検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

【震災れぽ8】中華街に人がいなくなった?

ココがキニナル!

中華街に人がいなくなったと聞きましたが、ホントですか?

はまれぽ調査結果!

ホントです。普段の1~2割ほどしかいません。

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

約240件の中華料理屋が立ち並び、年間2300万人が訪れる横浜最大級の観光地、中華街。

昼時や夜のゴールデンタイムには、通りが人で溢れかえり、通行困難な状態になることもあるほどだ。
そんな中華街に、3月11日の東日本大震災直後から、まったく人が来なくなってしまったらしい。

人がいない中華街など想像できないのだが、我々はひとまず向かってみることにした。



まるで「違う街」と化した中華街



3月15日、時刻は19時。メイン通りである「中華街大通り」を訪れた。
 


あれ、道間違えた?


冗談ではなく、本当に我が目を疑ってしまったほどだが、間違いなくここは中華街大通り。
すでに半分ほどの店が閉店し、薄暗い通りには人気もない。


これは今年2月の写真。同じ通りとは思えない


普段であれば10mごとに客引きに声をかけられる場所であるが、この日は一人も見当たらない。

なんとか話を聞いてみようと、街中を散策してみると、裏通りを一本入ったところで、外にいた休憩中とおぼしき女性店員を発見!
 


揚州茶樓(ようしゅうちゃろう)の山口さん


話によると、ランチで2組ほどお客さんが入った後、なんとこの時間(19時)まで誰一人来ていないそうだ。
この状態で店を開けている意味があるの?と問うと、「閉めた方がいいんじゃないかって話はしてるんですけどね…」と苦笑い。

そうなると、昼間の状態も気になるところ。
改めて後日訪れてみることに。



では、昼間はどうなっている?



2日後の3月17日、昼飯時の12時台に再び中華街大通りへ。
 


やはり…


夜の状況を目の当たりにしただけに覚悟はしていたが、昼間もこの状態で、見たところ3~4割の店が閉まっている。いつもは人で溢れる「世界チャンピオン肉まん」で有名な「皇朝(こうちょう)」にも誰一人いない。
 


あの行列はどこへ行った?


ならばと他の通りも歩いてみるが、やはり同様だ。
 


市場通り


中山路


関帝廟(かんていびょう)もこの有様


そんな中、媽祖廟(まそびょう)がこの日「5周年」を迎えたとの情報を得たので行ってみることに。

媽祖廟といえば、最近はパワースポットとして知られ、ベイスターズの森本稀哲選手がラーメンマンの格好で入団会見を行った場所だ。
 


残念ながら記念日を祝う人は皆無


震災後の様子について案内係の風間さんは、
「今日は記念日なんですが、午前中は1人しか来ませんでした。昨日は10人ほど来たのですが…いつもの1~2割しかいないんじゃないですか?」と話す。
 


「今週は17時で終りにしてます」



経済を停滞させてはならない



中華街の閑散ぶりにはただただ驚愕するしかなかった。

だが、3/17付のレポート『外食産業への地震の影響は?』にもあるように、この状態は中華街に限った話ではない。このままの状態が続けば、本当に横浜の外食産業は崩壊してしまうのではないか。

被災者のためにいま横浜からできること、それは経済活動を停滞させないことだ。
被災地が立ち直ってきた時に、首都圏が不安定な状態では復興の足枷になってしまう。

自分の身を守るために食料品を買い込むことよりも、今は外に出て消費し、経済活動することこそが、震災復興への道だ。媽祖廟では今週の日曜日(3/20)に『媽祖祭』というお祭りが開催される。第5回となる今年の収益は被災者支援にあてるそうだ。

自粛ムードはそろそろ終わりにして、祭りに参加してみてはどうだろうか。


― 終わり ―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

計画停電による街の様子はどうなってるの?

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

外食産業への地震の影響は?

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

盲導犬の教育を行う場所ってどんなとこ?

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

【震災れぽ特集】横浜の現状が知りたい!

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街の歴史とは?

グリーンラインの流れる照明はなぜ使われないの?

元職員が720万円を横領したNPO法人「神奈川子ども未来ファンド」に横浜市が不適正経理の是正勧告! ファンドの対応は?

旧東横線桜木町〜横浜間の工事完了は遅延する?

深刻化する「空き家問題」。住宅活用に向けた、横浜市や民間の対策は?

横浜の高齢化対策の現状は?明日は敬老の日【編集部厳選】

TSUTAYAのサービスを横浜市が活用!? 「ヨコハマ寄付本」について教えて!

盲導犬の教育を行う場所ってどんなとこ?

新着記事