ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    金沢区釜利谷西の住宅地の中に、生卵(玉子)を販売しているお店のようなところがあると聞きました。人伝で聞いたので、「この住宅地の中に…」という事と「その地区のケーキ屋さんにも卸しているらしい」という情報...

    三葉虫 幼虫太郎さん

    富岡八幡宮は源頼朝が勧請した由緒ある源氏由来の神社です。東京深川の富岡八幡宮がいま大騒ぎになっていますが、そもそもここは江戸時代になってからの分祀であり、本家本元も困惑しているのではないかと思います。...

    栄区かまくらさん

    戸塚区上矢部町(2986番地付近)に「カラオケ喫茶記念館」という看板を見かけたのですが、外観は普通の一軒家の様でした。「カラオケ喫茶記念館」の中身が気になるので調査お願いします!

    ねこみくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

3年くらい前に「川崎堀之内のちょんの間はどうなった?」という記事がありましたが、最近、日本や韓国などの20代の若い子が戻ってきて、活気があるようなことを聞きました。調査お願いします。(絆マンさん)

はまれぽ調査結果

2009年以降の警察の取り締まり後、若い外国人女性を雇うのが難しくなった。今は一部を除き、日本人の熟年女性が多くなり直近で警察の摘発があった

ライター:小方 サダオ (2016年05月31日)

飲食店の関係者に話を伺う

「ちょんの間」の関係者に話を伺えないかと、ある店の前を通ると、店先に出ていた女性店主を発見。

 

ある店主が話を聞かせてくれた
 

その女性店主に話を伺うと「私は30代からこの街で働いてきて、お客様を多くつけてきました。10年ほど前からこの店の家主をやるようになり、地主さんから借りて営業しています」

 

長い間働いてきた従業員が店主になる場合があるという
 

摘発に関しては「不法滞在のような外国人を使っていたから起こったことです。外国人を使うと問題になりやすいため、今は日本人の女性を雇っています。しかし熟年の女性が多いため、新しい若いお客様がつきづらく、常連客はお年寄りが多いです。そのため新しい年配のお客様が来なくなると、これらのお店はつぶれてしまうのではないかと心配しています」

 

きれい好きな客はソープランドに行くという
 

「お風呂に入りたい、というきれい好きなお客はソープランドに行きますが、女性といろいろ話をしたり、そのあとでちょっと遊んだりするのが好きな人は、私たちのようなお店を選ばれます」と答えてくれた。

投稿にあった「ちょんの間の復活」に関して伺うと「今はお客様は少なくて、そのようなことはありません。外国人を使っていたころのほうが、繁盛していてよかったです。黄金町で外国人を使っていたのがきっかけで、こちらでも使うようになりました。また昔は『ちょんの間』の経営者たちの組合があり、活気がありましたが、今はなくなりました」

 

以前「ちょんの間」には川崎東地区料理飲食店組合という組合があった
 

飲食店の形態にもかかわらず「飲ませない」理由に関して伺うと「店の中で男性のお客様が飲んでいると、前を通られるお客が寄ってこないので、飲ませることはしていません。2階に上がって遊んでもらうのが基本です」

「警察は今のところ取り締まりには来ません。『このような場所がなくなると性犯罪が増えるから』などの理由での暗黙の了解なのではないでしょうか?」と答えてくれた。

 

小料理店の形を借りた「ちょんの間」がある
 

ほかのお店の取材を試みたが、難しかった。
また取材中、通りすがりの熟年女性が「遊ばない? 私の部屋で1万円で」と声をかけてきた。どうやらお店ではなく、自宅で売春行為を行っているようだ。

 

熟年女性に声をかけられた
 

この場所は熟年の女性が売春行為をしやすいところとなっていて、いろんな形態で営業活動が行われているのかもしれない。



夜間の堀之内を取材する

昼間取材したものの、あまり繁盛している様子はなかった。そこで歓楽街であることもあり、夜を待って取材することにした。

堀之内を歩くと、なぜか閉まっているお店が多かった。それでも2~3軒は空いていたが、特別に客の入りが多い印象はなかった。

 

堀之内では数軒しか開いていなかった
 

続いて文献にもあった南町を訪れてみることにした。

 

夜間の南町
 

南町は堀之内と違い、ソープランドのエリアを外れたところに、小料理店やスナックがあった。
また堀之内のようなガラス張りのお店はほとんど見当たらない。

 

スナックに掲げられた女性募集の看板
 

そして、ここの場合は、午後10時ぐらいになると開店しはじめ、扉を少し開けて女性は店の入り口付近に座っている形で待機している。

手招きをする女性もいるが、ほとんどがお店の中にいて、あまり積極的に客引きをする様子はないように感じた。また店舗の数も、開いているのは6~7軒程度のようで、堀之内のほうが数は多いようだった。

しかし中にいる女性は、堀之内の熟年女性よりは若い印象で、投稿の「若い女性が増えている」とは南町のことかもしれない。

 

明かりのついた飲み屋さんの看板
 

古いたたずまいの飲食店が残る
 

ある店舗では店先に初老の女性が2人で座り、客引きをしていたので、堀之内との違いなどについて話を伺った。

すると「向こうは営業は終わっているでしょ。こちらは午後10時から。客層が若いので、女性も若い人たちが多いわよ。年寄りじゃ売れないのよ」と答えてくれた。

午前中の営業が中心の堀之内が主婦などの熟年女性がいるお店で、夜間営業の南町が若い男性に合わせた店なのかもしれない。

 

約20年前ごろ、旅館の形態の「ちょんの間」であったようだ(『赤線跡を歩く』自由国民社)
 



取材を終えて

一斉摘発後は、働いている女性が若い外国人から熟年の日本人女性に変わり、熟年女性目当ての客にとっては魅力的な場所になったといえるのだろう。摘発をされても、さまざまに形態を変えながら生き延びていくのかもしれない。

今後もどうなっていくのか、調査していく。

 

「ちょんの間」はどうなるのだろうか
 


―終わり―
 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 567 面白くなかった 21

おすすめ記事


ushinさん2016年06月10日 22時00分
なんかデリカシーのない取材だな・・・といっても、解らない奴には解らないだろうけど。それに、ソープランドも「断言」しちゃっちゃ「え!?」と思うけどね(笑)
そう思う 2 そう思わなかった 64
マッサンさん2016年06月01日 10時45分
風俗で生計を立てている女性は全国に30万人いると聞く。1日の報酬がコンビニ店員と同等か其れ以下もあるというから驚きだ。稼げるのは一握りなのかとも思う。小遣い稼ぎならともかく、生活していくとなると厳しいのではないか。また20代、30代と風俗で過ごした女性達が50代、60代となったときに彼女等の行き場があるかといえば??あくまでも想像だが、記事にあるような場所に行き着くのではあるまいか。
そう思う 83 そう思わなかった 12
港南区のサトシさん2016年05月31日 21時39分
必要悪、と言ってはいけないのかなぁ。色んな生き方があり、そこで生きるしかない人もいると思う。黄金町もすっかり素敵な街に生まれ変わりました。でも、街の片隅に、それを求めている人だけの街があってもいいのかなあ?なんて思ったり。でも時代と共に自然消滅してしまう気もしますね。
そう思う 117 そう思わなかった 11