検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

野毛で篭城している不動産屋さん!?再開発地区にポツンと一軒建っている理由

野毛で篭城している不動産屋さん!?再開発地区にポツンと一軒建っている理由

ココがキニナル!

野毛町2丁目の一区画がマンション建設の為ほぼ更地になりましたが、県道沿いにある不動産屋の建物がポツンと残っています。店のブログでも移転の予定は無いと明言し、どういった意図があるの?(アンクル商會さん)

はまれぽ調査結果!

当初は一体となって再開発する予定だったが、交渉が決裂して断念。一時期は「居座って土地の値段を上げようとしている」とまで噂された。今のところ店舗を移転する予定はない

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

中区野毛町2丁目の平戸桜木道路沿いに、一軒ポツンと建っている不動産屋さんがある。その名も「濱や地所」だ。
 


写真中央の建物が「濱や地所」。2階はスナック「ゴールド」

 
ちょうどこの周辺は再開発地区となっていて、2020年6月に地上10階建てのマンションが建つ予定。2018(平成30)年の夏ごろから濱や地所を取り残すように駐車場や建物の解体工事が始まり、現在は基礎工事の段階に進んでいる。

濱や地所のブログには、「篭城感たっぷり生き残り感満載ですが、とりあえずこのまま居残る予定でおります」と書いてあり、移転する予定はないようだ。まさに「篭城」しているような光景だが、いったいどのような経緯があって今の状態になったのか?

株式会社濱や地所の水梨学(みずなし・まなぶ)さんにお話をうかがった。
 


ドキドキしながら店内へ・・・

 
 
 

土地の値段を上げようとしている!?


 
「なかなか珍しい光景ですよね。ここ(濱や地所)以外が解体されて更地になった時は、よく反対車線の歩道から写真を撮られました。ご来店いただくお客様のほとんどから『どこに移転するんですか?』と質問されますし、『あの不動産屋、居座って土地の値段上げようとしているんじゃないか』って不穏な噂が流れていた時期もあったんですよ(笑)」と水梨さん。
 


2018年8月、解体工事中の様子(画像:濱や地所)

 
もともとは濱や地所を含む6つの店舗がアーケードになっていて、解体工事中は右も左も後ろも仮囲いにかこまれた状態に。そして更地になると、より篭城感が高まってしまったのだ。
 


2018年10月、周辺が更地になった時の様子

 
確かに、居座っているようにも、ここだけ生き残ったようにも見える。筆者が利用客だったら入りづらいのが正直なところだが・・・いったい何が起きているのか?

水梨さんによれば、濱や地所の土地と建物は、マンション建設をしている土地のオーナーとは別の方が所有しているそう。生き残った理由については、「もともとは一帯となって開発に参加する予定で大家さんが交渉を進めてくださったのですが、交渉が決裂したためこのような状態になっております。不穏な噂に関しては、聞かれるたびに丁寧に説明をしていました」という。
 
 
孤独感にも馴れる
 
「今ではこの状態に慣れましたけど、解体工事中はよく揺れていました(笑)。もともとお隣の建物とくっついていたので、周りが取り壊された時はやっぱり寂しかったです。外壁もボロボロだったので、どこからか猫が侵入してきて、深夜0時に誰もいないはずのオフィス(猫)から電話がかかってきたこともあります」と振り返る。

水梨さんは、この状態になってから新たな発見もあったそう。なんとこちらの建物、以前は「畳屋さん」だったのだ。正確な年数は不明だが、建物は築50~60年ほど経っており、濱や地所が入居する前(12年前)はオーナーが不動産を30年ほどやっていて、その前が畳屋さん、畳屋さんの前はまた別の商売をやっていたらしい。
 


赤丸の部分に「畳」の文字が現われた(画像:濱や地所)

 
そして、今までにはない人との出会いもあったという。

突然お店に入ってきて、「ここ、どうなっているの?」「あんたんとこ、よく頑張っているね!」と応援してくれる人がいたという。事情を知らない方からしたら、やはり不思議な光景なのだろう。
そうかと思えば、何も気にしない様子で来店されるお客さんもいるらしく、これまで通り営業しているつもりでも周りの目の変化を感じずにはいられないようだ。
 
 
それで、最終的にどうなるの?
 
では、この辺りはどう変化するのか。水梨さんから聞いた内容をもとに、簡単な平面の完成イメージ図を書いてみた。
 


野毛仲通りに面している福家、せき弥も移転はしない

 
マンションの名前は「イニシア横浜 桜木町」。濱や地所の向かって右隣はマンションのエントランスになり、それ以外の1階部分は3つの店舗が入る予定。ふとん屋さんだった左隣は、マンションとは別のビルになる予定だ。

このふとん屋さんは旭区鶴ヶ峰に別の店舗があるため、桜木町のお店は閉めることになったそう。取り壊しだけはマンション部分と一緒に行い、現在は工事の作業員さんたちの詰め所(休憩所)になっている。

濱や地所も昨年の秋ごろに外壁を塗り替えたり、新しい看板を取り付けたりと一部新装した。
 


工事が進むにつれて、少しずつ篭城感は緩和されていく?

 
ということで、「居座って土地の値段を上げようとしている」というのは噂で、実際は黙々と真面目な営業を続けている不動産屋さんでした。
 
 
ー終わりー
 
 
取材協力
濱や地所
https://hamayajisho.com/

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 気持ちはわかる、ただ住民増やさないと野毛はゴーストタウンになるよね、昼間なんて猫ちゃんと烏しかいないでしょ?通り沿いだったからまだ良さそうですが?一々場外馬券場ももう行かないでしょう?横浜は駅行けばどんな僻地でも居酒屋は有るしね。時代かな中華万里大丈夫かな?

  • 初めて一人暮らししたアパートは、今は建て売り住宅が4件。隣の高台の駐車場も含む老朽化で取り壊しが始まっても、住人一の高齢おじいさんの二階の部屋と、偶然真下だった僕の部屋だった部分を残した、アパート最期の姿を思い出してしまいました。

  • マンション側の人にも話を聞きたかったですね。多分一体開発が出来ずに残念がっているはず。

もっと見る

おすすめ記事

野毛の珍獣屋にある「ゴキブリの唐揚げ」は食べても大丈夫?

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

イモひとすじ60年以上! お父さんが一人で切り盛りする野毛山

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

保護タヌキのハマー君、野毛山動物園で保護活動のお手伝い!

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜駅きた西口にあるカバーのかかった看板、その中身とは?

都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?

馬車道・山下公園・港の見える丘公園・・・横浜の名所の緑を守り続けて120年以上続く老舗企業、「横浜植木」について教えて!

横浜のあの有名な公園で撮影禁止ってホント?

横浜市青葉区で、カラダへの意識が変わるダイエットの話をゆる~く聞いてきた

【台風19号】横浜・神奈川の被害状況は?はまれぽ編集部総力取材!

相鉄線、JR・東横線直通運転が再延期する理由は?

飛び降り防止? 新横浜駅ホームにある中途半端な謎のハシゴの正体とは?

新着記事