検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜市の動物愛護センターには「猫の家」があるようですがどんなところなのか気になります。猫達の「猫の家」での暮らしぶりを詳しく知りたい。ボランティアの募集はある?お手伝いの内容は?(phanomさん)

はまれぽ調査結果!

屋内飼育で猫がストレスなく生活する様子をガラス越しに見る「猫の家」で譲渡対象の猫を飼育! ボランティアは現在一般公募していない

  • LINE
  • はてな

2014年05月12日

ライター:大和田 敏子

いよいよキニナル「猫の家」をご紹介!

「猫の家」は、屋内飼育で猫がストレスなく生活している様子を見せ、屋内飼育への理解を深め、譲渡をすすめていくための施設。動物ふれあい棟と同様に、譲渡対象の猫が飼育されている。
 


猫の家。外からガラス越しに猫の様子を見ることができる
 

今回は、撮影のために特別に許可をいただき、中に入れてもらうことができた。
 


感染防止のため白衣を着用、靴底を消毒して中へ
 

猫の家の入口。本来は職員専用
 

4つの部屋があり、それぞれに2、3頭の猫を飼育することができる
 

ゆったりとしている猫。毛並がとてもキレイ!
 

誰が入ってきたのか、とてもキニナル!?
 

全く気に留めないマイペースな子も
 

キャットタワーは職員の手作り
 

この箱の中がお気に入りの黒猫もいた
 

隠れてのぞいている子も。何もしないから心配しないで!

 
取材時、「猫の家」には8頭の猫がいたが、それぞれ好きな場所で自由に過ごしている。突然の訪問者に対する反応もさまざま。性格の違いも出ているのだろう。
猫の家と動物ふれあい棟にいるのは、いずれも譲渡対象の猫で、両者に区別はない。だが、猫の家では、1部屋で複数の猫を飼育することもあるため、相性をみながら、各部屋に入れる猫を決めるそうだ。

猫の家と動物ふれあい棟にある収容施設の環境管理や世話は、職員と委託スタッフ、ボランティアが共同で行っている。ボランティアは現在29名。動物関係団体や獣医師団体、学識経験者などからなる「人と動物との共生推進よこはま協議会」の推薦で選ばれており、今のところ、一般に公募はしていないという。

ここで、中庭を散歩中のボランティアスタッフをキャッチ! 
 


きちんとお座りしてポーズ。譲渡対象の犬は元飼い犬なのだそう
 

ボランティアは、犬を散歩させたり、猫と遊んだりして、人とのふれあいに慣れさせてあげている。

ちなみに、犬や猫の餌は市販のドッグフード、キャットフードだそうで、年齢や体格に合わせて選び、体調に応じてドライのものと缶詰タイプのものを混ぜたりもしているそう。収容施設の室温は、今の時期は19~20℃に保たれ、犬や猫は快適な環境の中で新しい飼い主との出会いを待っている。
 


広々とした芝生。犬の散歩だけでなく、イベントなどにも利用が可能
  

元気が良く、リードをどんどんひっぱっていく犬も
 

お散歩をしてごきげん!

 
2014度の年間予算は、動物愛護センター運営事業、動物愛護普及啓発事業、動物保護管理事業、狂犬病予防事業を合わせて、約1億8000万円弱。動物が適正に飼育され、センターに保護される動物が少なくなることが、人間にとっても動物にとっても望ましいことに違いないし、そうなれば予算削減も期待できるだろう。
ペットを飼う人たち、周囲で見守る人々がともに、動物愛護や適正な飼育について理解し、大切な命なので最後まで責任を持って飼うという意識が必要だと思う。
 


動物の適正飼育について理解を促すためのパンフレット
 



取材を終えて

「猫の家」の猫たち、かわいかった!
快適な環境で飼育されて、譲渡前には不妊や去勢手術なども終え、飼うために必要な体調を整えた状態で引き渡されることも大きなメリット。
実は、自宅で猫を飼うことを検討中の筆者、動物愛護センターからの譲渡していただくことを考えに入れようと思う。
同じように、犬や猫を飼うことを検討している皆さん、センターの「譲渡前講習会」に参加してみてはいかがだろうか。人数制限があるので、毎回、すぐにいっぱいになってしまうそう。事前申し込みが必要なので、ホームページで日程を確認してほしい!


―終わり―
 
横浜市動物愛護センター
住所/横浜市神奈川区菅田町75番地4
電話/045-471-2111
開館日/月曜日~土曜日 8:45~17:15 
休館日/日曜日、祝日、年末年始

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 買うよりもこういう場所で猫を引き取りたいが、ワンルームでワーキングウーマンの一人暮らしだと「常に在宅」だの「狭過ぎる」だの難癖つけて譲渡してくれなさそう。審査が超きびしそうで行けない。何人かに私と同じ状況で猫飼っている人に話を聞くと「何の問題もない」と聞いているのだが。

  • ネコ殺しセンターと出ていますhttp://s.ameblo.jp/tomocci777/

  • 以前に日曜日、祝日が休みだって聞きましたが、世間の多くは土日、祝日休み…これじゃ譲渡はおろか見学にも行けない現状。本当に譲渡する気あるのか疑問ですなぁ〜38億円もかけて施設を作っても運営が一般市民目線でないのが非常に残念。うちにも他県から引き取った保護犬がいます。

もっと見る

おすすめ記事

横浜にも猫カフェはありますか?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

あの野毛の老舗にも!? 横浜市内で看板猫のいるお店はどこ?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2014年7月29日~8月4日)

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

弘明寺は西遊記の三蔵法師が建てたって本当?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった160
    • 面白くなかった3
    • コメント2
  • 2019年01月16日

横浜市の成人式、当事者の新成人の思いは? 運営する「記念行事実行委員会」に聞いた

    • 面白かった56
    • 面白くなかった10
    • コメント0
  • 2019年01月15日

はまれぽ編集部のイチオシ

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

アロマに癒される空間で、プロの手によるトータルケア。足裏を整えて、正しく歩くことで美と健康を叶える!

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

  • 最近Uber EATSの四角い箱を持った自転車やバイクの配達員をよく見掛けます。出前のようなサービス...

  • 新横浜ラーメン博物館にあった、「すみれ」が野毛にオープンすると知ったのですが、調査をお願いします!

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング