お1人様のカウンター利用も大歓迎って知ってた?

  • PR

メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

横浜の地サイダーって“横浜の水”を使ってるの?

特典あり

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

こんな記事も読まれてます

おいしい・安い・揚げたて・ソースが絶品! 本当は誰にも教えたくない山元町の「フライ屋さかい」に突撃!

南区中村町にある取材拒否のスーパーディープな「三吉橋フライ」とは!?

横浜赤レンガ倉庫の「ヨコハマストロベリーフェスティバル2018」をレポート!

横浜市内でオリンピックのパブリックビューイングをやっているお店はどこ?

いよいよ横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 後編

横浜の主要駅周辺でオススメの喫茶店は?

待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!

横浜の地サイダーって“横浜の水”を使ってるの?

新着記事