検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
横浜・みなとみらいに「京急オープントップバス」がやってくる!

ココがキニナル!

2019年4月20日から、横浜・みなとみらい地区を周遊する2階建ての「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜(京急オープントップバス)」が運行開始!どんなバスがどこを走るの?(はまれぽ編集部のキ

  • LINE
  • はてな

2019年04月18日

ライター:はまれぽ編集部

京急から、ワクワクするお知らせが届いた。
2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS(京急オープントップバス)横浜」の運行を開始するというのだ!
KEIKYU OPEN TOP BUSは屋根のない2階建てのバスで、2017(平成29)年10月に三浦市で初めて運行開始
 


三浦市を運行する初代・KEIKYU OPEN TOP BUS(画像は過去記事より)

 
そして2019年4月20日より、「まちを楽しむ多彩な交通」の一環として、横浜・みなとみらい地区を周遊する「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」がデビューすることとなったのだ!

「まちを楽しむ多彩な交通」は、横浜市が民間事業者へ“移動自体を楽しく感じられるような交通サービス”の公募を実施したもので、「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」はそのうちの一つ。
 


KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜の車両デザイン(提供:京浜急行電鉄)

 
KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜が周遊するのは、横浜・みなとみらい地区の都心臨海部。車両デザインは、横浜の海や空を象徴する青をベースとして、コスモクロック21や横浜ランドマークタワーなども描かれている。
 


横浜ベイエリアの街並みに溶け込むデザインを採用(提供:京浜急行電鉄)

 
実際にバスに描かれている観光名所も周遊するコースに組み込まれており、横浜赤レンガ倉庫や山下公園通り、横浜ベイブリッジや横浜三塔など、横浜ベイエリアを象徴する見所をバスガイドさんが案内してくれるのだとか。約3.5メートルの高さから、より魅力的な横浜ベイエリアの景観を楽しめそう!
 
 
 
どこを走るの?
 
KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜は土・日・祝日(ほか特定日)のみの運行で、 雨天・荒天時は運休。
乗車料金は、大人(12歳以上)が1800円(税込み・以下同)、子ども(4~12歳/12歳の小学生は子ども料金)が900円。定員は各便42名で、4歳未満の子どもは安全確保のため乗車できないという。

運行ルートは、「パノラマコース(往復コース)」と「きらめきコース(周遊コース)」の2コース。
 


コースマップ(クリックして拡大/提供:京浜急行電鉄)

 
・パノラマコース(往復コース)
横浜駅(YCAT5番のりば)⇒ みなとみらい⇒ 横浜ベイブリッジ ⇒山下公園 ⇒横浜駅(YCAT)
(※復路の「ホテルニューグランド付近」「桜木町駅付近」で下車が可能)

・きらめきコース(周遊コース)
横浜駅(YCAT6番のりば)⇒みなとみらい⇒横浜ベイブリッジ⇒工場夜景⇒横浜駅(YCAT)
 


運行時刻(クリックして拡大/画像:京浜急行電鉄)

 
パノラマコースは約80分かけて横浜駅から大黒埠頭を折り返し、主要観光スポットの間近を通るルート。きらめきコースは約60分で横浜駅から臨海部を周遊し、工場夜景やみなとみらい21地区の夜景が楽しめるルートだ。
 


「きらめきコース」から見るみなとみらいの夜景イメージ(提供:京浜急行電鉄)

 
KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜に乗車するには、「KEIKYU OPEN TOP BUS」の特設サイト、もしくは京急高速バス座席センターで事前予約(出発日の1ヶ月前の午前9時~出発15分前)をするか、「京浜急行バス 横浜駅東口バスターミナル案内所」で当日発売の乗車券を購入する必要がある。観光の予定が決まっているのであれば、あらかじめ予約を取っておくのが良さそう。

また、訪日外国人向けの「多言語音声ガイドシステム」などを導入する予定とのことなので、海外から遊びに来るお友達にオススメしてあげてもいいかも!

2019年秋には、いよいよ京急の本社がみなとみらい21地区に移転してくる。
 


京急本社の工事現場に飾られていた子どもたちの絵

 
本社がやってくるよりも一足先に、
KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜が街を盛り上げてくれるはず。はまれぽでも乗車体験をレポートする予定なので、楽しみに待っていてほしい!
 
 
ー終わりー
 
 
「KEIKYU OPEN TOP BUS」特設サイト
https://www.keikyu.co.jp/information/otb/index.html

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

こんな記事も読まれてます

横浜で路上観察、ハマソン vol.1

帆船日本丸が20年ぶりに大改修!日本丸の船底とドライドックの様子を大公開!

有隣堂 月間BOOKランキング2016(平成28)年7月

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(4月7日~4月13日)

一見、横浜に関係なさそうな「ふぐ」をまつる「供養碑」が本牧にあるのはなぜ?

【ニュース】6月30日から横浜駅西口4館合同セール!

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(12月22日~12月28日)

横浜にはどんな世界一がある!?

おすすめ記事

横浜市営バスとそっくりなバスの正体とは?

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

横浜駅東口行のバスの行先表示が「横浜駅」の理由は?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

京急新社屋の工事現場がユーモアたっぷりのワケ

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

「危険なバス停」は本当に危険?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

新着記事

元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 最新型イージス護衛艦まやに続い同じタイプのはぐろが磯子の造船所で進水しました、イージス護衛艦まやは横...

  • 今月末からベイスターズの二軍練習場が横須賀汐入から追浜に移転します。室内や練習場、横須賀スタジアム周...

  • 投票済証明書を持参すると特典が付く、「選挙割」を実施しているお店を調べて下さい。できれば投票日から1...

あなたはどう思う?

横浜市内で遊びに行くならどこが多い?

最近のコメント

アクセスランキング