検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
  • 横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comに、あなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜市内には多くの橋が架けられています。普段は何気なく渡っている「橋」に面白いエピソードはないのかキニナル!(トラズキノコさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

関東大震災の復興事業の一環で架けられた「都橋」。名前は古今和歌集に由来する。元は横浜港開港にさかのぼり、明治までは「野毛橋」と呼ばれていた。

  • LINE
  • はてな

2013年09月10日

ライター:橘 アリー

都橋は野毛橋と呼ばれていた!?(つづき)

都橋が最初に架けられたのは、横浜が開港した年。1859(安政6)年のことである。当時は、都橋ではなく、野毛にあったために「野毛橋」 と呼ばれていた。そして、その「野毛橋」は、1868(明治元)年5月8日の大雨で流出してしまったそうだ。

その後、ゆるい半円形の木の橋が架けられ、橋の下を船が通れるようになっていた。
野毛橋と呼ばれていたその当時の様子は、浮世絵師の五雲亭貞秀(ごうんてい・さだひで)の横浜絵に描かれている。
 


「空飛ぶ絵師五雲亭貞秀」 にも当時の野毛橋の様子が載っている
(編集発行:神奈川県立歴史博物館)


野毛橋は、横浜開港時の主要路の横浜道にあった。そのため、人々の通行量も増え、馬車も頻繁に行き来していた。そこで、その往来に耐えられるよう、1872(明治5)年に同じ木製ではあるが新しい橋に架け替えられた。

これにともなって橋の位置を北側に5メートルほど移動したことと、橋を拡幅したことで付近の住民は立退きを余儀なくされ、相生町6丁目に移ったそうだ。そして、野毛橋の廃材は、大岡川上流にある、栄橋に流用された。このとき、野毛橋は、都橋という名前に改名されたのだ。
 


桜が咲くころの大岡川


その後、都橋は、1882(明治15)年に鉄製のボーストリングトラス橋に架け替えられたそうだ。ボーストリングトラス橋とは、橋の主体がトラスと呼ばれる三角形の部材で作られていて、そのトラスを結ぶ上弦の弦材の核点が放物線上置かれていてアーチ橋にも近い構造になっているもの。

この時の橋は、「明治工業史の中で比類なき出来ばえ」と称賛をうけたようであるが、関東大震災で崩落してしまい、1928(昭和3)年 に現在の橋に架け替えられた。

そして、1983(昭和58)年に改築されて、現在に至っている。
 


親柱に改築年が記されている
 

福富町方面から見た都橋の様子




取材を終えて

都橋の名前は、付近の三つの橋に、それぞれ柳・桜・錦という名前がついていたので、都という名前を付けることにより、古今和歌集の「柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦」という歌が整う、ということに由来するとのこと。
そして、都橋は、横浜開港に合わせて造られた横浜道上にあり、架けられてから現在まで、横浜の主要な交通路の役目の一旦を担い続けている。

ちなみに、一番橋が多いのは旭区(153橋)。一番橋が少ないのは、鶴見区(35橋)である。旭区は、面積も広く帷子川や二俣川などの上流に位置しているため、小規模の橋が多く存在しているので、橋の数が多いようである。

街中にある道路橋は目立つ存在ではないが、調べてみるとそこには意外なエピソードがあったりする。長い歴史を辿って来ている橋を、遠い昔の様子を想いながら歩いてみるのも良いものだ。


―終わり―


参考資料
よこはまの橋・人・風土(発行:秋山書房)
かながわの橋(制作・発行:神奈川合同出版)
横浜の橋(発行:経済地図社)
川の町・横浜(編集・発行:横浜開港資料館)
「広さ」「長さ」「高さ」の構造デザイン(発行:株式会社建築技術)

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 横浜には古くて魅力的な橋が多いと思います。ちょっとした鋳物の飾りがおしゃれだったり、昔の土木工作物って洒落てますよね。残念なのはスプレーで描かれたイタズラ描き。残念な気持ちになります。描いた人がこんな歴史を知っていたら、描いていたのでしょうか? 是非シリーズ化して、これからも橋の魅力を伝えてください。

  • 地味めとはいえ橋の記事って良記事の確率が高いような気がします。全て読んだわけではなくあくまでも個人的な感想ですが。

  • シリーズ化希望「ヨコハマ 橋探訪」とか

もっと見る

おすすめ記事

横浜市内で最も古い橋は?

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

池下橋と久良岐橋は2つで1つのデザインになっている?

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

あの戦場カメラマン御用達? 横浜橋ミリタリーショップ「マツザキ商店」

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

新着記事

「統一地方選挙」の前に横浜市の抱える課題を整理しよう【編集部厳選】

    • 面白かった11
    • 面白くなかった3
    • コメント0
  • 2019年03月24日

東京都渋谷区と神奈川の高座渋谷は同じ一族がルーツだったって本当?

    • 面白かった47
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2019年03月24日
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.com無料掲載のお知らせ

はまれぽ編集部のイチオシ

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 戸塚区上矢部にあるベイブルーイングさんが気になります。美味しいビールを造って、パブでお客に飲ませるだ...

  • 少し前のことですが、横浜本牧三渓園通りにあった、「みなと寿司」がなくなり、今は韓国料理店になっていま...

  • 神奈中が高速線・空港線・深夜急行線でフリーwi-fiを始めるそうです。しかし、都営バスでは普通の路線...

あなたはどう思う?

「横浜スタジアム」のことをなんて呼びますか?

最近のコメント

アクセスランキング