検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜赤レンガ倉庫に行きタイワン! 4日間限定の台湾祭で本格グルメが食べたい!

横浜赤レンガ倉庫に行きタイワン! 4日間限定の台湾祭で本格グルメが食べたい!

ココがキニナル!

横浜赤レンガ倉庫にグルメ都市「台湾」が登場! 4日間限定の台湾祭の魅力とは(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

※4月11日は強風のため開場時刻が変更となりました。14時開場予定、準備が完了次第の開場となるそうなので、ご来場の方はご注意ください!(4月11日追記)

2019年4月11日~14日の4日間、これまで東京タワーを舞台に開催されてきた「台湾祭」が、初めて横浜赤レンガ倉庫で開催。赤レンガ倉庫に「リトル台湾」が登場する。
 


中華街を擁する横浜に、台湾が出現!

 
「台湾祭」とは、日本と台湾の交流を目的に行われる美食イベント。日本ではなかなか食べられない台湾の本格グルメや家庭料理を楽しむことができるのが最大の見どころだ。
 


台湾といえば、やっぱりグルメ!

 
期間中の赤レンガ倉庫では、台湾グルメの代名詞といえる「小籠包(ショウロンポウ/写真左上)」をはじめ、「台湾麺線(タイワンメンセン/写真中央上)」、「葱油餅(ツォンヨゥピン)」、台湾風から揚げの「大鶏排(ダージーパイ/写真左下)」や家庭料理「滷肉飯(ルーローファン)」など、日本ではなかなかお目にかかれない現地のグルメが大集合。

横浜でも大ブームのタピオカドリンクも、本場台湾から現地の味が登場。ミルクティーに大粒のタピオカが入った「ゼンズウナイツァー」や、「芋圓(ユーユェン)」などを楽しむことができるぞ。

また、台湾の夜を彩る「ランタン祭り」をイメージして、会場では台北市立建成国民中学校の生徒が作ったランタンを展示し、会場を明るく照らす。
 


「2019台北燈節」に出展し、優秀な成績を収めた作品

 
これからの日台関係を担う若者を応援することで、日本と台湾の未来を応援したいという思いから、「台湾祭 in 横浜赤レンガ」の売上金の一部は建成国民中学校へ援助される。次年度のランタン作成の材料代として活用されるそうだ。

ちなみにこの「台湾祭」、中学生以上は入場料500円(税込み)がかかるが、生ビールを含むドリンク2杯分のチケットと台湾名産のお菓子1個がついてくるので、爆速で元が取れてしまう。

今年の大型連休に海外旅行を計画している人も多いかも知れないが、身近な旅先である「台湾」の魅力を一足先に満喫できるチャンス! 春のお祭りの雰囲気を、赤レンガ倉庫で楽しんでみてほしい。


ー終わりー


開催概要
期間/2019年4月11日(木)~14日(日)
時間/午前11時~午後8時 雨天決行(L.O.は終了時刻の1時間前)
会場/横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
料金/入場料500円(高校生以上) ※中学生以下は入場料無料
 ・入場券に2杯分のドリンク券、台湾名産のお菓子1個が含まれます。
 ※ドリンクは生ビール、ソフトドリンク等から選べます。
https://www.taiwanfesta.com/201904-yokohama-redbrick/
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

イモひとすじ60年以上! お父さんが一人で切り盛りする野毛山の絶品「大学いも店」に突撃取材!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

お酒は200種類以上! 超穴場の戸塚に夜な夜な現れる「トラックで営業するバー」があるって本当?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

タンメンの老舗店「一品香」と新進店「カントナ」の2店舗で異なる味わいを堪能!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

こんな記事も読まれてます

バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!

一切れでハッピーになる大人のケーキ!? ネット販売の“食べるお酒”製造所を突撃!

横浜・港南台「ジャンボラーメンやない」のスーパージャンボチャーシューメンを完食!

北海道のアンテナショップ「美幌食堂」が関内にあるのはなぜ?

「オリジナル市場めし」が食べられる南部市場の「土曜市」とは?

全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?

チャレンジメニュー人気店「のらくろ」で、総重量5.8kgの激辛ジャンボマーボー麺に挑戦!

『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜

新着記事